【大学奨学金】金利は低いけど「ただの借金」!返済を開始して感じた事とは?!

gahag-0040897069-1-1

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は学生時代に奨学金を借りてましたよ。

「日本学生支援機構」から、貸与額は「月10万円」でした!

 

社会人になってからは借りた事を後悔してます笑

奨学金はいつか必ず後悔する「借金」だって事を説明していきますね。

 

スポンサーリンク

「奨学金返済の大変さ」を、学生の頃は想像できない?!

学生には重みが分からない!

奨学金って簡単に借りれるものですけど。

学生が奨学金を借りる時って、返済する時の苦労を全然イメージできないんですよね・・・!

 

当時の私もその1人でした笑

まだ社会に出たこともないし、色んな現実が分かってないんですよね。

 

もちろん、本人的には安易に借りているつもりは全くないんですけど笑

それから「20年間にわたって返済しなきゃいけない」って事実を、全く掴めてない。

 

学校の職員は教えてくれない!

ちなみに私は、大学職員にはちょっと非があると思ってます笑

 

「奨学金の申請」に行った時って、大学の職員が対応してくれますよね?

職員は大学の信用を失わないために・・・

「奨学金は必ず延滞せずに返還するように!」ってところを強調して言いますよね。

 

そこだけはしつこいくらい忠告してくるけど。

スポンサーリンク

学生が将来返す時の「負担の大きさ」については、そこまで説明してくれません。

 

もっと将来を見据えてアドバイスしてくれていたら、私は月10万の奨学金なんて借りなかったと思います笑

いいですかみなさん・・・!

あまり深く考えずに、奨学金を借りるのはかなり危険ですよ!

 

卒業後20年にわたる「借金の返済」?!

20130723055420

出典:http://kyouki.hatenablog.com/entry/2013/07/23/063259

 

私は奨学金で最もポピュラーな「日本学生支援機構」から借りていました!

 

わたしは「第一種」と「第二種」の奨学金を両方借りました。

借りた期間は第Ⅰ種は3年9カ月、第Ⅱ種は4年間分をガッツリ借りましたよ。

 

この借金を、卒業してから20年かけて毎月返還していく事になります。

ちなみに奨学金の返還義務がスタートするのは「卒業した年の10月27日」からですよ!

 

20年ってことは「240カ月」!ずーっと毎月支払っていくワケです。

冷静に考えると、途方もなく長いんですよねこれが・・・笑

 

22歳で卒業したら、42歳まで毎月払うわけだからね!

 

第一種奨学金(無利子)について!

私の返済シミュレーション!

私は運よく「無利子の第一種奨学金」を借りられました!

借りる条件が厳しいので、こっちはラッキーでしたね。

 

「月額5万4千円の貸与」を3年9カ月受けたので、借りた額は243万円です・・・!

 

「どうして4年間の貸与じゃないの?」って思うでしょうけど。

第一種は申請した日以降しか借りられないシステムと言われたのでね。

スポンサーリンク

 

ちなみに、第二種は申請日から入学時点まで遡って借りられます!

 

卒業後は毎月27日に「10125円の返済」で、これを20年間(240回分)行いますよ。

こっちは無利子の奨学金なので、借りた額そのままの243万円を返すだけです!

 

第一種は借りる条件が厳しい!

無利子っていうのが大きなメリットの第一種ですけど、借りる条件はけっこー厳しいです!

多くの人は第一種が難しいってことで、第二種を借りてる現状があります。

 

第一種の条件としては・・・

・家が「裕福」な人は受給対象外!

・成績がある程度良くなきゃダメ!

 

この2つの条件を満たさないといけないのでね!

 

お金持ちの家は借りれません!

申請する時って、自分の家の世帯所得を伝えないといけないんです!

 

それが基準より下回ったら受給対象になるワケです。

まあそれもなんか悲しい現実ですけどね笑

 

ちなみに大学入学してすぐ申請する場合は、高校時代の成績が参考にされますよ。

大学の途中から借りる場合は、在学中の成績が反映されます!

 

「貧乏だけど、ちゃんと勉強頑張ってます!」って人が借りられるのが、第一種奨学金です笑

 

第二種奨学金(利率固定方式:1.41%)について!

私の返済シミュレーション!

私は「有利子の第二種奨学金」も借りていましたよ。

月額5万円の貸与を4年間で、借りた額は240万円です!

 

二種の場合は借りた金額に利息がつくのが最大のポイントです。

「奨学金」ってまっとうなモノに聞こえるけど、普通の借金と同じですから笑

 

私が借りた時は利息が「年利1.4%ぐらい」でした。

これは借りる年度によっても変わるのでね。

 

当時240万円で借りた私の奨学金の返還額は、利息を足して約277万円になります!

