【重要】妊娠検査薬の「陰性・陽性」の判定を病院職員が簡単に説明!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました!

妊娠検査薬のイメージって「陽性」=「妊娠」「陰性」=「妊娠してない」って感じですよね?

でも実はそれって正しくないケースもあるんですよ!

そこを簡単に説明していきますね!

スポンサーリンク

「妊娠検査薬の使い方」を簡単に説明!

001

出典:http://mothering.seesaa.net/article/288252219.html

まず、妊娠検査薬の使い方について簡単に書いていきます!

妊娠検査薬は、検査自体はマジで簡単です。

検査薬に尿を垂らして、置いておけば結果が分かっちゃいますからね笑

ここはそんな難しい事はないので、サラッと説明していきます!

①検査の説明書をよく読む!

妊娠検査薬ってどれも仕組みは一緒だし、検査の流れも基本同じです!

しかし・・・!

検査薬の商品ごとに「尿をかける箇所や判定までの時間」が微妙に違うのでね。

そこはちゃんと良く確認しておきましょう!

②尿を採取!

紙コップに尿を採取しましょう!

ダイレクトに尿をかける方もいるみたいですが、それはよくないです笑!

検査薬には「尿を垂らす量」が決まってるのでね。

スポンサーリンク

その何倍もの尿をかけたら「結果の信頼性」が一気にダウンするのは当然です笑

③検査キットに尿を垂らす!

検査キットに必要な量だけ尿を垂らします!

ちゃんと垂らす場所を間違えないようにしましょうね・・・!

その後は検査キットは平らな場所において、指定された「判定時間をタイマーでセット」しましょう。

後は結果を待つだけです!

④時間になったら判定!

決められた判定時間になったら「判定用のラインが出る部分」をチェック!

上の写真の様に「ラインが2本」入っていたら陽性です。

どのキットでも、尿をかけると必ず「確認用のライン」が出ます

上の画像で「終了」って書かれてるとこのラインがそれです!

判定時間になっても1本もラインが出なかったら「途中でミスった可能性大」です!

そうなったら、もう一回新しい検査キットを買って再検査します!

「妊娠検査薬のしくみ」について!

妊娠検査薬のしくみを簡単に説明します!

・妊娠すると「HCGホルモン」が分泌!

妊娠検査薬は尿に含まれてる「HCGホルモン」と反応する事でラインが出ます!

「妊娠=HCGホルモンが尿に出てくる」って思って下さい。

では、妊娠してからこのホルモンが尿に出て、検査薬で判定するまでの流れを書きます!

ちょっとイメージしにくいので、スルーしても大丈夫です笑!

・尿で検査ができる理由は?

妊娠すると胎盤の一部からHCG(ヒト絨毛性)ホルモンが作られる様になります!

このホルモンは妊娠週数が進むほど、たくさん尿中に排泄されます!

そして妊娠している人が妊娠検査薬に尿をかけると・・・

スポンサーリンク

尿に混ざった「HCGホルモン」と、妊娠検査薬に染み込ませてある「試薬」が反応します!

そして「HCGホルモン」が多かった時に「判定用ライン」が出てくる仕組みです!

つまりは、妊娠してなければHCGホルモンなんて尿には一切出てこないので・・・

判定用ラインも出ないのは当然ってことですね!

妊娠検査薬の「判定の仕方」!

・結果が「陽性」の場合「ラインは2本」!

判定窓に確認用と結果用の2本のラインが出てきます!

この場合は妊娠している可能性があります!

中にはラインが薄く出てくる場合もありますが・・・

これも「陽性とみてOK」です!

なんで薄いかというと「HCGホルモンの量が少ない」事が考えられますね。

まだ妊娠週数が浅くてホルモンが少ししか出てなかったら、ラインは薄くなりますので。

混乱させちゃいそうですけど・・・

ラインがくっきり陽性に出てても、現時点で妊娠してるとは言い切れませんので・・・!

それはまた後で説明します!

・結果が「陰性」の場合「ラインは1本」!

判定窓に確認用の1本のラインしか出てこなければ陰性です。

この場合、今回の検査では妊娠反応が認められなかったということになります。

しかし・・・もしかしたら妊娠してる可能性もあります!

これもまた後で説明します!

・確認用のラインすら出てこない場合!

時間を置いてもラインが出てこないなら、検査の手順を間違えた可能性大です!

もしくは「妊娠検査薬が不良品」だったかのどちらかです!

いずれにしても検査は失敗なのでね。

新しい検査薬を使って、正しいやり方で「再検査」しましょう!

「ラインが陽性でも妊娠してない」場合がある?! 

gahag-0094171184-1

「ラインが陽性でも妊娠してない」場合がある・・・!

・妊娠してる可能性は高い!

判定結果が陽性の場合、妊娠している可能性は高いです。

でも「検査薬で2本ラインが出たから妊娠してる!やったー!」っとはならないで下さい!

この検査だけじゃ今現在100%妊娠してるとは限らないんです!

ちょっとネガティブな話になりますけど・・・

確かに一度妊娠はしたけど「検査した時点で既に胎児が亡くなっている」可能性もあるんですよ。

「じゃあ何で検査が陽性になってるの?!」

っていうのは、上で説明した事が関係してきます・・・!

・胎児が亡くなってても陽性になる?

この場合は、受精して着床まで進んだのは事実なんですよ。

つまり、母体の中では「実際に妊娠が成立してた」事になります。

なので「HCGホルモン」も分泌され始めてる状態です!

