【富士山登山】初心者でも五合目で車中泊して頂上まで登れました!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

人生初のガチな登山で「富士山」に登ってきました!

行ったのは8月くらいで、登山慣れしている友人と一緒に行ってきました!

 

私はかなり軽装、体力もあまりなかったんですけど問題なく登頂できましたね笑

では、富士登山の流れと感想を書いていきますね!

 

スポンサーリンク

登山初心者が「富士山」に挑戦してみた!

富士山に初挑戦!

登山初心者が「富士山」に挑戦してみました・・・!

 

私は登山好きな友人と出会った事で、25歳の時に初めて登ってきました!

いっくん
「富士山の登頂」ってずっと前から興味があったんですよ!

なんとなくだけど・・・富士山に登ったら凄い人生経験値が得られそうな気がしたしね笑

 

ちなみに一般の登山客が富士山に登れる期間って「7月の上旬~9月上旬」だけなんですよね!

しかも7月中は山頂辺りにはまだ雪がけっこー残ってるっていう噂です!

 

「もし足場に雪が残ってたらヤバそうだな・・・」って思ったので。 雪が溶けてる8月上旬に行ってきました!

 

軽い気持ちで挑戦!

富士登山をしようと思った頃は特に運動もしてなかったんでね。

体力はあるわけじゃなかったですよ。

いっくん
子供でも登れる山だし、なんとかなるだろ!

って軽い気持ちで行きました笑

 

ちなみに、登山する時は「登山をなめるな!」ってよく言われますよね。

しかし登山を甘く見ていた私は「軽装」で行きました笑

 

「普通の運動靴、Tシャツにカーゴパンツ、パーカーを腰に巻いて、リュックに帽子・・・」

こんな感じで、ほぼハイキング感覚の姿で挑んできました!

 

スポンサーリンク

初富士山の「ルート選びやプラン」について!

 

 

山小屋は予約がとれなかった!

初富士山の「ルート選びやプラン」について・・・!

最初は「山小屋に宿泊するパターン」も検討して、山小屋に電話してみたけど予約一杯でした!

 

8合目くらいで一泊するパターンは特に人気があるらしく・・・

いっくん
5月くらいから予約で満室になってたらしいです笑 みんな早すぎない?

もし山小屋に泊まりたい人は、よっぽど早くに計画立てないと無理ですよ!

これじゃ「夏フェスのライブ」の宿泊先予約するのと同じですよ笑

 

今回はご来光を狙うのはやめときました。

もしご来光見ようと思ったら、夜中にライト照らしながら登らなきゃいけないですからね笑

 

初登山で登り切れるかも分からないのに、さすがにそれは無理だと思いましたから笑

 

一番楽な「富士吉田ルート」!

ちなみに富士登山のルートには4つあって、それぞれ特徴があります!

 

「岩場や砂が多いルート、小屋の数やトイレの数、混雑具合、山頂までの距離」

ルートによって変わってくるのでね。

 

私は一番ポピュラーな「富士吉田ルート」で行きました!

理由は都内からのアクセスが一番楽なのと、登ってる途中に立ち寄れる山小屋も豊富なこと!

いっくん
なによりも「初心者向けのルート」って呼ばれてたので即決でした笑

ちなみに富士吉田ルートの5合目の標高は「2305m」なので・・・

そこからは自力で1400mちょい登っていく感じですね!

 

登山の目安時間は「登りが6時間、下りが3時間30分」が一般的とのことです!

 

スポンサーリンク

登山の前日に出発して「5合目」で車中泊?!

new_1051

前日の夜に車で出発!

富士登山には8月の日・月曜の2日間を使って行ってきました!

ちなみに上の画像がこの日の宿泊場所です笑

 

友人と日曜の21時に都内で集合して、車で富士吉田ルートの駐車場を目指します・・・!

 

そして登山口である「5合目」に22時30くらいに着きました!

私達以外にも既にたくさんの車が止まっていて、そこで車中泊している人も結構いました。

 

何で車中泊をしたのか?

