人生初の「パラグライダー」に挑戦!「体験コース」の1日の流れとは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

bf93f891-9fae-4cbf-ae83-8fc14cbea281

出典:http://www.asoview.com/act/paraglider/saitama/

どうも!いっくんです!

みなさんは「パラグライダー」って興味ありますか?

実はあれって1日練習すれば自力で「フワッと浮く」事ができます!

今はどこの「パラグライダースクール」でも「体験コース」が用意されてるのでね。

体験した時の「流れや感想」を書いていきます。

スポンサーリンク

「パラグライダー」をやってみたい!

私は前から「パラグライダーってすげー楽しそうだな」って思ってました笑

でも「一般的なレジャー」じゃないから、周りにやったことがある人はゼロでしたね。

けど凄い気になってたんで「どこか近場で出来ないかな?」って調べてみたんです。

そして都内から行ける距離で良さそうなとこを見つけました!

それが「埼玉こまちパラグライダースクール」です。

ここの「1日体験コース:斜面を使って浮遊体験」というのが目に留まったんですよね。

「自力で浮遊体験ができる」っていうのに興味をそそられましたね笑

ここで人生初の「パラグライダー」に挑戦する事にしました!

「1日体験コース」の内容とは?!

私が行った「埼玉こまちパラグライダースクール」の1日体験コースの内容!

このコースは「パラグライダーを初めてやる人」が対象となっているので安心です!

そして「9:30~16:00頃」までの間に、1人で浮遊できるようになるというものでした。

 

料金は保険料も含めて「8000円」で、どこのスクールも大体これぐらいでしたね。

ちなみに場所は・・・

「埼玉県の比企郡ときがわ町大野勝負平」というところにあります!

私は友人と一緒に車で行きましたけど。

さすがパラグライダーが出来る立地だけあって、人里離れた山奥って感じでした笑

パラグライダーに行く時の「準備」!

パラグライダーの体験コースを受けるにあたって、必要な物があります・・・!

・長袖、長ズボン

スポンサーリンク

・滑り止め付きの軍手

・印鑑

って感じです!

服装は「長袖・長ズボン」って事だったので「動きやすくて汚れていい服」を用意しました!

もちろん、靴は「運動靴」を履いていきましたよ。

「滑り止めが付いてるタイプの軍手」も必要なので、忘れずに準備しましょう!

実際にやってみると分かりますけど・・・

手でしっかり握らないといけないので、軍手がないと手が痛いです笑

また「印鑑」は誓約書にサインするのに必要でした。

内容は「ケガしても文句言いません」的なやつですよ笑

「パラグライダー」当日の流れとは?!

埼玉の山奥まで向かいます!

パラグライダー当日は、天気予報は「午前が晴れ、午後から曇り」って感じでした・・・

スポンサーリンク

雨だとパラグライダーは中止になってしまうので、ひとまずは安心です!

現地に更衣室があるって説明を受けていたので、車に着替えを突っ込んで移動します!

また、事前に現地には「コンビニとかは無いよ」って教えて貰っていたので・・・笑

向かう途中でお昼ごはんを買っていきました。

埼玉の山奥にどんどん進んでいって・・・!

ついに「埼玉こまちパラグライダースクール」に到着!

着いたら受付をしましょう

受付を済ませると「小さい小屋」に案内されました。

既にそこには本日の「インストラクターや受講者」が集まってきていましたね。

開始時間になったら「午前の部」がスタートします!

ちなみに受講者は「カップル、大学生、おじさん集団」だったり色々いましたよ笑

「午前の部」がスタート、まずは座学から!

午前中の最初はまず小屋の中で「座学」から始まります!

これはけっこーガッツリ説明されましたね。

「パラグライダーの道具についての説明」

「飛ぶときのポイントや注意事項」

など、詳しく教えてもらいました!

そして勉強した後はみんなで小屋の外に出て・・・

実際にパラグライダーを使いながら再確認していきます!

外に出て実際に練習してみる

午前は平地にて練習の繰り返しです。

初めて扱う機材なので、慣れるのにも時間がかかりますからね・・・!

説明を受けながら機材を装着して、スタートのための助走の練習がスタート。

ヘルメットも付けますし、テンションは高まる一方です笑

パラグライダーの本体部分は「キャノピー」って言うんですが・・・

見ても分かる通りけっこー大きくてもちろん重いです。

あと、手で持つ部分は「ハーネス」です。

ハーネスをしっかり握り走り出した時に、キャノピーをしっかり広げないと風を捉えられなくてすぐに倒れちゃいます。

感覚を掴むまではこれがなかなか難しい笑

はじめて浮遊する事に成功!

難しいなーって思いつつも、何度か繰り返していたら・・

まさかのタイミングで感覚を掴めました!

そしてたぶん「2mくらいの高さ」を浮遊する事に成功!

低そうに感じますけど、実際には相当な「スリルとスピード感」がありますよ笑

お昼休憩の時間になるので、各自でお昼休みを取ります。

午後の部は「丘の上から飛ぶ」のがメイン!

午後はちょっと「小高い丘」から飛ぶ感じです・・・!

飛び立つときには必ずインストラクターが2人横に付きます。

流れとしては、まずその2人が風の流れを読んでくれて。

「スタートの合図」まで出してくれますよ。

サポートはばっちりなんで、安心しながら飛行できますよ!

そして飛んだ瞬間は「体が上に持っていかれる」ような不思議な感覚を味わえます!

「ジェットコースターやフリーホール」ともまた違う感じかな。

丘からだと、飛行する高さは「5m」で 距離的には50mくらいですね。

私が参加した時には浮遊できなかった人はいなかったのでね

やってみれば誰でも飛べるはずです。

「独特の掛け声」は気になりましたけどね・・・

「レディー、セット、ゴー!」って飛ぶたびに言わされます笑

「埼玉こまちパラグライダースクール」の情報!

埼玉こまちパラグライダースクール

住所は「埼玉県の比企郡ときがわ町大野勝負平」です!

<アクセス>

「埼玉こまちパラグライダースクール」まで行く方法は「車」か「電車&送迎バス」の2通りです。

<電車で行く場合>

JR八高線・東武東上線「越生駅」から、スクールの方で送迎も行っている。

いっくんのまとめ

今回は「パラグライダー」の「1日体験コース」の流れについてお話ししました。

純粋な興味から挑戦してみましたけど、想像以上に面白かったですよ!

1日に詰め込んだ内容なので、体験コースの最初はひたすら「座学や説明」がメインです笑

でもお昼頃からは、ほとんど実践がメインになるので楽しいです!

空中を「自分1人で浮遊する感覚」を体験できるのは貴重な経験です。

興味がある方はぜひやってみてください。

東京近くで「体験スカイダイビング」?!当日の流れを簡単に説明!
出典: どうも!いっくんです! 今回は​スカイダイビングを体験してきた時の流れについて話していきます! 私が行ったのは埼玉にある「東京スカイダイビングクラブ」でした。 行く時の「ポイントや注意点」など...

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】