【男性不妊治療】精液検査や排卵日前の「禁欲期間」のベストは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は不妊治療のクリニックで勤めていました。

 

患者さんからよく質問されたのが、精液検査と排卵日前の「禁欲期間」です!

 

「期間は長い方がいい?それとも短い方?」って感じでね。

一体どれぐらいがベストなのか説明していきます!

 

スポンサーリンク

患者から多かった質問が「禁欲期間」について!

私はかつて不妊治療のクリニックで勤めていました。

その時に、患者さんから色々な質問を受けてましたよ!

 

中でも特に多かった質問が禁欲期間に関してですね・・・!

「精液検査の禁欲期間ってどれぐらいがベスト?」

「排卵日前の禁欲期間は?」

確かにこの2点は、男性にとってはめっちゃ気になるポイントだと思います!

私も最初は分からなかったから気になったし。

 

患者さんの中にはけっこー間違った思い込みをしてた人もいたので、今回の記事を参考にして下さい!

 

スポンサーリンク

精液検査の禁欲期間」ってどれぐらいがベスト?!

禁欲期間は長い方がいいのか?

これは男性不妊外来を受診する患者さんから本当によく質問されました!

 

患者さんの中には古い言い伝えを信じている人もいて・・・笑

「長く溜めればそれだけ精子が濃縮されて良い」って思っている人もいましたね。

 

10日以上も禁欲してくる人もいましたけど笑 

溜めすぎるのも精液検査にはよくないんです!

 

溜めすぎても質の悪い精子が多くなるだけ

禁欲期間が長いと、精液中に含まれる精子の数は多くなりますけど・・・

いっくん
ただ古い精子が生殖器に溜まってるだけ笑

めっちゃ禁欲期間が長い状態で検査すると・・・

死滅した精子や運動率が低い精子も多く含まれるようになります!

 

これじゃ精液検査しても正しく評価できませんのでね。

 

禁欲期間のベストは?

ちなみに正解は「2~3日」がベストだと思って下さい!

 

禁欲期間は短い方が新鮮で運動率も高い精子が認めやすいのでね。

これくらい短いスパンの方が良いんですよ。

 

精液検査はあくまで妊娠を目標とした上での検査なワケだし。

運動率がちゃんと正確に評価できるように、守っていきましょうね!

 

禁欲期間は「1日じゃダメ」なの

ちなみに禁欲期間はどうして1日じゃダメなのかって気になりますよね?

 

これはイメージしてもらうと分かると思うんですけど・・・

欲期間が1日だと「MAX」よりも少ない可能性があるんですよ。

 

でもほとんどの人は2日もあれば、精液量はMAXまで満たされるのでね。

だから禁欲期間は2日か3日が推奨されてるんです!

 

まあ検査そのものは、禁欲期間が最低24時間あれば一応はやってくれるはずです

スタッフとしては「最低2日は溜めてきて・・・!」ってのが本音だけど笑

 

スポンサーリンク

妻の排卵日前は禁欲すべきか?!

妻の排卵日前はどれぐらい禁欲すべきか?

患者さんからあった質問は検査だけじゃないです。

 

「妻の排卵日前は暫く禁欲した方が良いですか?」って聞いてくる方も沢山いました。

 

これについても検査と一緒で「2~3日間」だと思って下さい!

禁欲期間を長くすると精液量や精子数は増えるけど・・・「古くなった精子」の割合も高くなるのでね。

 

数が多くても精子の質が悪ければ、目的の「受精」には役に立たないわけですから!

 

「筋トレ」と一緒ですよ!

検査とは違って、排卵日の時は前日に射精してても問題はないですからね。

たとえ精液量が少し減ってもその分フレッシュな精子が多くなるので。

 

なにより、造精機能にとっては頻繁に射精するのが大事です!

身体も次の射精に備えようとして、造精機能そのものが高まっていくんですよ。

 

筋トレみたいなイメージを持ってもらえればOKです笑

つまり逆に使わなければ、どんどん機能は衰えていくわけですね。

 

排卵日の意識し過ぎもよくないかも?

禁欲期間など意識するあまりに、「ED」になる人がけっこーいます。

 

「排卵日のプレッシャー」を感じまくってそうなってるんですよね。

不妊治療で来る患者さんで、EDに悩んでる人はけっこー多かったです!

 

排卵日を意識し過ぎて「こじらせる」くらいなら、自然に身を任せてた方が良いと思います。

だって気にしすぎてEDになって、今度はED治療するとかいったら本末転倒ですからね。

 

妊活においては、2~3日の禁欲期間とか意識しない方がいいかもしれません!

 

ここからは元スタッフの立場で、男性不妊について知りたいみなさんにおすすめを紹介しますね。

 

とにかく早く子供が欲しい方へ!

【男を維持する精子力(おすすめ本)】

これは男性不妊治療を考えてる人は必ず読んだ方がいいやつです!

精子を作る機能や精子の働きを向上させるために、しちゃダメなこと、すべきことが書かれてます。

 

患者さんの中にはけっこー間違った情報を信じてる人も多いので、これをしっかり読んで勉強すると良いですよ!

ちなみに著者の岡田先生は泌尿器科の医師で、男性不妊の権威です。

 

 【男性不妊症(おすすめ本)

こちらは読みやすい新書タイプの本で、男性不妊について分かりやすくまとめられてます。

 

男性不妊を取り巻く現状や、最新の治療まで満遍なく網羅してあるのでね!

かなり参考になるので合わせて読むのをおすすめします。

 

著者の石川先生は、関西で手広く活躍されてる男性不妊の名医です!

 

 【男性用の妊活サプリメント(造精機能を高めたい方へ!)】



男性不妊で悩んでる方には、造精機能の向上のためにサプリメントがおすすめですよ!

 

精子の数や動きが悪かった場合に・・・

血液検査して男性ホルモンが少なければ、薬による補充治療が第一選択になるし。

もし精子の通り道が詰まってたら、外科手術が対象になったりもします。

 

でも中には色々な検査をしても、異常の原因がハッキリ認められないケースがあるんですよね!

 

そういうケースでは、不妊治療クリニックでも「サプリ」や「漢方薬」を処方されます。

もちろん造精機能に良いとされるやつです。

 

ここのサプリは実際の不妊治療クリニックでも採用されてますよ!

不妊の原因がハッキリしなくて精子の数や動きが悪い場合は、こういったサプリでカバーするのがベストです!

男性 妊活 サプリメント

 

いっくんのまとめ

今回は精液検査でよく質問される「禁欲期間」についてでした。

 

精液検査を受ける前の禁欲期間は2~3日がベストです。

そして排卵日前は、禁欲期間は長くなり過ぎないようにしましょうね!

 

基本的に造精機能にとっては・・・

溜める事は「デメリット」で、出す事には「メリット」が多いですよ!

男性不妊治療に必要な検査(精液検査など)について!【まとめ】

2017.04.30