「屋久島」に高速船で日帰り観光!「白谷雲水峡」を目指す!【鹿児島県】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

gf1940166516m

出典:http://www.wbf.co.jp/kokunai/tokyo/kyushu/special/gf1940166516m.jpg

どうも!いっくんです!

「全国47都道府県」を回った経験のある私が、観光地を正直にレビューしていきます!

今回は鹿児島県で訪れた「屋久島」について!

「もののけ姫の舞台」の屋久島は、日帰りでも楽しめます

今回は「高速船」を使った日帰り観光プランを説明しますね!

スポンサーリンク

屋久島へ「高速船」で移動します!

toppy

出典:http://blog.nzakr.com/yakushima-cost/

屋久島へ「高速船」で移動します・・・!

・移動は飛行機か船!

屋久島に行くには「飛行機か船」を使わないといけません!

私の場合は鹿児島まで車で行っていたので、車は港にある駐車場に止めました。

駐車場の敷地内にチケットを売ってる建物があるので。

そこで「高速船のチケット」をゲットします!

後でまた説明しますが・・・

高速船は「料金と移動時間」が「飛行機とフェリー」のちょうど中間ぐらいなんです笑!

・高速船で屋久島を目指す!

ちなみに、高速船からの「外の景色」は期待しないで下さい!

ほとんど波しか見えませんのでね笑

でもまあ、屋久島に行けると思えばテンションは上がりまくりなはずですから!

「荘厳な屋久杉、もののけ姫の世界観、ガジュマルの木」

・・・それを見れると思うだけでワクワクしますよね!

 

屋久島に到着!島内の移動は「タクシー」で!

cad6e597

出典:http://livedoor.blogimg.jp/yakunoko/imgs/c/a/cad6e597.jpg

屋久島の中での移動は「タクシー」を利用します!

・タクシーを捕まえる!

屋久島に到着しました!

島内での移動は「バス・タクシー・レンタカー」の選択肢がありますが・・・

日帰り観光なので「効率重視」で迷わずタクシーを使いましょう!

運転手から「役に立つ情報」もゲットできますしね!

スポンサーリンク

土地勘のあるタクシーのおっちゃんは、聞かずとも地元の事を色々教えてくれます笑

・白谷雲水峡を目指す!

目的地は「もののけ姫」の舞台である「白谷雲水峡」です!

更にいうと、白谷雲水峡の中の「苔むす森」がベストスポットです!

屋久島に来たのは、もののけ姫の舞台を体感するためといっても過言じゃない笑

ということで、タクシーで「白谷雲水峡」に向かっていきましょう!

「白谷雲水峡」に到着!「もののけ姫」の舞台を満喫!

aflo_ryba000615

出典:http://new-cloudfront.zekkei-japan.jp/images/spots/aflo_RYBA000615.jpg

「白谷雲水峡」の入口に到着しました・・・!

・おすすめの観光スポット!

ここには、もののけ姫の世界観がある「苔むす森」があります!

「苔むす森」までは、往復では4時間ぐらいなので「日帰り観光が可能」です。

それよりも奥に攻め込むと、日帰りは不可能になりますのでご注意を!

ここでの「おすすめのルート」は・・・!

行き:入口から寄り道せずにまっ直ぐ「苔むす森」まで行く!

帰り:「苔むす森」から出発して、途中で迂回して「弥生杉」を見て帰ってくる!

っていう流れです!

・更に奥まで探索したいなら「宿泊」!

もっと奥に進みたい方は、一泊する前提で行きましょう!

実際に行ってみて分かりましたけど・・・

体力的にも「苔むす森」までにしとかないとキツいです笑

ゆっくり観光したいと思っている方に関しては・・・

JALで行く国内旅行で宿泊ツアーに参加した方が間違いないです。

今回の記事は、あくまで「日帰り旅行」を遂行したい人に向けた話です笑

・苔むす森を目指してスタート!

苔むす森を目指して出発します!