利息は「約37万円」もかかっています。

 

卒業後は毎月27日に「11551円の返済」で、これを20年間(240回分)払っていきます。

 

審査は誰でも通るの?

基本的に「奨学金を借りる」っていう時は、この第二種奨学金を指します。

第二種は厳しい審査もなくて、申請さえすればまずOKです。

 

ちなみに二種の奨学金は「3万、5万、8万、10万、12万円」って貸与額に幅があるのでね。

この中から自分が必要な額を選んで申請します!

 

可能なら第二種は避けるべき!

奨学金を借りるなら、第一種だけにするのがベストです!

もし二種で12万なんて借りたら、返済する時の利息もかなりデカいのでね。

 

ちなみに私の場合は、一種の月額5万4千円だけじゃ足りなかったので・・・

さらに二種の5万を併用した感じですよ笑

 

それぞれの家庭の経済状況を考えて組み合わせて考えましょう!

 

毎月の返済が「絶妙に負担」?!奨学金はただの借金!

奨学金の返済はきつい!

いざ社会人になってみたら、毎月の返済が絶妙に負担になってきますよ・・・!

 

私の場合は「第一種で月10125円、第二種で11551円」を毎月返済しないといけません。

毎月27日に、月2万円弱を奨学金の返済にあててます。

 

学生の頃の私は「まあサラリーマンなら月2万くらい余裕でしょ!」って甘く考えてました笑

 

「学生時代に月10万借りて、卒業してから2万ずつ返せばいいなら全然プラスじゃん」

ってことさえも本気で思ってましたからね!

この考え方は命取りですよ笑

 

固定された支出がきつい!

社会人になってからの毎月の固定支出ってけっこーキツいんですよ。

 

例えば、社会人になって稼ぎが月22万あったとしますよね・・・

そこから社会保険料などで、給与の20%が減るって覚えておいてください!

 

そうすると銀行に振り込まれる給与は18万になるんですよね。

そこから一人暮らしで必要な金額を引いていきます。

 

一人暮らし向けのサイトによると、都内での1人暮らし平均費用は15万円とされてます!

そこから固定で奨学金の返済があるって考えると・・・

やっぱりキツいですよね?

 

お金を貯金に回す余裕がない!

社会人になると、みんなコツコツ貯金し始めるんですよね。

みんな将来の不安を見越してるのでね!

 

周りが月に1~2万ずつ貯金を始めている中において・・・

奨学金を借りている人は、逆に毎月1~2万以上の支払いが待ってます笑

 

ちょっとイメージしてみてください。

この状況って気分的にもキツいですよね?

 

周りと同じように給料がもらえても、周りの人にはない重荷が自分にはあるワケです。

 

収入は全然増えない!

学生さんだと「それなら他の人より稼げばいいじゃん!」って考えそうな気もしますけど・・・

そんなのは全然現実的じゃないですから笑

 

どんなに頑張っても、収入は簡単に増えません

 

職場によっては残業代がつかないこと事も珍しくないしね。

残業代がいくらか支給されても、残業したうちの満額は支給されないのが普通です。

 

「副業」っていう手もあるけど、モノによっては勤め先にバレて解雇される危険もある・・・

 

だから結局は、手っ取り早く「交際費や洋服代」なんかを削る事になるんですよね笑

これが結構なストレスになります!

 

出来るだけ借りないのが一番!

こういった一連の流れを、社会に出て初めて気づく事になるんです。

 

「奨学金の足かせがある人と無い人」で、過ごし方やストレスは全然違います。

 

可能であれば親にムリを言って、身内のお金でなんとか学費を捻出するのが一番ですよ。

そして将来まとまったお金が出来た時に返す・・・

 

まあ「それが出来れば奨学金なんて借りないよ!」って思うでしょうけど。

ホントに第三者から借りるほどの必要があるんですかね?

 

どうにか家族で捻出できそうなら、奨学金は安易に借りるべきじゃなです!

第三者から借りる借金は、いかなる場合でもおすすめしません。

 

いっくんのまとめ

今回は、奨学金は「ただの借金」だという話でした!

 

学生の頃には、社会人になってからの生活の事とか教えてくれる人もいませんしね。

だから「月2万の返済なんて余裕でしょ!」なんて簡単に考えちゃうんですよね。

 

奨学金は重い足かせとなって、将来必ず負担になりますよ。

この事をぜひ覚えておいてくださいね。

 

できれば身内のお金とバイトで学費は捻出して・・・

それでも足りない分を、奨学金で借りるぐらいにしましょうね!

スポンサーリンク