「不妊症チェック」に来た患者で精液検査の結果が悪かった理由とは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

gahag-0065369263-1

どうも!いっくんです!

私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました。

患者さんの希望で「自宅採精」で精液検査をした場合に。

結果がめちゃくちゃ悪いケースがありました!

自宅採精には「デメリット」が伴うのでね、そこを詳しく説明します!

スポンサーリンク

初めての精液検査で「自宅採精」を希望?!

gahag-0054069451-1

私は不妊治療のクリニックで勤めていたことがあります!

そこに「不妊症チェック」のために初めて来院した患者さん(以下:加藤さん)がいました!

精液検査が初めての患者さん

加藤さんは「精液検査」をするのが人生初の方でした!

そして「恥ずかしさ」から、自宅採精を強く希望されてたんですよね・・・

「私は自宅じゃないと採りたくありません!」って感じで、主張が強めでした笑

ちなみに、うちのクリニックでは精液検査は原則として「院内採精」にしています。

何故ならその方が「より正確に検査できるから」です!

本人の希望で自宅採精に!

加藤さんの場合は本人の強い希望で「自宅採精」する事になりました。

なので「自宅で精液を採取する方法」や「注意点」を説明しましたよ。

加藤さんが理解出来てるかどうか、ゆっくり確認しながら説明していって・・・

ちゃんと理解できたようだったので「精液採取用の容器」を渡しました!

精液検査の結果「再検査が必要」?!

gahag-0046645017-1-1

そして検査当日になって加藤さんがクリニックに来ました!

検査の予約当日になって

予約した日に、加藤さんは自宅採精した精液を持ってきました!

患者さんが精液を持って来た時には「約束通りに採取できてるか」必ず確認します!

確認事項はこんな感じです!

「精液は何時に採取しましたか?」

「マスターベーションで採取して、こぼしたりしませんでしたか?」

「持って来る時の容器の温度は大丈夫でしたか?」

といった流れで一通り確認します!

加藤さんは「全部言われた通りに出来たと思います」との事だったので。

精液検査の結果は?

そのまま、すぐに精液検査を行いました!

スポンサーリンク

そして加藤さんの初めての精液検査の結果はこんな感じでした・・・!

「精液量4.0ml、精子数3000万/ml、運動率は4%、生存率15%、正常形態率20%」

精液検査の所見としては・・・「運動率、生存率ともに極めて低い」ですね。

不妊治療専門医の判断は?

そして、うちの不妊治療専門医の判断は・・・!

「1回目の精液検査の結果としては精液量と精子数、形態率には特に問題はないですが。

運動率と生存率が非常に悪かったので、確認のために「再検査」をしましょう!

その時にまた同様の結果であれば、ART治療(体外受精等)が必要になるかもしれません」

っていう見方でしたね。

念のために「搬送途中の精子への影響」も視野に入れて・・・

その可能性を否定するために「次回は院内の採精室で採るように」との指示がありました!

もし精液検査の再検査の結果が悪かった場合には、その他の精密検査も行う事となります。

結果を聞いて落ち込む患者さん!

gahag-0084799581-1

治療の方向性を決めるには、もう一度精液検査をする必要があると伝えます。

次回は再検査なので「院内採精」してもらうことを納得してもらいました。

その上で、次回の予約を入れてもらいます!

加藤さんは初めての精液検査の結果が悪かった事にショックを受けまくってましたね。

検査結果を聞くまではハキハキとして明るい印象だったのに・・・

一気にテンションダウン!

結果が悪かった原因など、色々と医師に質問してましたね。

嫌がっていた「院内採精」にチャレンジ!

スポンサーリンク

そして、加藤さん2回目の来院の日となりました!

初回はあれほど自宅採精を希望していた加藤さんですからね。

「採精室だと緊張して採れない人なのかな?」って思って様子をみてました。

加藤さんを採精室に案内して説明を終えたあと・・・

たったの5分で出てきました!

「トイレに行きたいのかな?」と思って声をかけたら、なんともう採取できたとのこと!

あれだけ自信無さそうな院内採精だったのに笑

本人いわく「なんか思ってたよりも普通に出ちゃいました笑」って事でした。

院内採精は無事に終わったので、加藤さんの2回目の精液検査を始めます・・・!

