IKEAの布で「フラットカーテン」を作る!押入れや収納の目隠しに!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

どうも!いっくんです!

「フラットカーテン」を自分で作りたい方へ。

IKEAで売ってるオシャレな生地を使って手作りしてみましょう!

自作だと安い値段で「柄と長さ」を選べておすすめです。

思ってるよりも簡単に作れますよ!

スポンサーリンク

「カーテン生地」を求めてIKEAに行ってみました!

「フラットカーテン」を作ろうと思ったきっかけ!

古い家の「押入れや収納」って、けっこーダサいんですよね笑

私はその部分を、いっそ目隠ししてやろうと思い立ちました!

色々と検討した結果、「フラットカーテン」がちょうど良さそうだったんです。

「押入れ・収納」に使うワケだから、市販のやつだとサイズが合わないし。

かといって、オーダーするのは値段が高い!

そんな状況に悩んだアラサー男が出した答えは・・・

IKEAの「カーテン生地」を買って自作するってことでした笑

IKEAを選んだ理由は?

ちなみに私がIKEAにした理由ですけど。

ネットで調べると「生地を販売してるお店」ってたくさんあるんですよ。

でもどれもクソみたいに高いんですよね笑

「なんでこの商品がこんな高いの・・・?」ってなります。

しかも現物を見て選べるワケじゃないから、あまりにもリスキー過ぎる。

スポンサーリンク

だから生地は自分の目で見て、直接買いたいと思ったんです!

調べていくと、IKEAの生地はオシャレだし格安だって事に気付きました。

そしてIKEAで買う事にしたんです!

IKEAにカーテン生地を買いに行ってみた!

カーテン生地を求めて、東京立川市にある「IKEA」まで車で行ってきましたよ。

お店の中はもうめちゃくちゃ広くて驚きました!

入口から出口まで、真っ直ぐ進んでも20分くらいかかるレベルです笑

これ冗談じゃないですからね?

直線距離が長すぎて広大だから、ゆっくり回ってたら余裕で半日かかりますよ!

生地のコーナーに行ってみた

私はとにかく生地が欲しいだけだったので。

真っ直ぐ「生地コーナー」まで進みましたよ!

着いてみるとそこには「ロール状に巻かれた生地」がたくさん並べられていました。

思わず「海外か!」って思っちゃうぐらいな状態です。

ロール状の生地の脇には値札があって、そこには「1m単位の値段」が書かれてます。

生地のセルフカットに少し戸惑う!

IKEAでは生地を「セルフカット」するシステムなんですよね。

生地は「シンプルで安いやつ」をすぐに選べましたよ!

あとはカットしていくだけなんですけど。

「よし、それじゃあカットするか・・・!」っとはなりませんでした笑

だって初めてだし、失敗したら怖いしね。

他の人のやり方を見るまでは、なかなか出来ませんでした笑

生地コーナーには大きな作業台があって・・・

スポンサーリンク

その上には「メジャー」「裁断機」「鉛筆」が置かれてました!

店員さんを呼べば、やり方は教えてくれるけど手伝ってくれませんので。

「あとはご自身でやってください」って言われて終わりでした笑

カットする時の流れ!

カットの流れはこんな感じです・・・!

1.ロール状の生地を引っ張り出す。

2.必要な長さをメジャーで測る!

3.鉛筆で生地の裏に真っ直ぐラインを引く。

4.書いたラインに裁断機の刃の部分を合わせて、レバーを押し込む!

って感じですね。

裁断機はイメージよりも「切れ味がいい」ので、スパッと切れますよ!

私は途中でしわが寄って、少しだけいびつになったけど・・・笑

ちゃんと長めに切ってたから問題はなし!

あとは切った布をカゴに入れて、お会計するシステムです。

なんとか無事に切り終えて、お会計をして帰りました!

カットする時のポイント!

スタッフさんも言っていた、セルフカットの最大のポイントは・・・

失敗してもいいように「長めに」切ることですね笑

どうせ家に帰ってから、また「サイズ」や「ほつれ」を修正しますしね。

家に帰って「フラットカーテン」を作っていきます!

手間をかけずにシンプルに!

IKEAで自分が好きな系統の生地を買えたのでね。

あとはそれを使って、シンプルな「フラットカーテン」を作っていきます。

フラットカーテンは作るのも簡単です。

生地の端っこだけは折り返して縫って、パッと見は綺麗な感じに作っていきます。

生地を更にハサミで切って、綺麗にしていきます!

カーテンで必要な長さは、もちろん事前に採寸してあります。

そうじゃないと生地を買えませんしね笑

私の押入れの採寸は「横幅:119cm 縦幅:177cm」でした!

そしてここに「縫い代」も入れないといけません。

私は縦横の縫い代は「8㎝」にしたので・・・

それをプラスして、生地は「横幅:127cm 縦幅:185cm」に微調整しますよ!

買ってきた生地を床に広げて、メジャーを使って裏面にラインを引きました。

あとは普通にハサミでカットしていくだけです!

端を折り返して「祭り縫い」する!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

「3つ折り」してから祭り縫いすべし!

「ペラッペラの1枚生地」のままだと、端っこが締まりがなく見えるので・・・!

私は生地の端を3つ折りにして「祭り縫い」することにしました!

縫い代の分として、縦横「8cm」は余分サイズは確保してあるので。

てか「祭り縫い」ってめっちゃ懐かしいですよね笑?

私も中学の家庭科ぶりで、完全にやり方を忘れてたので「You Tube」で復習しました。

ちょっと不安でしたけど、大人になってやると昔よりも簡単に縫えますよ!

むしろ縫う作業より、最初「針に糸を通す」のに手こずりました

ポイントは?

縫う時のポイントは「細部にあんまりこだわらないこと」ですかね。

縫い目を細かくしようと頑張ると、時間は無限にかかります笑

「どうせ押入れや収納用のカーテンだし」って割り切って縫う方が良いと思います。

普通はみんな「カーテンの柄」しか見ないですからね。

カーテン裏の縫い目なんて、そこまで気にしなくていいですよ!

「突っ張り棒と、金具」を付けてでき上がり!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

あとは仕上げの段階ですね。

出来上がったカーテンに、金具を付けて突っ張り棒を通すだけです。

ちなみに写真の「突っ張り棒」は家にあったのを使って、「金具」は100均で購入しました!

オシャレな100均で有名な「SERIA」で買いましたよ笑

このフラットカーテンは、IKEAで生地を買った当日に完成しました。

これのおかげで、押入れの雰囲気は一気に明るくなりました!

こんな感じのクオリティーでOKなら、初心者でも作れるはずですよ。

いっくんのまとめ

今回は、IKEAで買った生地で「手作りのフラットカーテン」を作った話でした!

ちなみにコレ、作ったの一カ所だけじゃないですからね笑

IKEAで生地を買って自作したことで、値段はめっちゃ安く済みましたよ!

自作の一番のメリットは「求めてる柄とサイズをピッタリで作れる!」って事です。

特に「長さ」は微調節しながら出来るのでね。

素人が1日で作れちゃう安上がりなカーテンなので、おすすめですよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】