病院で働く臨床検査技師です!仕事内容をリアルに教えます!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

mt (1)

出典:http://genkiwork.jp/medical-technologist-fukuoka/

どうも!いっくんです!

私の仕事は「臨床検査技師」です。

病院で「血液検査や心電図」を担当する仕事なんですけど・・・!

けっこーな割合で「放射線技師」と勘違いされます笑

そこで今回は、現役のスタッフ目線で「仕事内容」を簡単に説明してみます!

スポンサーリンク

「臨床検査技師」って知ってますか?

病院で働く医療職の1つに「臨床検査技師」があります・・・!

でもあんまりパッとしたイメージって湧かないですよね?

放射検査技師とよく間違われる笑

「看護師」や「薬剤師」だと簡単にイメージできますけど笑

検査技師は「検査をする人」って事ぐらいしか分からないと思います!

ちなみに、検査技師について説明すると・・・

けっこーな確率で「あー、レントゲン撮る人ね!」って勘違いされます

「レントゲンやCT検査」なんかは「放射線技師」の担当ですよ。

うちらは放射線を使った検査は出来ませんので!

臨床検査技師の仕事とは?

みなさん病院で「尿検査や血液検査」、「心電図」の検査をした事ってありますよね?

こういった検査を担当してるのが我々「臨床検査技師」なんです。

ザックリまとめていうと・・

スポンサーリンク

「病院で放射線以外の色んな検査をやってるのが臨床検査技師」ってイメージでOK!

みなさんもぜひ、周りの人達に教えてあげて下さい笑

臨床検査技師の仕事は大きく「2つ」に分かれます!

それが「検体検査」と「生理検査」です。

まずは血液検査に代表される「検体検査」から、簡単に説明していきますね!

ちなみに、アメリカでは臨床検査技師の事を「Medical Technologist」と言います。

「医療における科学者」って解釈するとちょっとカッコいいですね笑

「検体検査」ってどんなもの?!

3-010-639x426

ではまず「検体検査」の説明から始めますね!

いきなり「検体」っていう聞き慣れない言葉が出てきましたけど。

検体検査って何?

検体っていうのは、例えば「血液や尿、髄液、痰、うんこ」などの事です!

それっぽい言い方をするならば・・・

「患者の身体から採取されて、検査に使うものすべて」を検体と呼びます。

つまり「検体検査」って言うのは・・・

患者の身体から採取された検体(血液や尿)を検査する仕事のことです!

検体には色んな種類があるし、さらに「検査する目的」や「検査方法」も違います。

だから検体検査の「バリエーションは無限大」に広がるワケです笑

それがけっこー複雑な仕事だから、専門職として「臨床検査技師」がいるんですよ。

色んな検査を把握して、それを完璧にこなしていきます!

色んな種類の検査がある

ちなみに、検体検査には他にもいくつか種類があります。

スポンサーリンク

「血液検査」以外にも、全然違うジャンルの検査があるんですよ!

例えば・・・

・「病理検査」:遺体の解剖もします!「フラジャイル」で有名になりましたね。

・「細菌検査」:細菌を培養して何の菌か調べたり。「もやしもん」みたいな感じですね。

・「輸血検査」:貧血の人への「輸血用の血液」は、患者に使う前にチェックしてます。

・「遺伝子検査」:最近はメディアでも話題の検査ですね!

ちなみに刑事ドラマで出てきそうな、尿を使った「麻薬などの薬物検査」も行いますよ。

「遺伝子検査」は検査の設備がめっちゃ高価なので、普通の病院にはまず置いていません!

なので「検査センター」っていう会社に検体を送って、代わりに検査をしてもらいます。

尿や便を扱うのに抵抗はある?

ちなみに、検体検査について人に説明した時によく聞かれるのが・・・

「え?!人の尿とかうんこ検査するのって汚くない?嫌じゃないの?」

っていう疑問です笑

これについて正直に言うと・・・

確かに、最初はめっちゃ抵抗ありますよ。

でも仕事を始めて「1カ月」もしないで慣れちゃうんです笑

今となっては、尿検査をしてる時に「尿が指に付いても」・・・

別に全然イヤじゃないレベルにまで達してます!

もちろん、その後でしっかり手は洗いますけどね!

「人間の慣れ」ってホントに凄いと思います笑

採血も検査技師の仕事です!

ちなみに、近年は「採血」は検査技師が行っている病院が多いです!

採血されるのが苦手な患者さんはけっこー多いですね笑

採血が痛くて嫌いな方は、「採血の痛み」を減らす方法を参考にして下さい。

あと1年に1度は、血液検査を含めた人間ドックは受けた方が良いと思いますよ!

人間ドックをすれば、病気になる前に予防できるのでね。

病気になってから病院に行くのはもうやめましょう!

「生理検査」ってどんなもの?!

生理検査は、分かりやすいところで言うと「心電図の検査」です!

みなさんも「健康診断や検診」で受けた事ってありますよね?

生理検査では「人の身体」を検査する!

さっき説明した検体検査って「対モノ」でしたよね・・・?

しかし生理検査はすべて「対ヒト」の検査なんです!

これはもう対照的な違いです。

生理検査の一番メジャーどころの検査は「心電図」です。

人生の中で、胸に電極を付けられる検査をしたことってありますよね?

ちなみにこれは、心臓が動く時に生まれる「電気信号」をキャッチして・・・

上の画像みたいに特徴的な「波形」を出して「不整脈」とかを調べる検査です!

