男性不妊症の原因を調べるには「5つの方法」がある?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は以前、不妊治療のクリニックで勤めていました!

「男性不妊症の原因」を調べるには大きく分けて「5つの方法」があります!

それぞれに違った意義があって、それを組み合わせて原因を追究していきます!

では、簡単に説明していきますね!

スポンサーリンク

「男性不妊の検査」は色んな種類があります!

男性不妊症の検査には「問診、診察、精液検査、採血、超音波検査」といった・・・

大きく分けて「5つの種類」があります!

それぞれの検査には「違った目的」があります!

それを組み合わせて調べていって、より確実な治療に近付ける感じです!

では、これから「それぞれの検査」について簡単に説明していきますね!

「問診」:不妊原因が予測できます!

どこのクリニックを受診しても、まず最初にする事は問診です!

これまでの妊活の経過だったり、過去どういった病気にかかった事があるのか確認されます。

また「夫婦の性生活や、奥さんに関する情報」も聞いていきます!

ちょっと生々しい話になちがちです笑

「診察」:視診・触診をする場合も!

診察を始める前に、担当の医師は問診の情報を元にしてある程度の推測を立てています!

例えば・・・

「この人は過去にクラミジアに感染した事があるのか。」

「もしかしたら精子の通り道が詰まってるのかもしれないな。」

って感じで、考えられる不妊症の原因を色々と考えています!

なので問診の情報はちゃんと詳細に書きましょうね・・・!

そして診察室に呼ばれたら、医師から問診の内容を踏まえて色々と質問をされます。

後はそれに答えていく感じですね!

・「視診」と「触診」

話しが終わると「視診」と「触診」をします。

患者さんにはベッドで横になってパンツを下してもらいます・・・!

そして医師は外陰部を目で見て、実際に触って異常がないかチェックします!

スポンサーリンク

直接見て触る事で「睾丸が極端に小さい」場合なんかすぐに気付けますしね!

さらに「陰嚢」をぐにぐにと触る事で・・・

中にある「精管」という精子の通り道の状態も確認出来ます!

もしここが腫れてたら、精子の通り道が詰まってる可能性もあるのでね!

「精液検査」:これが一番重要です!  

精液検査は、男性不妊の検査では「最重要」です!

どこの病院やクリニックに行っても必ずやります!

まず患者さんには「精液を採取」してもらって・・・

顕微鏡や専用の機械を使って、細かく調べていきます!

精液検査の項目としては。

「精液量」「精液のpH」「精子濃度」「精子運動率」「精子生存率」「精子正常形態率」「精液中の白血球数」

などがあります。

患者さんは「精液の量や精子の数」に凄くこだわりますけど・・・笑

不妊治療では、精子の数より「精子の動き」を重視しています!

例えば「精子が5億」いたとしても、動いてなければ自然妊娠は無理ですからね。

スポンサーリンク

多くのクリニックでは「機械を使っての自動測定」をメインにしてます。

しかし、もし検査をしてみて精子が見つからなかった場合は・・・

顕微鏡を使って精子がいるかどうかを検査します!

やっぱり最後は「人の目」が一番信頼出来ますからね。

「血液検査」:ホルモンの項目が超大事?!

精液検査をした上で、精液所見に問題があった方には積極的に採血もしていきます!

男性不妊治療においての一般的な検査項目としては・・・

FSH、LH、テストステロン」があって、それぞれは種類の違ったホルモンです。

3つの数値のバランスを調べて、不妊の原因を探ります!

ちなみに、精液検査の結果「無精子症」となった場合には・・

「染色体や遺伝子の検査」を行う事が推奨されます!

そうすれば無精子症の原因が「生まれつき」か「後天的なモノ」か判断できるのでね。

「超音波検査」:陰嚢の内部を画像でチェック! 

最後は超音波検査です!

病院で「腹部や心臓」のエコーを受けた事がある方はいると思いますけど・・・

あれを「陰嚢」に対して行う検査です笑

超音波検査をすると「精巣の大きさ」や「内部の構造」がどうなっているか調べられますし。

さらに、精巣から繋がっている精液の通り道である「精管」も調べられます。

この管が生まれつき無かったり、詰まってたりしないかが分かりますよ。

男性不妊業界で近年話題の「精索静脈瘤」も見つけられます!

この疾患も不妊の原因として有名です。

超音波検査で精索静脈瘤があると分かった際には、手術を検討した方が良いですね。

・超音波検査は専門の施設じゃないと出来ない?

エコー検査はこんな感じで、不妊の原因を「目で確認できる」のが特徴です。

でも男性不妊に詳しい医療機関じゃないと、超音波検査はできません

ある程度たくさんの患者が来て「症例数」が多いところじゃないと・・・

そんな細かく検査はしてもらえないのでね。

もし精液検査に異常が見つかって精密検査をしたい場合は・・・

すぐに「男性不妊治療を専門」とする施設を受診すべきですよ!

【まとめ】元スタッフが教える「男性不妊の検査」!
どうも!いっくんです! 私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました! 今回は元スタッフの目線で「男性不妊治療の検査」に関する事をまとめました。 多くの男性不妊症の患者と出会って感じたことや、男性不妊のポイ...

いっくんのまとめ
今回は、男性不妊の様々な検査についてお話ししました。

それぞれの検査を通して「不妊原因」を探っていく感じです!

しかしどこのクリニックでも、必ず「5つの行程」を受けれるワケではないのでね。

ベストなのは最初から「男性不妊専門のクリニック」に行くことですね!


「男性不妊のサプリ」を試してみるのもアリです!

もし興味があれば、男性不妊用の妊活サプリなんかもありますよ。

これは「不妊治療のクリニック」でも売られているサプリメントで安心です!

「精子と精液の質」を向上させる「コエンザイムQ10、亜鉛、マカなど」が配合されてます。

値段は高いですけどね!

でもみなさんも聞いた事がある通り、不妊治療はけっこーお金がかかります。

妊娠するまでに「100万以上」かかる世界なのでね・・・

使いどころとしては「避妊期間が1年未満」の時にはサプリを試すのはアリですよ!

男性妊活サプリメント

これで造精機能が上がって、妊娠できれば「安上がり」ですしね!

けど1年以上経っても妊娠できない時は、専門的な医療機関で治療をスタートすべきです。

そんな感じのスタンスで利用すると良いと思いますよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】