しかし・・・残念なことにその後、胎児が亡くなってしまったワケです。

胎児が亡くなっても、母体のホルモン分泌などは急にはストップしないんです!

だからHCGホルモンは少量ながら尿中に出てきてしまうので。

そこで検査薬を使えば、検査結果は陽性になるワケです。

・検査薬の結果だけで判断するのはNG!

妊娠検査薬は、あくまで「妊娠してるかどうかを見つけるきっかけ」だと思って下さい!

ホントにただそれだけの役割しかないんですよ、この検査って。

「ドラマであるワンシーン」の様に・・・

妊娠検査薬の結果だけで騒いで、色んな人に報告するのは絶対やめた方がいいです!

それで後日、産婦人科でエコー検査をしたら「亡くなってた」なんていったらもう・・・

ね、やめといた方がいいのが分かると思います。

ちょっと怖い内容になってしまいましたけど。

私は実際にそういう「リアルな事例」をいくつも知っているのでね。

これを伝えずにほっとくわけにはいかないんですよ!

「ラインが陰性でも妊娠してる」場合もある?! 

gahag-0116878566-1-1

さっきのケースとは真逆のパターンですね!

・妊娠超初期はラインが出ない?

ラインが1本も出ない場合でも、妊娠してる場合もあります!

これは妊娠の「超初期段階」に起こり得る事です・・・!

何でそんな事が起こるのかを説明しますね!

妊娠の超初期段階って、尿に出てくるHCGホルモンの量がかなり少ないんです。

妊娠検査薬はこのホルモンが、ある程度の「濃さ」が無いと反応しないのでね・・・!

ホルモンの量が少ない時に検査をしても、結果は陰性になるって事です!

ご想像の通り、この場合は妊娠週数が進めばHCGホルモンの量も増えていくので・・・

また時間が経って再検査すれば、陽性になるはずです!

・油断はしない!

このケースで気を付けて欲しいのが・・・!

「なんだ、妊娠じゃなくて生理が遅れてるだけか!」って判断した場合に。

普段通りの生活をしても、いつかは絶対に妊娠には気付きます!

ポイントは、妊娠じゃなかったと思って油断した時期が・・・

「胎児の脳神経系」の発育で一番デリケートな時期なんですよね。

だからもし、ここで「タバコや酒」なんかを気にせず楽しんでたら。

後で絶対に後悔すると思うんです!

1回目の検査が「妊娠超初期」の可能性が少しでもある場合は・・・

少し時期をずらして2回検査するのが確実ですよ!

検査結果を見てから「取るべき行動」とは?!

これまでは「陽性」=「妊娠」「陰性」=「セーフ」って思っていたものが・・・!

突っ込んで考えると実は違うかもって事が伝わったと思います。

「妊娠検査薬」は妊娠判定で超使えるのは間違いないんですが・・・!

あくまで1つの「目安」にとどめておいてください!

最終的に信じられるのは「医師」だけですから!

最後に「2パターンの人」に向けて、結果を見た後に取るべき行動を説明します!

・妊娠検査薬で「陽性」判定になった方!

次にすべきことは、今現在も「妊娠が成立」してるかの確認です!

「本当に妊娠してるの?」「お腹の胎児は今も元気なの?」

っていうところは、産婦人科の医師に診てもらうのが一番です!

それは「医師の診察と、エコー検査による胎嚢の確認」をして初めて分かりますので!

すぐにでも産婦人科を受診した方が良いと思います!

医師から「胎嚢と心拍の確認が取れました」と言われるまでは・・・

「配偶者以外」には言うのは控えとくのをオススメします!

 

・妊娠検査薬で「陰性」判定になった方!

もし1回目の検査が「妊娠超初期段階」であれば・・・

それから「2週間後に再検査」をすれば陽性になるはずです。

仮に「再検査も陰性」だったとしても、そのたびに落ち込まないで下さいね。

子供を望んでも、すぐに授からないのはもはや普通の事です。

だからこそ、全国に無数ともいえるぐらいの「不妊治療クリニック」があるんですから!

それこそが、思うようにいかない妊娠の難しさを物語っています・・・!

・「不妊治療」についても簡単に!

もし、夫婦それぞれの子作り期間がまだ「1年満たない場合」であれば。

排卵日に合わせた「タイミング法」を実践していくのみです。

もし「妊娠率の向上」に対してプラスαを望むのであれば・・・

「葉酸」や「ビタミン」を多く含むサプリを飲むのも良いと思います!

しかし・・・!

1年経っても子供が授からない場合には、話が変わってきます。

不妊治療のクリニックに行って「夫婦そろって不妊症検査」を必ず受けて下さい!

夫婦のどちらか一方だけの検査じゃダメですよ、不妊原因は男女半々なのでね。

必ず2人とも検査は受けるようにしてください。

何らかの不妊原因が有った場合には・・・

それを治療しない限り、自然妊娠は難しいと考えられますのでね。

後は専門医と、世界トップレベルの日本の生殖医療に任せましょう!


いっくんのまとめ
今回は、妊娠検査薬の「陰性・陽性」の判定の仕方をお話ししました!

妊娠検査薬はおしっこを使った簡単な検査方法で、説明書を見たら誰でも出来るものです。

でも。その結果の判断はちょっと複雑なんだなってことが分かったかと思います!

ハッキリ言えるのは、妊娠検査薬はあくまで「目安」に過ぎないって事・・・!

ちゃんと産婦人科で診断されるまでは、人への報告もしない方がいいですよ!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】