【鉄板焼き:個室】「記念日ディナー」で初めて行った時の流れと感想!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

初めて「鉄板焼きのディナー」に行く方へ!

高級な鉄板焼きのお店に行く時って、どんな流れか不安な人も多いと思います。

 

今回は、わたしが鉄板焼きのお店に行った時の流れを簡単にまとめたので。

1つの参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

記念日ディナーで、鉄板焼きのお店に行きました!

640x640_rect_43530374

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13006015/

車で鉄板焼きのお店に到着!

記念日ディナーとして、割と高級な「鉄板焼き」のお店に行ってきました!

19時に予約をして、仕事が終わった後に車で行きました。

 

ちなみに服装は無難に白シャツとジャケットでした笑

駐車場に着くとスーツを着たおじさまが立っていて、予約の確認をしにきました!

 

「車は代わりに駐車しますので」って言われたのがけっこービックリ笑

これまで他の店でそんなサービスをされた事はなかったのでね。

 

この時点からして高級な雰囲気出まくりでしたよ笑

 

駐車場からお店の中へと案内される!

おじさまに鍵を託して、車の外に出ました。

車の外では、間を置くことなく女性スタッフが待っていました笑

 

そして店内へと案内してくれます!

入り口に向かってる途中「庭園がライトアップ」されてるのに反応していると。

 

スタッフがくるっと振り返って・・・

「よろしければお写真をお撮りしましょうか?」って言ってくれました!

流石に気が利くなって思いましたね笑

 

予約時間になるまで店内でくつろぐ

そして店内へ入ります!

私達は予約時間の「20分くらい前」に到着したのでね。

スポンサーリンク

 

準備に少し時間がかかるとのことで、入口にあるソファーで待つことになりました。

 

店内には「和洋の美術品」が飾られててボーっと見ていると。

すぐに別のスタッフが近寄ってきて「暖かいお茶はいかがですか?」って聞いてきます。

 

この時点で、完全にスタッフの「監視対象」にあることを実感しました笑

スタッフはサービスをしたくてうずうずしてるんでしょうね。

かなりサービス精神旺盛でした。

 

予約した個室へと案内されます!

お茶を飲んでまったりしていると、時間ぴったりに奥へと案内されました。

個室の部屋にカウンターがあって、対面に専属シェフが来る配置でした。

 

ちなみにこの時点ではシェフはまだいませんでした。

スタッフにエスコートされて着席して少しだけ待ちます。

 

オーナーが登場?!

席に座ってすぐにオーナーが現れました笑

軽く世間話をしてから、メニューの説明を受けます!

 

オーナーから「メニューの好き嫌い」について確認されました。

もしコースの中に食べれない食材があれば、変更は自由がきくんですって。

 

例えば肉がダメな人には「前菜、スープ、メイン」を魚介に変えられるらしい!

前菜やスープまでっていうのは、凄いシステムだと思いました。

 

でも正直なところ、オーナーが自己紹介を始めた時点で・・・

「え?わざわざオーナー出てきちゃうの?!」ってちょっと引きましたけど笑

 

専属シェフが登場して調理スタート!

コースとお酒で、1人約1万5千円でした!

・ローストビーフとトリュフ 

・牛テールのスープ

・アワビの岩塩蒸し

・牛サーロインステーキ

・ガーリックライス

・デザート&コーヒー又は紅茶

(+お酒を注文しました)

 

って感じなのが今回のコース内容でした!

 

さっきお話ししたように、食べれない食材があればメニューの変更は可能です!

・テールスープがダメ⇒ズワイガニのスープへ。

・サーロインがダメ⇒オマールエビへ。

こんな感じらしいです!

 

シェフが調理ポイントを説明しながら作ってくれます!

オーナーが話してる最中にシェフが登場します。

そこからは、シェフがどんどん話をしながら作ってくれる感じです!

 

ちなみに前菜はスタッフが運んできてくれました。

 

シェフが作っていったのは・・・

「アワビの岩塩蒸し」「牛サーロインステーキ」「ガーリックライス」

って感じですね。

 

調理のポイントについて細かいとこまで面白く説明してくれます。

作ってる側の工夫とか、普段は考えもしないのでね笑

 

けっこー勉強になる感じでした!

 

アワビの岩塩蒸しは、「塩釜」がヤバい!

s_001u

出典:http://r.gnavi.co.jp/2bwsmpk90000/menu2/course/1/

シェフが着々と進めていたのが「アワビの岩塩蒸し」です。

 

調理する前にうごめいてる活きのいいアワビを見せてくれました。

そのアワビを「塩釜」の中で蒸していきます!

 

塩釜がどういうものかというと・・・

鉄板の上にアワビを置いて、その上から岩塩で山を作るんですよ!

岩塩の山の上にフタをかぶせて「蒸し焼き」にします。

 

しばらく蒸したら塩を払い落として、食べやすいサイズ感にカットしてくれました

 

で、肝心の味はというと。

おいしいけど、普通に加熱されただけのアワビでした笑

まあ見た目で楽しむものなんでしょうけどね!

 

牛サーロインステーキ!鉄板焼きといえばコレ!

ついにメインです。

鉄板焼きといったらやっぱり「肉」でしょ!

 

まず鉄板の上で「ガーリック」を油でカリカリになるまで炒めていきます。

そして超霜降りの一枚肉を焼いていきます!

 

もちろん「焼き加減」を最初に確認されますよ

「レア、ミディアム、ウェルダン」の大きく3パターンですね!

 

霜降肉はレアが好きなので、今回も「レア」で頼みました。

「見るからにうまそうな半生の肉」を、鉄板で焼いていきます!

 

印象的なのは最初に脂身をカットして・・・

そこから「赤身」と脂身」の部分を別に調理してました。

まずは赤身を一口サイズにカットしてくれるので、そっちからいただきます!

 

調味料は「塩、わさび、タレ、マスタード」が用意されてましたけど。

 

「わさび」で食べるのが一番おいしかったです!

脂が凄いので辛みが中和されて、風味だけが残る感じでしたね。

 

そして時間を置いてから「脂身」の方が出来上がります。

カリカリになるまで火が通されていて、予想以上においしかったです!

 

締めはガーリックライス!

絞めはガーリックライスです!

味付けはも好みを聞かれたので、濃いめの味付けでお願いしました。

 

鉄板の上で作る光景は、眺めてて面白かったです。

味は普通においしかったです笑

 

デザートは別階のラウンジで!

ガーリックライスを食べ終わって、お茶を飲んでから・・・

デザートは別階だということで、カフェバー的な雰囲気のところでいただきました!

 

そこも解放感があってゆったり過ごせましたね。

 

会計して終了!

デザートも食べ終わったら、受付で会計を済ませます。

戻る時もスタッフが引率してくれて、かなり丁寧なサービスでした!

 

いっくんのまとめ

今回は、初めて鉄板焼きを予約して行った時の流れについてお話ししました。

 

行く前はめっちゃ垣根の高いイメージでしたけど。

実際にお店に行ってみると、スタッフが自然にリードしてくれるのでね。

 

居心地も良かったし、サービスに完全に身を任せておけばいいだけでした!

緊張感があるのも最初だけなので、ぜひ行ってみて下さい。

「鉄板焼き」が食べれるお店を探す!

 

スポンサーリンク