【あがり症克服】薬で対策!心療内科で貰える「セルシン」が効く!?

【ぜひ!シェアをお願いします!】

shutterstock_230488897

どうも!いっくんです!

「あがり症」ってホントに困りますよね?

私もあがり症で「人前で話すのが大嫌い」です。

人数の問題じゃなくて、注目されている事に凄く緊張しちゃう。

私が緊張する場面で頼りにしている「セルシン」という心療内科の薬を紹介します!

スポンサーリンク

「あがり症」ってどんなもの?!

・あがり症って何なの?

そもそも「あがり症」って何なんでしょうか?

あがり症の症状としてよく言われるのは・・・

緊張感や不安感がある時に「動悸、身体の震え、汗をかく」などがあります!

ちなみに、私はすべて当てはまってます笑

「気の弱いタイプ」の人が陥り易いものなのは分かるかと思います笑

しかし、いったい何でこんな現象が起きるのか?

心身ともに半端ない負荷がかかるこの症状について、調べてみました!

・あがり症は誰にでも起こる?

あがり症は、緊張や不安を感じたときに血液中のノルアドレナリン値が上昇する事で起こる。これは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、これが自律神経の交感神経を活性化する。

活性化された交感神経が、心拍数や体温、血圧を急激に上昇させるため、結果として動悸や発汗、震えが症状として起こる。

不安を感じて分泌されるノルアドレナリンが、「あがり症のスイッチ」みたいですね!

ちなみに、この一連の流れって誰にでも起こってる現象なんですって。

つまりは「程度の問題」ってことなんですよ!

スポンサーリンク

私みたいなあがり症の人は、不安感も過剰だから症状も強く出てくるってことですね。

あがり症をなんとかしたかった!

・学生の頃から「あがり症」だった

私は学生の頃からあがり症で悩まされていました・・・

そしてこの「あがり症」をなんとかしたいって、ずっと思ってました!

だって大勢の前で発表する時とかは、数日前からドキドキしてて。

前日からは下痢してたりしましたし笑

そういう発表の場でなかったとしても・・・

授業中に先生から当てられたりすると、緊張が一瞬でピークに達してましたから。

・人前での発表が苦痛すぎる

大学に入ってからもあがり症は治りませんでした・・・

厄介なことに、大学になるとみんなの前で発表する機会が多くなるんですよね!

これがもう凄いストレスで。

「スピーチで声が震える=ダサい」というのが自分の認識なので・・・

出来るだけ周りの人に声の震えや動揺を悟られたくない!

でもそうやって意識すると、尚更のこと緊張感が高まっていっていたんですね笑

・場数を踏んでも改善しない?

「発表は場数を踏めば慣れる」って言う人ってよくいますよね?

でもあれはウソですね笑

そんな「根性論」みたいなことでは、全然治りませんからね笑

せめて「一時的に声の震え」を止められれば、もっとストレスなく生活出来るのに・・・

って感じで、本気でどうにか治したいと思うようになりました。

初めて心療内科に行って「薬」を処方して貰った!

スポンサーリンク

・ついに心療内科に行ってみることに!

まずは病院で相談してみようと思って、ネットで色々調べてみました!

最初は「精神科」について調べていたのですが、やっぱり精神科は抵抗がある・・・

調べていく中で、あがり症のようなものは「心療内科」で十分だという事に気付きました。

そして評判が良くて、自宅から少し離れた心療内科に行ってみることにしました!

家から近いと「知り合い」がいたりする可能性もあるのでね笑

・心療内科に到着!

診察当日は、受付でまず問診票を書いていきます。

「いつから始まったのか、症状はどんなものか・・・」

それを全て書き終えたら受付に提出して、呼ばれるまで待ちます。

かなり人気のある心療内科らしくて、待合室は沢山の人で溢れていましたね。

イメージしてた独特な雰囲気は全然なかったです。

患者も「サラリーマン」「主婦っぽい女性」「お爺さん」「学生」だったり色々でしたね。

・理解のある医師だった!

1時間くらい待ってから受診になりました!