まずは入り口付近の橋を渡って、そこからはハイキングコースの様なとこを進んでいきます。

ちなみに出発して最初の方はそんなに景色は綺麗じゃないです笑

でも奥に進めば進む程・・・

整備されてない自然な地形になってきて、それに比例して屋久島の自然が強くなってきます。

地面に「苔」が生い茂る様なところまで歩いてきて・・・

写真を撮ろうと思ってハッと周りを見渡すと。

今自分が恐ろしいくらい綺麗な森の中にいて驚きます!

登山と一緒で、歩いてると結構しんどいし楽しくはないんですけど・・・

一旦立ち止まって「自然を感じる」と癒されます

・途中から山登りになる!

img_6611-thumbnail2

出典:http://yakushimahitoritabi.seesaa.net/article/421719948.html

さらに進んでいくと、それまでのハイキングから一転して、完全に山登りになってきます。

山登りの付近までくると、自然が作り出した面白いスポットがいくつかありました!

例えば、こんな感じの場所とかね・・・!

他にも2つくらいインパクトあるのがありましたよ!

私はこういう「人工的じゃない不思議なもの」に凄く惹かれます。

・もののけ姫の舞台に到達!


e0220604_21533691

出典:https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/06/65/25/23/caption.jpg

そしてスタートしてから2時間はかからずに、ついに「もののけ姫の舞台」に到達します!

どうでしょうか・・・?

「岩や土」の上全体に「鮮やかな緑色の苔」が生えていますよね。

私は屋久島でこれを観るまで、「苔」が美しいと感じた事はありませんでした。

スポンサーリンク

でもこうやって、森の中全体に苔が広がってるとマジで綺麗なんですよね!

「苔があればあるほど、岩や地面が綺麗に見える」

っていう「不思議な世界」でした!

・オッコトヌシを発見!

e0220604_212789

出典:http://sunnynao.exblog.jp/19362926/

ちなみに、この木が「イノシシの顔」に見えるんですって!

もののけ姫の「オッコトヌシ」の事みたいです笑

まあ、言われてみれば確かに似てますよね!

苔むす森の景色は凄く綺麗でした・・・

もののけ姫の世界観と、この自然美を掛けあわせるセンス。

やっぱり「ジブリ」は凄い・・・!

「苔むす森」を堪能したら、後はまた最初の入口を目指して戻っていく感じです!

・屋久杉はそこらへんに生えてる?

あと忘れちゃいけないのが「屋久杉」ですね!

もはや「苔むす森」の方の感動がデカくて、屋久杉には思い入れがないんです笑

タクシーのおっちゃんから、屋久杉について「雑な説明」を受けたのも影響してますけど笑

ちなみに私が聞いた内容はこんな感じでした・・・

「観光客はみんな屋久杉が見たいっていうけど、別にあれは珍しくもなんともないんだよ。

樹齢1000年超えてるのはみんな屋久杉だから。

ほら、そこらへんにあるデカい木はみんな屋久杉だよー」ってね。

こんな事言われちゃったから、自分の中で「屋久杉の価値」が激しく低下・・・!

それで屋久杉への感動が薄くなってしまったワケです笑

・弥生杉からは特別な力を感じた!

yayoisugi

出典:http://www.yakushima-info.com/yakushima/shirataniunsuikyo/img/yayoisugi.jpg

でも、帰りがけに「弥生杉」を見た時には感動しましたよ・・・!

「弥生杉」っていうのは、屋久杉の中でも「樹齢3000年」のものなんですよ!

さすがにこの木からは、他とは違う威圧感が感じられました!

という感じで・・・

往復4時間にわたる「屋久杉&苔むす森観光」でした!

屋久島名物「トビウオ」の刺身定食を食べてみた!

20110401144841568

出典:http://blog-imgs-32.fc2.com/d/t/1/dt125kazuo/20110401144841568.jpg

屋久島の名産らしいトビウオ・・・

土産物屋でもやたらと名物扱いされてたので、超気になってました。

「一体どんな味なんだろう?」

魚屋で流通してないって事は、やっぱ美味しくないのかな?

