家の外壁塗装が剥がれた!DIYでペンキを塗って補修&費用の節約

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

汚い外壁にイライラしている方へ!

古くなって剥がれてきた「家の外壁」を自分で塗る方法をご紹介します。

 

どんな素人が塗っても、確実に綺麗になりますよ!

節約のためにも自分で塗るのが一番ですしね笑

 

スポンサーリンク

外壁のペンキを塗ろうと思い立つまで!

外壁の塗装が剥がれてきた!

上の写真を見てください!

うちの家の外壁なんですけど、ところどころ剥げちゃってますよね?

 

塗膜が剥がれたところはモルタルの灰色が丸見え状態。

かなりみすぼらしい仕上がりになってます笑

いっくん
階段の塗装が剥がれててみっともない!

もともとはツヤを抑えた黄色で塗られてたんですけど。

前回、業者に塗装してもらったのが10年ぐらい前だったので。

 

もう経年劣化でボロボロになってきちゃったんですよね。

 

業者に頼むと費用が高すぎる!

ここは玄関先だから、毎日通る場所だし目にするたびにストレスでした笑

この現状をどうにかするために、ネットで調べてみました!

 

写真を撮って送ってみて、2つの業者に見積もりをとったところ・・・

「安くても十数万はかかる」って言われました笑

 

外壁の一部をキレイにするだけなのに高くないか?!

ちなみに値段が高額な理由はなぜかというと・・・

いっくん
業者って「既に塗装されてる壁への部分塗装」は原則やらないらしい!

 

業者のおっちゃんに理由を聞いてみた!

ちょっと理解できなかったので、業者のおっちゃんにツッコんで聞いてみました。

お客さんが補修して欲しい個所が一部分だけだったとしても・・・

うちらはその周りの塗膜も高圧洗浄機で全部剥がして、必ず下地から塗り直すんですよ!

ってことでした。

 

流れとしては「塗装をすべて高圧洗浄機で剥がす⇒全面を下塗り⇒中塗り⇒本塗り」ってなるそうです笑

 

しかもこの行程って1日じゃ終わらないから・・・

その分の人件費もかさんで値段も高くなるっていう仕組み!

いっくん
理屈は納得できたけど、高いから頼みたくねえ・・・!

悩んだわたしは、自分で塗ることに決めました笑

 

スポンサーリンク

ペンキ塗りに「必要な物」は?!

ここからペンキ塗りに必要なものを揃えていきますよ!

「水性ペンキ」

ペンキは「水性と油性」の両方が売られてますけど・・・

個人でペンキ塗りする場合は「水性塗料」でOKです!

 

素人でも扱いやすくてDIY向きですからね。

逆に「油性」のペンキはガチな業者が使うやつだから必要ないです!

 

ちなみに、うちの外壁の「薄黄色っぽい」ペンキは探すのにけっこー苦労しました笑

色々探した結果「カントリークリーム」っていう、クリーム系の色味だと判明しました!

「ペンキ用のハケ」:サイズは3つ

ハケも必須で、「面積の広い部分」と「狭い部分」を塗るために違うサイズが必要です。

部分塗装だから「大・小」の2本だけで足りました!

「マスカー」:これがないと、めっちゃ汚れます!

マスカーは汚したくない所に敷くやつです!

画像の緑のところが「粘着テープ」で、このテープを貼ってから透明なビニールを広げていきます。

 

ビニールは写真の何倍もの大きさに広がるので、ペンキで周りは汚れないようにがっちりカバー出来るはずです。

 

ちなみに水性ペンキは汚してもすぐ拭けば取れるけど、一度乾いちゃうとほぼ落とせないのでね!

マスカーは絶対に使った方が良いですよ笑

「ペンキの下塗り」ってホントに必要か?!

ペンキの「下塗り」の必要性について!

ペンキを塗る時には、基本的な流れが決まってますよ。

「汚れ落とし→下塗り&中塗り・上塗り」って感じです!

 

ペンキ塗りの下準備で、大事な工程とされるのが「下塗り」です。

下塗りをすることで「下地とペンキが接着する効果を高めてる」んですよね!

 

もし下塗りをせずに、ダイレクトに壁にペンキを塗ると・・・

いっくん
ペンキがなじまずに、塗膜が剥がれやすくなっちゃう?!

 

業者に確認してみた!

一般的にペンキを塗る時には、下塗りの行程は絶対やるべき作業ですよ。

それは間違いないです!

