【ベランダ】ペンキの塗り方(DIY)!「サビキラー」がポイント!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

gahag-0092019633-1

どうも!いっくんです!

「汚いベランダ」を見るのってイヤな気分になりますよね?

私は自分でベランダの「ペンキ塗り」をした事があります!

素人でも「最低限のコスト」で綺麗にすることが出来ました。

今回はベランダを「簡単にペンキ塗りする方法」を書いていきます。

スポンサーリンク

「ベランダ」がとにかく汚かった!

IMG_5520
うちのベランダはとにかく汚かったんですよね・・・笑

ベランダの経年劣化

元々は「白い塗装」がされていたんですけど、塗装はどんどん剥がれ落ちていました・・・

さらに、手すりの下の方にいくにつれてサビが発生してました!

しかもよく見ると・・・コケも生えてる!?

見た瞬間「ヒィィイ!」って感じですよ笑

経年劣化を通り越してもはや「寿命」って感じでした。

そんなベランダなので見るたびに気分悪いし、家の中でも嫌いな場所になってましたね。

業者は金がかかる

「ベランダを少しでも綺麗に出来ないかな?」

って思ったので、ベランダの塗装を検討しました!

でもネットで調べると「業者」に頼むと余裕で10万するんですよね。

そんなお金をベランダに割くのは勿体無いし。

でも、かといって自分で塗るのも面倒くさそうだし・・・笑

結局は、悩み抜いた末に自分で塗る事にしました!

スポンサーリンク

ペンキを塗る前の「サビ落とし」につまずく?

gahag-0107542818-1

ペンキを塗る時には、基本的な流れがあります!

「サビ落とし→サビ止め→ペンキ下塗り→本塗り」って感じでね!

サビ落としは素人には大変

一番最初の工程の「サビ落とし」がマジで大変な作業です!

イメージとしては・・・

目の粗い「紙ヤスリ」でベランダの手すり全体をこする作業になります!

一見すると簡単に聞こえますけど、サビなんて手すりの裏側にもあるし・・・

サビをちゃんと擦り落とすには信じられない「時間と労力」がかかります!

私は「サビ取り用」として売られていた「目の粗い専用ヤスリ」で挑戦しましたけど。

いくら頑張ってもサビは取れず、やる気も無くなりました笑

サビ落としを諦めた瞬間

どうにかしてこの工程をクリアできないかと思って・・・

研磨用の電動工具の「ハンドサンダー」まで安く購入しました!

試しに使ったら確かにサビは取れましたけど、これは「騒音が尋常じゃない」んです笑

自宅では「使用不可」な代物でしたねアレは。

なので正直言って「サビ落とし」をちゃんとやるのは、素人にはほぼ不可能です。

私はサビ落としを諦めました!

裏ワザ的存在の「サビキラー」を使う!

裏ワザ的存在の「サビキラー」を使う事になります・・・!

どうにか方法を考える

「サビ落とし」がうまくいかなくて心が折れかかっていた私ですけど・・・

色々と調べてある考えに辿りつきました!

スポンサーリンク

それは「サビ止めは塗るけど、サビ落としはしない!」です!

でも普通なら絶対やっちゃいけない手法なんですけどね笑

何故なら「サビ止め」は、「サビと古い塗装」を剥がさないと塗っちゃダメなんです。

もしサビ落としの工程を無視して進めていくと・・・

「ペンキ」を塗っても綺麗に塗れなくなるんですよ!

サビキラーが救世主

でもネットで色々調べまくってたら、ちょうど良い商品があったんですよ!

それがサビキラー」です!

サビキラー」の場合は、サビ落としをしなくても塗ってOKなんです!

気になる「ちゃんと上からペンキが塗れるのか?」っていう問題に関しても・・・

サビキラー自体が「下塗りの役目」も果たすからペンキも綺麗に塗れます!

サビ落としで挫折しかけてた私に、ちょうどぴったりの商品だったので笑

そっこーで買いましたよ!使い方はまた後で説明します。

ペンキ塗りに「必要な物」は?!

白ペンキ

ペンキは「水性と油性」の両方が売られていますけど・・・!

個人でペンキ塗りする場合は「水性塗料」でOKです!

素人でも扱いやすくてDIY向きですからね!

逆に「油性」のペンキはガチな業者が使うものなので必要ないです!

ハケ

ハケも必須ですね!

「手すりの広い部分」と「狭い部分」を塗るために、違うサイズのものが必要となります!

それを「サビキラーを塗る用、ペンキを塗る用」として使い分けた感じです!

