手術後は「めまいやふらつき、吐き気」があってリハビリも過酷だった。

gahag-0117472556-1

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私はかつて交通事故で「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の手術をしました。

 

「三半規管」と「小脳」にダメージを負ったことで。

しばらくは「回転性のめまい」「平衡感覚の異常(ふらつき)」「吐き気」があって大変でした!

 

今回は、当時の様子をリアルに説明していきますね!

 

スポンサーリンク

「回転性のめまい」や「平衡感覚の異常(ふらつき)」とは?!

回転性の「めまい」の原因は?

私はかつて交通事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術」を受けました。

 

手術後は「回転するような激しいめまい」に苦しみましたよ。

 

私は右側頭部を地面に打ち付けたことで、右耳の奥にある「三半規管」にもダメージがあったとのこと。

3つの半円形の管で「かたつむり」みたいな特徴的な形をした器官です。

 

平衡感覚に関わってて、ここがやられると「回転性のめまい」が起こります!

 

平衡感覚の異常について!

健常な人は、普通にまっすぐ立つことが出来ますよね?

これは運動機能(特に平衡感覚)を司る「小脳」が正常に働いているからです。

 

私が事故に遭って開頭手術をした理由は・・・

頭蓋骨の内側にできた血腫が、小脳を圧迫してたんですよ。

 

手術をして血腫は綺麗に取り去ってますけど。

脳が圧迫されて少なからずダメージ受けたので、障害が残る可能性があったワケです。

 

そして小脳のダメージによって、見事に平衡感覚が狂いました。

いっくん
2年間ほどリハビリ生活に苦しめられることになりました笑

スポンサーリンク

めまいが酷かった時期!

常に「目が回っている」感覚!

手術した直後から、常に目が回って気持ち悪い状態が続きました。

 

体はまっすぐなのに、目を開けているだけで「ぐるぐる回転」してるような感覚。

メリーゴーランドに乗って気持ち悪くなった時みたいなね。

 

程度としてはもっと酷いやつです笑

症状が酷い時は「とにかく目を閉じる」っていうのが当時の対処法でした。

 

首を動かすだけで吐いちゃう?

首をちょっと横に動かすだけで、めまい感は増幅しました!

 

これが耐えられないぐらい気持ち悪かったです。

手術して間もない頃は、吐きまくってましたよ笑

 

今この気持ち悪さは再現しようと思ったら・・・

「オフィスチェアに座った状態で、誰かに高速で回転させてもらう感じ」ですね笑

 

私の場合は「めまい」は一過性のもので、時間の経過と共に回復していきました。

 

スポンサーリンク

平衡感覚が狂っていた時期!

支えが無いとそっこーで倒れる?!

手術してから時間が経つにつれて、めまいは少しずつ落ち着いてきました。

そして「立つ・歩く」といったリハビリがスタートするんですけど・・・

 

どこかを掴んでいないと、身体が傾いてあっという間に倒れます笑

小脳のダメージのせいで、自然と「体が右に傾く」ようになっていたんですね。

 

身体が右側に倒れるから、意識して左に寄せる!

まっすぐ進もうとしてるのに、身体は右側に進んでいく・・・!

それが続くと、自分もその状態に合わせるようになってくるんですよね。

いっくん
どうせ右側に寄るのが分かってるから・・・左に寄せて歩く!

そうすると、結果として真っ直ぐ歩けてるみたいな感じです笑

まあこんな感じで、私の中学時代は完全にリハビリに奪われました。

 

いつかは必ず良くなるので、リハビリを諦めないで!

gahag-0103142553-1

今ではスポーツも普通にできる!

退院してからも、リハビリのためにアホみたいに歩き回ってました。

平衡感覚がある程度戻って、スポーツが出来るまでになるのは2年以上かかりました。

 

普通の人に比べたら「バランス能力」は圧倒的に低いままです!

だけど「スケボー」や「スキー」みたいに、バランス系の遊びもチャレンジしてきました。

 

限界を攻めていくことで、さらに良くなっていくのを実感してるのでね。

いっくん
今となっては、スポーツは人並み以上にできます笑

 

自暴自棄になっても、リハビリは続けて!

こんなに回復するとは、事故の後は想像も出来ませんでした・・・

毎日が鬱屈した気持ちで満たされていましたからね笑

 

考えることは、ホントにろくでもない内容ばかり。

まあ当時はそうなっても仕方なかった気がしますけど。

 

身体に大きな異常があって、それが今後改善するか分からないっていう状況になれば・・・

きっと誰でも自暴自棄になります。

 

でもポイントなのは・・・!

それでも絶対にリハビリだけは続けるべきって事ですね。

 

どんなにイヤな事があっても、リハビリを続けてれば長い時間をかけて良くなります!

 

 

いっくんのまとめ

今回は、開頭手術後の「狂った平衡感覚」や「めまい」の過酷さをお話ししました!

 

誰だって手術の後は余裕もゼロだし、自暴自棄にもなります。

 

もし私があの当時、努力をやめてずっとベッドで横になって過ごしていたら・・・

未だにその生活スタイルのままだったかもしれません!

 

でも周りが引くぐらいリハビリを頑張ったので、今では普通に過ごせてますよ。

努力と時間の経過で、復活するケースもあると知ってもらいたいです。

急性硬膜外血腫・脳挫傷で開頭手術後の症状について【まとめ】

2017.04.28

 

【開頭手術後の苦痛まとめ】