まず当日に都内から山梨に向かうのは「時間のロスが勿体ない」って話になったんです。

 

あと、寝るだけなのにホテルに泊まるのはお金勿体ないって事で車中泊に決定!

朝起きて山登るだけですからね笑

 

私はこれまでに車で全国旅行をしてたのもあって、駐車場での車中泊はけっこー慣れてるので全く問題なかったです。

すげー熟睡できましたから笑

 

でもちゃんと「防寒対策」はしないとダメですね!

8月といえども、富士山の5合目は標高が高いので朝晩は冷えます!

 

朝5時スタートで富士山に登ります!

スタートして最初は余裕!

この日は4時30くらいに起きて、5時に5合目を出発しました!

 

最初の方は「なだらかな坂道」が続くので、ここで結構油断します笑

「この感じなら全然余裕だな」って誤解が生まれちゃう

 

でもここで調子に乗って進むと、後が大変になるのは想像出来たのでね笑

一定のペースで進んでいきます!

 

ちなみに、この時間に5合目から登山を開始する人達はけっこーいたんですけど・・・

みんなガチな登山の格好をしてた事にびっくりしました笑

 

あと、途中から少し「森林っぽいゾーン」が出現するのも驚きでしたね!

富士山登山にはそんなイメージが全然なかったのでね。

 

体力は平気だけど6合目で少し休憩!

20160131113350 (4)

進んでいくと6合目に到着!

まだ体力は全然余裕ですが、ここで5分くらい休憩します。

 

喉乾いてないけど後のためにポカリとか飲んでおきました! そうすると登山者っぽいしね笑

 

あと、山小屋があるところには「仮設のトイレ」があるのでね。

休憩の度に必ず寄ってトイレは済ませておいた方が良いですよ!

 

6合目からは少しずつ斜面が急になっていきます。

いっくん
砂や岩だけの面白味のない道に変わっちゃった・・・笑

段々余裕もなくなってくるので、体力配分を意識して休みつつ進みます!

 

7合目からキツくなる!登山なめてた笑!

20160131113350 (1)

7合目から岩がゴロゴロしたところを登っていく感じになります!

 

けっこー段差が激しいところがあって・・・

「これ子供じゃまたげないんじゃない?」ってくらいキツいポイントも出てきます。

 

でも小学生で富士山登頂した事あるって人けっこーいるみたいだからね。

きっと「親子の協力プレイ」で登っちゃうんでしょうね笑

 

杖の重要さに気付く!

この辺りに来て「なるほど、確かにこれは軽装じゃ厳しいな」って感じました。

あと登山中に「杖を持っている人」って周りには結構いたんですよ。

 

7合目に着くまでの私はアホだったので・・・

「富士山登るのに杖なんていらなくない?逆に荷物になって邪魔でしょあんなの笑」って思ってました。

 

でもこのゴロゴロした岩場では杖は大活躍だったみたいです!

支えがない私は歩きずらいことこの上なかったので笑

 

私は富士山に来る前に「装備はしっかりして行った方がいい」って周りから言われてたんですよね。

いっくん
やっぱり経験者の教えって間違いないな・・・!

 

8合目までが一番過酷?

20160131113350 (3)

この辺りでは急斜面だったりゴツゴツした岩場が続いて急激に体力を消耗させられるので。

疲れは溜めないように無理せず休憩を取った方が良いです!

 

更に登っていくと八合目あたりから岩が減ってきて砂利道が続きます。

この辺りで「須走ルート」から来ている登山者達と合流するので、登山者が増えます。

 

しかし、あともう少しで頂上です!

最後の最後で傾斜がきつくなるけど、頑張って登ります・・・!

 

ついに山頂に到着!お昼休憩します!

20160131121637

山頂で思いっきり休憩します!