って色々考えてみたり笑

お昼を食べるのは「白谷雲水峡」から戻ってきてからって決めてたので・・・

タクシーで市街地に戻ってから、昼ご飯を食べる場所を探していました!

その時に通りがかった定食屋で「トビウオ定食」なるものを発見!

値段は「1000円オーバー」だけど、ここでしか体験出来ないものは食べないとね笑!

注文して待っていると・・・トビウオの「お頭付き」で刺身が盛られてきました!

初のトビウオなので、とにかく味が気になる!

・あっさりした淡泊な味!

「わさび醤油」でいただきます!

食べてみると、身はしっかり弾力がある感じです。

味に関しては・・・まあまあ美味しいんだけど、すげーさっぱり

例えるなら「脂が全然乗ってないアジ」って感じかな?!

たぶんこれがベストな表現だと思います笑!

あとは「調理の仕方」なのか、そもそもトビウオがそういうものかは分かりませんが・・・

小骨がかなり気になる刺身でした笑

でも「経験値」として食べるのは全然アリです!

屋久島では「人の優しさ」を感じる!

白谷雲水峡まで送ってもらった「タクシーのおっちゃん」と、実はこんなやり取りがありました!

<おっちゃん>

「帰りは何時頃になる?メーター使わずに迎えにきてあげるから、待ち合わせしよ!」

って言ってきてくれたので・・・

最初はちょっと怪しんだんですけど、お願いする事にしました!

もしメーター回してここまで来たらコロす!」って思ってたけど・・・

おっちゃんはウソはつきませんでした笑

ホントに親切で、終始優しい人でした。

日帰り観光に挑んでいる私の「タイムリミット」を気にしつつ観光してくれてました。

肝心の「タクシー代」も、ほぼ半日チャーターしてたのにめっちゃ安かったし!

疑ってごめんなさい、屋久島のおっちゃん。

屋久島の地元民はもちろん、観光客もみんな穏やかで優しい雰囲気の人ばかりでしたね。

「屋久島」の情報!

白谷雲水峡

住所は「鹿児島県熊毛郡屋久島町」です!

<アクセス>

屋久島まで行く方法は「船」か「飛行機」の2通りです!

私が選んだのは「高速船のトッピー」です!

その理由を説明します・・・!

「飛行機」

飛行機は移動時間はダントツで短いけど「往復で2万~3万円」もします!

弾丸旅行と言っても、移動に出来るだけお金は使いたくないので却下

そして船ですが・・・「フェリー」と「高速船」の2種類があります!

「フェリー」

フェリーは「往復で8900円」と、値段は安くて魅力的ですが・・・

「片道移動で4時間」もかかって「日帰り観光がキツくなる」ので却下!

「高速船」

そして「高速船」ですが、これは「お金と時間」のバランスがちょうどいいんです!

私は「高速船のトッピー」を使って、片道2時間ぐらいで「往復料金は15000円」でした!

なので、私は高速船をオススメします!

もちろん、お金が勿体なくない方は「飛行機」を選択したら間違いないです笑

<営業時間・入場料など>

<営業時間>

白谷雲水峡への観光は、基本的には自由です!

※荒天時には規制が出てくるとは思います。

<入場料>

白谷雲水峡への入山は「無料」です!

ちなみに、係りの人が「募金」を求めてくるかもしれませんけど、これは強制じゃないです!

まあ、みんな200~300円ぐらい払ってましたけど笑

いっくんのまとめ
今回は鹿児島県の「屋久島」に行ってきた感想でした!

たった1日しか時間が無かったとしても、日帰りでもこれだけ満喫できます!

誰もが憧れる「もののけ姫」の世界観を体感できるスポットなので・・・!

屋久島は人生で一度は行ってみる価値ありますよ!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】