【採血が苦手な方へ】採血が痛い!痛みを減らす方法を職員が考えてみた!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

851309de33620293ee3d757392eca417

出典:http://nurse-like.com/%E6%8E%A1%E8%A1%80/

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師として病院で毎日80人位の「採血」をしてました。

患者さんはみんな採血が苦手です!

痛みや恐怖におびえてるのがすごい伝わってきました。

今回は「採血の痛みを減らす方法」を考えたので説明しますね!

スポンサーリンク

採血されるのは誰だって「イヤ」なんですよ!

gahag-0111833949-1

採血が苦手なのは普通のことです!

まず大前提で知ってほしいのは、採血ってみんな嫌いなんですよ!

子供も大人も関係なく、誰だって針を刺されるのは怖いしね! 

こんなんストレス以外の何物でもないです笑

中年のおじさんでも「採血するくらいなら病気のままでいいよ!」って叫んじゃう人もいましたから笑

採血を受けたくないって、全力で拒否したがる方は普通にいますよ

針を刺す時の「痛み」がムリ?!

「ホントに採血嫌い!絶対失敗しないでよあんた!」って敵意向き出しの患者さんに・・・

採血のどこが嫌いなのかリサーチしてみましたよ。

その結果は「針を刺す時の痛み」が堂々のトップでした!

最も過ぎる理由ですね笑

よく聞くと「過去に採血した時にめちゃくちゃ痛かった」ことが原因で・・・

「トラウマ」になっちゃってるケースがあるようです!

スポンサーリンク

子供の頃に「採血=激痛」って印象がついてる人は全力で怯えちゃうので。

採血する側もけっこー大変です笑

中にはこれまで平気だったのに・・・・

1度すごく痛い思いをして「急に怖くなった」とかもありましたね。

「緊張と不安」が耐えられない!

採血される時の「緊張と不安が耐えられない!」っていう方も多いです。

確かに針を刺されるのなんて、考えただけでも怖いですよね。

「待合室で待っている時から不安感がハンパない」方もたくさんいます!

採血し始めてから気分が悪くなったり、意識を失う場合もありますよ。

みなさんは「貧血」と勘違いしてますけど、それとは全然違います!

これは「迷走神経反射」といって「緊張や痛み」が原因で起こるものですよ。

過去に失敗されて「不信感」が凄い!

過去に失敗されたことで「不信感」が凄い方もいます!

患者さんによっては「1度に3回以上」刺し直された人もいると思います。

私も過去に3回刺し直されたことがあるんで、気持ちはよく分かりますよ笑

私なんかは自分の血管が見やすいのを知ってるので、すげー不信感を抱きました!

「俺の腕で失敗するなんて大丈夫かこの人?!」ってね笑

明らかに採血する側が下手なら、それは100%スタッフの問題なんですけど。

でも一概にスキルだけの問題じゃないので、ここは正直ビミョーなところです!

「採血の流れ」を一度イメージしましょう!

まず病院における採血の流れを1回イメージしておきましょう!

スポンサーリンク

そうすれば採血の負荷を減らす方法」が納得できるはずです。

あなたは今採血室の待合室にいるとして・・・

いよいよ番号が呼ばれて、スタッフが待っている採血台のイスに座ります。

スタッフ 「それではこちらに腕を出してください、アルコール消毒でかぶれませんか?」

あなた 「はい、大丈夫です」(服をまくって、スタッフの方に腕を差し出す)

スタッフ 「それでは消毒していきますねー。すみません、ちくっとします。

この後5分間くらいしっかり押さえて止血してくださいねー」

って感じですね!

ホントはもうちょい説明しますけど、ここでは割愛しました。

採血の流れで大事なのは「腕を出すところ」ですよ!

「痛みを減らす」ための最大のポイントとは?!

血管の見えやすさは「左右の腕」で全然違う?!

採血をする時の、採血スタッフの興味は1つだけです!

「この人の血管は果たして刺しやすいのか?」ってとこに集中してます。

さっきポイントは「腕を出すところ」だと言いましたが・・・

実は血管の見えやすさって「左右の腕」で全然違うんですよ!

更に言えば「血管が見えやすい腕」は日によっても変わります。

いつも「右腕」の血管が浮き出てる人も、体調によっては左腕が見えやすいかもしれない。

みなさんは、スタッフから「腕を出してください」って言われた時って・・・

きっと特に理由もなく腕を出していると思います!

そこを意識すると、採血の痛みを大きく減らすことに繋がります。

針はゆっくり刺すほど痛い!

1011_1020

出典:http://iwaiwako.blog121.fc2.com/blog-entry-463.html

血管の見やすさにこだわるのは、それが採血の「痛みや苦痛」に大きく関係するからです!

例えば「細い血管」で採血する場合・・・

血管にうまく入らないケースを想定して、針を「ゆっくり」刺していきます。

皮膚は「ゆっくり刺す」と、刺す時の痛みはより強く感じます!

採血の痛みを少なくするには「サクッとスピーディー」にやった方が良いんです!

「痛みを減らす」には両腕をみてもらう!

つまり採血スタッフが迷いなく刺せるように・・・

「より太くて見やすい血管」を見つけてもらえば良いって事ですね。

そう考えると「痛みを減らす」ために出来る最大のポイントは・・・

「スタッフに両方の腕を見せて、より採血しやすい血管を選ばせてあげる」

ってことです!

両方の腕をまくって「とりやすい方の腕で採血してください!」って言えば完璧です。

あとはスタッフが両方の腕を比較して、採血しやすい腕を選んでくれます。

協力的に両腕を見せるだけで「痛み」「失敗のリスク」「血管を探される時間」が減ります!

良いこと尽くめですよ!

「細い針」を使ってもらう裏ワザも?!

o0640042712963623631

出典:http://news.doctor-trust.co.jp/?p=3738

「細い針」の方が痛みは少ない!

刺す時の「痛みを確実に減らせる」裏ワザを一つご紹介します!

採血を始める前に・・・

「痛いの苦手なんで、細い針を使って下さい!」

って伝えると、通常の採血で使う針より1段階「細い針」を使ってくれます。

そうすれば間違いなく痛みは軽減されますよ!

ぶっとい注射針と細い注射針、どっちが痛くないかは容易に想像できますよね笑

ちなみに細い針を使うと、採血にはいつもより多めに時間がかかります。

血液を吸い上げる通り道が、いつもより狭くなるので当然ですけどね。

デメリットはある?

細い針を使う時の「デメリット」が1点だけあります!

細い針を使うと、血液が溶血して「採血とりなおし」になる可能性があります。

それも必ずじゃなくて、そうなる可能性がちょっとだけ高くなるだけですけどね。

頭に入れておいて損はないと思いますよ!

いっくんのまとめ

今回は、採血が苦手な方に向けたアドバイスでした。

次回採血をする時には、自分から両腕をまくってスタッフに見せてあげてください!

それでも心配な方は「細い針でお願いします」と伝えてみるといいですよ。

断られることはまずありませんのでね笑

たったそれだけのことが、苦痛を減らすのに大きく関係してきます。

あと私は採血が嫌いな人こそ「人間ドック」に行くのをおすすめしますよ!

【まとめ】検査技師が「採血を受ける患者さん」に知ってもらいたいこと!
出典: どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師として、採血スタッフとして働いた経験があります。 こちらは「採血」についてのまとめ記事です! 採血をする時に患者さんから質問される事なども書いてますので...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】