生理検査の基礎とも言えるものですね。

色んな種類の検査がある

生理検査には他にも色々と種類がありますよ!

・「脳波検査」:「てんかん発作」などの診断や、経過観察で使われますね。

・「呼吸機能検査」:肺活量の様々なデータを元にして、肺の機能を調べます。

・「聴力」:通常の聴力検査以外に、骨を伝わる振動で聴力を測る事もありますよ!

・「動脈硬化」:手足に器具を装着して、動脈硬化の状態が分かります。

・「エコー検査」:超音波を使って「心臓やお腹の内部」を観察します!

一般的に親しみのある検査ばかりだと思います!

毎年の「健診」でも、心電図や聴力の検査はやりますもんね。

生理検査のスタッフのイメ―ジ!

こういった生理検査ですが・・・

担当する検査技師は「コミュニケーションが得意な人」の割合が高いです!

っていうのも「生きた人間が相手」なのでね。

患者さんごとに対応を変えて、最適な検査の流れを作らなきゃいけないですし!

分かり易いイメージとしては・・・

「検体検査は、黙々と働く眼鏡タイプの男女」

「生理検査は、活発でハキハキした女性」が多い感じですね!

話し下手な眼鏡タイプが生理検査の仕事をするのは、あんまりイメージ湧きませんよね笑?

女性スタッフが多い?

あと生理検査は女性スタッフが多いです!

患者さんへの「セクハラ疑惑」が起こらないためにもその方が良いんです笑

ちょっとイメージしてみましょうか・・・

「16歳の女性」の心電図を撮るのが「40歳の男性技師」だった場合を笑

これはちょっと色々とヤバいですよね?

まあ昔はそういうのも気にせずやってたみたいですけど。

今の時代は、ちょっとした事ですぐに問題になるので・・・!

最近では、心電図やエコー検査といった「肌を露出する検査」に関しては。

女性患者の時には「女性技師が担当」するのがスタンダードになってます。

ちなみに「男性技師も少数」働いていますよ!

生理検査にいる男性像としては「女性の輪の中でもうまく立ち回れる」タイプです。

そして、ちゃんと「清潔感のある」人ですね。

まあ中には「女性に公然と触れられるから、俺は生理検査がやりたいんだ!」

っていう「ど変態」もいますけど笑

生理検査では「エコー検査」が花形?

出典:http://medical-checkup.info/article/42073116.html

生理検査の中で特筆すべきは「エコー検査」ですね。

エコーは臨床検査の中でも「花形」です!

なので学校を卒業した臨床検査技師の多くは「エコーがやりたい!」って言います笑

それだけ技術として身に付けた時には医療への貢献度も高いです。

医師とのやり取りも増えますしね。

また・・・転職する時にも圧倒的に有利です笑

臨床検査の仕事の「重要性」とは?!

check_result

出典:http://medical-checkup.info/article/80363905.html

臨床検査について説明してきましたが・・・

仕事内容の重要性について簡単に説明しますね!

臨床検査で「身体の状態」が分かる?

臨床検査をすることで、患者さんの身体の状態が簡単に分かります!

例えば・・・

・細胞や組織を顕微鏡で見て、その形や構造から「がん」かどうか判断できるし。

・血液検査で「貧血」「血糖や脂質」「肝臓や腎臓の状態」なども分かります。

・心電図検査を通して、心臓の働きに異常があるかどうかが分かる!

って感じでね。

今まで挙げた色んな種類の検査を駆使する事で・・・

本当に色んな事を調べられるんですよね!

これって凄くないですか?

「検体検査、生理検査を通して、最大限色んな事を調べて治療に活かそう!」

って頑張っているのが臨床検査技師だと思って下さい笑

病気の診断になくてはならない?

kensa_img

出典:http://www.kochihp.com/annai/bumon/rin_kensa.html

臨床検査は「病気の診断」になくてはならないものです!

その証拠に1つ例え話をします。

病院で医師が病気の診断をする時って・・・

「症状と検査結果から考えて、あなたの病気は肝炎です」っていうのが通常の流れです。

検査をしていない場合はどうなるかというと・・・

「症状からして肝炎だとは思いますが、検査結果が出ないとはっきりとは言えません

って感じで、歯切れの悪い言い方しか出来ないんですよ!

こんなやりとり、経験された事がある人もいると思います。

「医師が診断するための根拠」として臨床検査は必須なんです!

もちろん診断する時だけじゃなくて「治療の経過」をみるのにも必要ですよ。

とにかく検査結果が無ければ「医師は診断出来ないし、処置もしようがない」んです。

それだけ臨床検査は重要ってことですね!

いっくんのまとめ

今回は、臨床検査技師の仕事内容について詳しくまとめてみました!

臨床検査技師の「国家資格」を持っている人は全国に沢山います。

そして基本的にどこの病院でも働いていますよ。

患者が存在すら知らない「検査室」に閉じこもって、色んな検査をこなしてます

みなさんが検査技師と接するのは「生理検査」か「採血」を受ける時くらいだと思いますが。

この記事を読んだ方は、病院に行った時に「あ、この人は臨床検査技師かな?」

って感じで親近感を持って貰えたら嬉しいです!

【まとめ】現役の技師が教える!臨床検査技師について知っておくべき事!
どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師です。 今回は「臨床検査技師」について、色んな角度からまとめてみました! 臨床検査技師に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。 特に「学生」や...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】