再検査では「劇的に改善」!その理由とは?!

gahag-0046769973-1

再検査の結果は?

まず「精液量と精子数、正常形態率」は前回とほぼ変わりなく良好です。

問題となっていた「運動率や生存率」は・・・?!

なんと「運動率は62%、生存率は80%」まで上昇!

別人の様に精液所見がよくなっていました。

一瞬「検体を取り違えた」のかと思って「確認&再検査」しましたけど・・・

間違いありませんでした!

さすがにおかしい?!

一体なんでこんなに結果が違ったのか?

ある程度の範囲で結果に差が生まれることはあってもね。

さすがにここまで違うと、前回の精液の何かがおかしいってことです笑

気になったので加藤さんを問診室まで呼んで・・・

前回自宅採精してからクリニックに持ってくるまでの過程をもう一度聞いてみました。

衝撃の事実が発覚!

すると・・・

「前回精液を持ってくる時、外が寒かったので。

冷やしちゃいけないと思ってホッカイロで覆って温めて持ってきました・・・」

「クリニックに着いて容器の温度の事をスタッフの方に聞かれた時に・・・

やばい!って思って言えませんでした。すみません」

っという事でした。

原因はアレです

はい、つまりは「ホッカイロが原因」だったんですね笑

ホントは異常がなかったのに、ホッカイロの熱で精子にダメージを与えてしまってたワケです。

ちなみにこの方は、精液所見に異常は無かったので・・・

奥様の方の検査を進めていくように促しました!

自宅採精の時は「注意」が必要!

gahag-0106258936-1

実際の例を挙げて説明しましたが、なんとなくイメージ出来ましたでしょうか?

自宅採精は管理が大変

自宅採精の場合は、職員の手に届くまでに精子に悪影響が出る可能性はめちゃくちゃ高くなります!

精液が届けられるまでの時間でも「運動率や生存率」に簡単に影響が出ますしね。

「温度管理」では今回のケースも「患者さんなりに気を付けて持ってこようとした」上での結果なのでね。

患者さんは良かれと思ってやったことで、誰しもやりかねない事だと思います。

みなさんも注意すべき!

精液検査は1回だけの検査では、クリニック側も男性不妊だと断定することはありません!

今回のケースの様に複数回の検査をもって男性不妊かどうかを決定しますから。

ちゃんと2回目の検査で正しい結果が出ればいいんです。

この患者さんみたいに無駄にショックを受けて、再検査まで憂鬱に過ごすのは嫌ですよね。

だから自宅採精をする時には、ちゃんと気を付けた方がいいですよ!

【まとめ】元スタッフが教える「男性不妊の検査」!
どうも!いっくんです! 私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました! 今回は元スタッフの目線で「男性不妊治療の検査」に関する事をまとめました。 多くの男性不妊症の患者と出会って感じたことや、男性不妊のポイ...

いっくんのまとめ
今回は、精液検査の結果が「搬送時のミス」が原因で悪くなってしまった話でした!

患者さんにとっては、恥ずかしくて「自宅採精」を希望する気持ちも分かりますよ。

でも、やっぱり正確な結果を知るには院内採精が一番ですよ!

その方が「移動時間」や「温度管理」を気にする必要もないですしね!


「男性不妊のサプリ」を試してみるのもアリです!

もし興味があれば、男性不妊用の妊活サプリなんかもありますよ。

これは「不妊治療のクリニック」でも売られているサプリメントで安心です!

「精子と精液の質」を向上させる「コエンザイムQ10、亜鉛、マカなど」が配合されてます。

値段は高いですけどね!

でもみなさんも聞いた事がある通り、不妊治療はけっこーお金がかかります。

妊娠するまでに「100万以上」かかる世界なのでね・・・

使いどころとしては「避妊期間が1年未満」の時にはサプリを試すのはアリですよ!

男性妊活サプリメント

これで造精機能が上がって、妊娠できれば「安上がり」ですしね!

けど1年以上経っても妊娠できない時は、専門的な医療機関で治療をスタートすべきです。

そんな感じのスタンスで利用すると良いと思いますよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】