【食費はムダ?】高級料理よりも他の事にお金を使うべき?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は歳を重ねるごとに「食費ってムダだな!」って思うようになりました笑

どうせお金を使うなら、食事よりも他のことに使うべきだと思っちゃいます!

とにかく最近は、コスパで考えちゃうんですよね。

今回はそんな話を書いていきます。

スポンサーリンク

お金の価値から見た「食費」が勿体ない?!

食費への「違和感」が強くなってきた

私は歳を重ねる毎に「食費ってマジでもったいない」と思うようになってきました・・・!

これは特に「外食(高級料理)」についての話ですけどね!

例えばフォアグラやアワビを使った「2万円のフレンチのコース」があったとして。

ちょっと前までは、そういうのも何の違和感もなかったんです。

でもある時にふと気付いてしまいました!

「外食1回で2万円を使うのってコスパ最悪だな」って事に笑

食事にそこまでの価値があるとは思えない笑

私が言いたいのは・・・

「かける金額と、外食で得られる効果が釣り合ってない」ってことです。

食事に使うその2万円って、他にことに使えば「相当価値のあるモノ」になると思うんです。

例えば、すげー実用的な「電子機器」だって買える金額ですから!

日常生活をより豊かに、便利に出来る可能性を秘めてるワケです。

その貴重な2万円の使い道として・・・

「一瞬の快楽で終わる食事ってどうなんだろ?」ってね笑

 

ってか、すげー理屈っぽくて嫌われそうな事言ってますねわたし笑

実は以前は、食事にもガンガンお金を使ってた笑

こんな事を力説しておきながらも・・・

私は社会人になって暫くの間、正反対の考えだったんですけどね。

私は数年間ぐらい「ファミレスやマック」に全く行かない時期がありました。

ある程度のクオリティーのお店じゃないと、入るのに抵抗があったんです。

これは「完全な見栄」でしたけどね笑

当時は都内でデートだったり、友人と食事する時には・・・

しっかり事前に「おいしくて人気のある店」を念入りにリサーチしてましたし。

スポンサーリンク

値段も全然気にせずに、けっこー高めなところで外食しまくってました。

一体どれだけのお金を食費に使っていたことか笑

海外での食事を通して、価値観が変わったのもある

食費がもったいないのは、コスパが悪いって言う理由だけではないです・・・

海外に行って「食事への価値観」が根本的に変わったのも影響してると思います。

海外には「たったの数十円」でも、お腹いっぱいになる国があるワケですよ。

「食材のクオリティー」や「衛生環境」は日本とは比較にならないぐらい低くて。

もちろん、食事にはハエがたかりまくってるけどね

そこで暮らす人たちは、日本においては「廃棄品以下」の食事しか食べてません。

でもみんな普通に成長してるし、身体はすげー丈夫です。

スポンサーリンク

それを目の当たりにした時に思ったんですよ。

日本人って・・・

「原材料の質」「生産者のブランド」「店内の外観やサービスの質」

って感じで、ホントにくだらないレベルまでこだわってるけど。

「良いモノ食っても、身体もデカくないし、病気がちだし。何にも身になってない」ってね笑

それを実感してからというもの・・・

日本の偏った「食の高級志向」が、バカみたいに感じるようになりました。

今はもう、食事はコスパ重視となった!

そして今となっては「普通の食事」で十分だと思うようになりました。

以前は行きたくなかったファミレスやマックのコスパの高さに感心してるくらいです笑

もはや昔とは価値観が逆転してるんですよね。

人間は所詮、お腹が減ってれば何でもおいしいんですよ。

「マックのハンバーガー」や「コンビニのフライドチキン」でもね!

ってことで、遠回りしましたけど・・・

私は「高級料理」にお金を払うだけの価値はまったく感じられません。

味覚は「思い出」としても残りにくい?!

外食の感動は、あくまで瞬間的なもの

高級レストランに行って、食べたことのない斬新な料理に出会えば感動はします。

人との会話の中でも「あの店行ったことあるよ!」って感じで、役に立つこともあります。

でも、あくまで食事はホントに一時的な感情を満たすだけなんですよね。

おいしいとは思っても、後まで残るほどの「思い出」としては残らないんです。

食事を通して得た「記憶や感動」は・・・

それ以外の体験で得られるインパクトとは比にならないほどに小さいです!

思い出としても残りにくい

「自分の過去の思い出」って色々ありますよね?

学生時代に友達と遊んだ事、人からの親切、イヤな思い出、旅行や趣味を通した記憶など。

過去の事をふと思い返すことってありますけど、その中に「食事」って出てこないんですよ笑

勘違いして欲しくないのは・・・

食事中の「人との会話や時間」は大事な思い出ですよ。

私が言っているのは、あくまで「食事の内容や味覚」についての話です!

「食べ物のおいしさ」は、思い出としては最低レベル

例えば「新宿の有名店で食べた、フォアグラの味」みたいなね!

その時はすげー満足しても、翌日には「完全に薄れ去ってる感覚」ですよね。

そんな一瞬の欲のために、高いお金をかけるのは理解ができない。

いつか死にゆく瞬間においても、料理の思い出なんて絶対蘇らないですし。

「あの店で食べた料理最高だったな・・・」っとはならないと断言出来ます笑

おいしい料理を食べるのは好きですが、食には過剰なお金をかけたくない笑

料理に過剰に費やすお金があるなら・・・

それ以外の「商品」や「経験につながること」に使った方が絶対に有意義だと思います。

いっくんのまとめ

高級料理に沢山のお金をかけるくらいなら・・・

私は生活用品や食事以外の交際費、新しい体験をすることにお金を使っていきます!

人はそれぞれ価値観は違いますけど。

食費にかけるお金について考えてみると、見る世界が少し変わるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】