 

でも私はどうしても気になったので・・・

「ぶっちゃけ下塗りしないとどうなるんですか?」って聞いてみました。

 

業者のおっちゃんに「下塗りしないと剥がれるまでのペースは早くなるけど、まあ数年は耐えられるよ」

って言われました笑

つまり下塗りをしっかりやれば「より長持ちする」ってだけの話です。

 

下塗りは省略した!

私のケースは剥げた部分に対しての部分塗装だし・・・

周りの塗装まですべて剥がして、下塗りから始めるのは面倒すぎたのでね。

いっくん
「剥がれたらまた塗装すればいいや!」って考えから、下塗りは省略しました!

もう1度言いますけど、こだわる人はちゃんと古いペンキ塗膜は剥がして下塗りすべきですよ笑

 

もし自分で塗膜を剥がそうと思ってるなら・・・

「粗めのサンドペーパー」などを買って、ゴシゴシ削って塗膜を剥がす感じです。

それから下塗りしてみてください!

 

スポンサーリンク

ペンキを塗る流れを簡単に説明!

まずは準備から!

gahag-0023109307-1

ペンキ塗りの下準備に入りましょう!

まず作業前には捨ててもいい服に着替えておきます。

 

よっぽど器用な人じゃない限り、ペンキが服に付くので笑

私は凄く注意してやってたのに、一瞬の油断でシャツの後ろ側が汚れてしまいました・・・

 

ペンキを塗る部分以外は、マスカーをセットしましょうね。

こぼしても他の部分が汚れない安心感の元で作業をスタートです!

 

汚れはキレイに落としましょう!

まず最初に汚れを落としていきましょう!

どんなにめんどくさくても、いきなりペンキを塗るなんてことはしないでくださいね。

いっくん
下塗りしない私ですけど、さすがにそこだけは守ります笑

 

汚れを落ちやすくするために、外壁にホースで水をかけていきます!

そして「外壁用洗剤か中性洗剤」を薄めて、スポンジでゴシゴシしていきます。

 

これだけで表面の汚れはかなり落ちるはずですよ!

汚れをキレイに洗い落してたら、外壁が完全に乾くのを待ちますよ。

 

ペンキを塗っていきます!

いよいよ、ペンキを塗る流れを簡単に説明していきますね!

 

まず最初に、ペンキの入っている缶を開封します。

上澄みだけ使うとか絶対にNGなのでね、使うたびによく上下に混和しましよう。

 

ちなみに缶のフタってかなり固いです!

普通にツメを引っかけても開かないので、ムリしちゃダメですよ笑

 

マイナスドライバーをフタの隙間に差し込んで「てこの原理」で開けましょう!

そしたらハケを使って塗っていきます!

最初は「厚塗り」にして、塗装が剥がれてるとこを中心に塗っていきます!

 

ちなみに私は塗装が剥がれてないところも、その上から塗っていきましたよ。

全体を塗ったら2、3時間ぐらいおいて、乾いてからまたもう一度重ねて塗ります。

 

1回目の厚塗りで塗装面の段差は無くなってるはずなので・・・2回目は「薄くさらーっ」と塗っていきます。

 

そして3回目は仕上げとしてさらに薄く塗れば、表面はかなり綺麗になりますよ!

これで塗装は終了なので、あとは乾燥させるだけです。

 

乾燥したら完成!

完全に乾くまでは、塗装したところは一切触れないようにしましょうね!

 

天気が晴れじゃないと、1日で完全に乾かない可能性もあるので・・・

不安な方は2日は置いておけば、触れても大丈夫だと思います!

 

自分で外壁塗装してみた感想!

IMG_5574

そして完成したのがこちらです!

塗る前はところどころ剥がれていた外壁でしたけど・・・めちゃくちゃ綺麗になりました笑

 

一番気にしてた「下塗りをしてない点」についてですけど。

もう塗装して2年以上経つけど、表面の塗装は浮き上がることもなくキレイなままです笑

 

階段周りを歩く時もストレスフリーで通り過ぎれるようになりました!

ちなみに、今回の塗装を業者にお願いしていたら「十数万円」かかるはずでしたけど・・・

 

自分でやったから、トータルで5000円ぐらいしかかかってません!

できる事なら自分でやった方が得ですよ笑

いっくんのまとめ

今回は、DIYで外壁塗装をした流れと感想についてでした。

 

もし大掛かりな塗装じゃないなら、DIYでやるのをおすすめしますよ!

 

もちろん業者がやるのに比べれば長持ちはしないでしょうけど・・・

数年後に劣化したら、また塗り直せばいいだけですからね。

 

完璧は求めずに「綺麗になればOK」って思っている方はぜひやってみましょう。

たったの1日でできちゃいますよ!

ちなみに私は家のベランダの塗装も自分でやりました