そして、ようやく山頂に着きました! やったー!ホントに疲れた・・・笑

 

ずっと登りが続いている上に、段差を「よいしょ!」って感じで越えていったので。

太ももが酷使されてパンパンです笑

 

山をひたすら歩くという「苦行」を経て・・・

頂上に立った時には、それ相応の達成感や喜びを得られましたよ!

 

ちょっと休んでから、頂上がどんな感じになってるのか見回してみると「売店や自販機」がありました。

自販機をのぞいてみたらヤバい料金設定にビックリ・・・!

いっくん
ペットボトルが1本500円とか驚愕の値段です!

物資を届けるのにお金がかかるとしても、クレイジーな値段設定で逆に感心しちゃいました。

 

山頂でお湯を沸かしてご飯を食べる!

私達は「バーナーと水とカップ麺」を持っていってたので。

山頂ではお湯を沸かしてカップ麺食べたり、コーヒーを飲んだりしました・・・!

 

富士山を登った達成感もあったし、その時間は凄く充実していました。

それから30分くらいボーっと景色を眺めたりしてましたね。

 

山頂では1時間30分くらいかけて「山頂を一周するお鉢巡り」もできるみたいですけど・・・

いっくん
さすがにそんな余裕はない笑

足は完全には回復してないまま、下山し始めます!

 

下山はつまらない!もはや「死後の世界」?!

20160131113350 (2)

下山ルートが不快過ぎる!

登りがあれば、もちろん下りもあります・・・!

 

頂上からは下山専用のルートがあるんです。

下りの最初の方は延々と、細かい砂だらけの道を下りていきます!

いっくん
靴の中に大量の砂が入りまくって大変な事になります笑

凄く滑りやすいのでね。歩くというよりかは、体重移動で滑ってく感じですね。

「砂対策の靴」と「丈の長い靴下」もちゃんと準備していった方が良いです!

 

死後の世界に突入!

そして砂場が過ぎると、今度は少し粒が大きくなった砂利道を進むようになります。

ここからがマジで不毛地帯に突入です・・・笑!

霧が濃くかかっていたのもあって、景色も全然見れないし!

 

上の写真を見てもらえると分かると思いますが・・・

「あれ?ここは死後の世界か?」って思っちゃう様なところですよね。

 

富士山に登って分かったのは「上りよりも帰りの長い下りの方が辛い」という事です。

無味乾燥な景色を見ながら、早く帰りたいのにまだ歩かなきゃいけないのでね笑

 

山小屋もなくつまらない!

ちなみに帰りにはトイレはあるけど、山小屋はありませんでした・・・

それもまた「萎える一因」だったと思います笑

 

ズボンも靴も砂まみれですし。身体は汗でベタベタだし。

帰りの駐車場だけを見据えてふらふら歩いていました・・・笑

 

終盤になるにつれて、「なりふり構わない」感じに進化しましたよ。

 

休憩を入れて9時間ぐらいで戻って来れた!

富士登山にかかった時間は予定よりも早かったです!

 

上りは5合目から頂上まで5時間30くらい、帰りは3時間くらいで帰れました。

予定よりもトータル1時間早く戻って来れました!

 

登山をする人達から「富士山は登山するにはつまらない山」だと聞くことはありましたけど。

 

それも何となく理解出来ました・・・

行きも帰りも「砂と岩ばかり」ですからね笑!

 

いっくんのまとめ

登山初心者でもしんどいなりに比較的スムーズに登頂できました。

 

 

今回は軽装でも登れましたけど、ちゃんと準備していった方が自分が楽ですよ笑 

準備不足は苦行を自分に課すだけになるので、そこはお好みでどうぞ!

 

「日本最大の富士山登頂」は、自分にとってかけがえのない経験値となりました!

 

富士山登山は誰もが「人生で一度はやってみたい」ものだと思いますけど。

思い立ったのであれば、何事もすぐにやった方が良いですよ!

 

ちなみに人生で一度はやりたい「スカイダイビング」はこの後にやりに行きましたよ笑

東京から日帰りで行ける!おすすめのアクティビティ体験【まとめ】

2018.03.27