心療内科だけあって、先生は優しい感じの人でしたね。

「あがり症について悩んでて・・・」って感じで色々と話したら、先生からまさかの返答が!

<先生>

「実は俺も人前で話すの苦手なんだよ」

「だから大学病院でのカンファレンスの時とか、必ず抗不安薬を飲んでから参加しててさ」

・・・つまり、先生自身も「あがり症」だったそうです笑

それもあって、あがり症や緊張症にかなり理解のある先生でした!

めちゃくちゃ親近感が湧いたし、クリニックに患者がたくさん来てたのも納得でしたね。

・勧められたのは飲み薬の「セルシン」!

その先生から勧められたのが、緊張する時だけ飲めばいいタイプの薬でした!

薬の商品名は「セルシン」で、別名は「ジアゼパム」といいます。

この薬の効能は・・・

「神経症やうつ病の不安や緊張を和らげる。心身症の身体症状を和らげる」ってことです。

つまりは「一時的に不安感を抑えてあがり症にピッタリ」という事でした!

セルシンの効果は?!

・発表前に試しに飲んでみる!

薬を処方してもらったので、発表のある日に試しに飲む事にしました!

発表前の休憩時間に、1錠飲んでみます・・・!

飲んでから2分もかからずに、少しずつ気分がボーっとする感覚がありました。

緊張感が薄れていくのが実感できます。

「なるほど、不安を取り除くってこういう感じかー」って思いましたね笑

思考はクリアだから、眠くなったりする事もないです!

発表直前の「心臓がバクバク」する感じもかなり軽減されました。

全く緊張感がなくなるわけじゃないので・・・

「バクバクからドキドキ」くらいになるって言えば正しいかと思います!

・効果は抜群!

発表する時には、いつもみたいに慌てる事もなく凄く冷静に話せました!

最大のストレスだった「声の震え」も無かったですね。

私は発表してる間に・・・

「この薬ホントにすげーな。これならもっと早くに心療内科行っとけばよかったな」

って考える余裕もあったくらいです笑

薬の効果時間は「個人差がある」のではっきりとは言いにくいですけど。

私は飲んでから2時間くらいは効いていると思います。

なので発表や面接の少し前から飲んでおけば・・・

それが終わるまでの間は、薬の効果は持続するはずですよ!

飲み薬に抵抗感がある?!

・最初は抵抗感が強いと思う

飲み薬に抵抗感がある方も多いと思います・・・!

私も初めて薬を飲む時は、けっこー抵抗感はありましたよ。

まず、気分的にイヤですもんね笑

薬を飲むっていうのが自分が精神病みたいな感じがするし。

よく聞く噂として、「依存性」があったら怖いなって思ったしね。

・副作用は何も感じない

実際飲んでみて分かったんですけど、心配するようなモノじゃなかったです笑

正直言って、副作用として感じることはありませんでした。

喉が渇いたり、眠くなったり、また飲みたくなったりするワケじゃないし!

ただ不安感が軽減するだけです。

まあ人によっては身体に「合う・合わない」は多少あると思うのでね。

医師に相談して、ベストな薬を処方してもらうのが一番です!

・必要な時だけ飲むスタンスなのが良い

ちなみに心療内科の先生が言ってたんですけど。

不安を取り除く薬でも、「毎日飲むタイプ」は精神衛生上よくないとのこと。

感情が鈍りやすくなるし、知覚にも多少なりとも影響があるんですって。

「依存性がある」と言われるのもこのタイプだそうです。

けど、たまに飲む「セルシン」であれば依存性はないです。

必要な時だけ不安感を取り除けるので、身体への負荷も少ないとのこと。

私は今でも、たくさんの人の前で発表する時は使ってますよ笑

いっくんのまとめ
セルシンのおかげで、あがり症だった私はかなり助けられたと思います!

私は現在でも半年に1回くらい受診して薬を処方してもらってます。

たまにしか飲まないので、薬が減らないのでね笑

あがり症の人や、「面接・発表」の緊張がイヤな人がいたら・・・

心療内科の先生に一度相談してみるといいと思いますよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】