だから私は「大・中・小のハケ」をそれぞれ2セット買いました!

マスカー(これ大事!)

これは汚したくない所に敷くやつです!

画像の緑のところが「粘着テープ」です。

この粘着テープを貼り付けてから、透明なビニールを広げていきます!

ビニールは写真の何倍もの大きさに広がるので・・・!

これでペンキを塗る周りは、汚れないようにがっちりカバー出来るはずです!

ちなみに、水性ペンキは汚しても「すぐに拭けば」取れますけど・・・

一度乾いちゃうとほぼ落とせないのでね!

マスカーを使った方が絶対に良いですよ笑

1日目で「サビキラー」を塗る!

gahag-0077265483-1 (1)

ペンキを塗る流れを簡単に説明していきます!

流れとしては「1日目でサビ止め処理」「2日目でペンキ塗り」って感じになります!

まずは下準備から

まず1日目で「サビキラー」を塗っていきます!

ここでのサビキラー塗りは、2日目のペンキ塗りの予行練習だと思ってやりましょう!

まず最初に、捨ててもいい服に着替えましょう!

絶対に汚れるのが分かってるので、着替えておいた方が無難です!

そして、サビキラー塗りを始める前に「雑巾で水拭き」をして汚れをとりましょう

さすがに汚れまくってる状態で、サビキラーを塗るのは良くないのでね笑

ベランダの床には全面的に「マスカー」をセットして・・・

こぼしても大丈夫な安心感の元で作業スタートします!

サビキラーの出番

サビキラーの缶は、しっかり上下に振ってから開封します!

「上澄み」だけ使うとか絶対NGですからね笑

ハケを使って、手すりの全面を「薄くさらー」っと塗っていきます!

サビキラーはサビに浸透するように、しっかりと膜を作って欲しいのでね。

全体を塗ったら「2、3時間」おいてから「重ね塗り」していきます!

2回目は「厚く」塗っていきます・・・!

ポイントは「手すりの汚れ、剥がれ、ボコボコ」をフラットにしていく感じです!

ボコボコになってるところには、集中的に塗っていきましょう!

ここでしっかり面をフラットに出来ると・・・

翌日のペンキを塗る時はさらーっと塗るだけでいいので楽になりますよ!

そして終了したら、サビキラーを完全に乾燥させます!

一切触れないようにして、翌日まで放置しておきましょうね!

とりあえず1日目はこれで終了です!

2日目で「ペンキ」を塗る!

IMG_5521

2日目になりました・・・!

前日に塗ったサビキラーは乾燥したはずなので、続いてペンキを塗っていきます!

ペンキを塗っていく

ペンキは最低でも「2回」は塗りましょう!

コツとしては、最初は「厚塗り」でボコボコしてるところを無くしていきます!

前日のサビキラーで、手すりは大分フラットにはなっているはずです!

だからスムーズに塗れると思いますよ。

ペンキを1度塗ったら「2、3時間」置きましょう!

2回目は表面が滑らかになるように「薄く」塗っていきます。

ここでのポイントは・・・

とにかく表面が綺麗になるように意識してやる事ですね!

ペンキ塗りは、自分が納得がいく綺麗さになったら終了です。

乾燥したら完成

完全に乾くまでは一切触れない様にしましょう!

晴れてないと1日じゃ完全に乾かない可能性もあるのでね。

不安な方は2日は置いておけば、使用しても大丈夫だと思いますよ!

そして完成したのが上の写真です。

最初に比べて、手すりがかなり綺麗になったのが分かると思います!

あと、汚かった床の部分には「人工芝」も敷いてみました

あれだけ汚くて嫌だったベランダも、今はストレス無く使えています!

いっくんのまとめ

今回はベランダの塗装を自分でやる方法についてお話ししました。

業者に頼むと「10万円以上」しますけど、セルフでやれば「数千円の材料費」で済みます!

ポイントは「サビキラー」ですね・・・!

これが無いと、個人での塗装は一気に難易度が上がると思います。

「2日間」あれば簡単に出来るのでね、みなさんも自分でやってみましょう。

素人がやっても見違えるほどに綺麗になりますよ!

ちなみに私はこの後、家の「外壁塗装」の剥がれ部分も自分で塗りました

【まとめ】節約のために「屋外やベランダ」を簡単にDIY!
どうも!いっくんです! 今回は、私が実践してきた「屋外の修理・補修」についてまとめました! 業者に頼まずに自分でやった方が、安上がりなのでおすすめですよ。 不器用さに定評のある私でも出来るやり方を紹介してる...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】