偏差値45以下の高校を卒業した生徒、その後の人生を2パターンで考察!

gahag-0019902996-1

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は学生時代「塾講師のバイト」をしていました。

そこで偏差値45以下の高校生達の「タイプが2極化」してることに気付きました!

 

今回は、高校偏差値45以下の学生を2パターンに分けて、高校卒業後の生活まで考察していきますね。

 

スポンサーリンク

「偏差値45」で高校を区切った理由は?

学力の大きな壁は「偏差値45」にある!

私は学生時代に塾講師のバイトをしていました。

 

対象は中学生~高校生まで幅広くって感じでしたよ!

まず最初に、あえて偏差値45以下って区切った理由を説明しますね。

 

偏差値46以上の学生達って、やる気があれば偏差値50以上にすぐ上がれるんです。

それは紛れもない事実で、高校で努力して一流どころの大学へ進学できる子も普通にいます。

 

でもそれに対して・・・

いっくん
偏差値45以下になると、同じように頑張っても成果が出ない人が急増してきます。

これはあくまで私が実際に感じた中での経験論ですけどね。

 

この現象を「才能」や「頭の良し悪し」っていう言葉で片付けるつもりはないけど・・・

確かに壁が存在するのを実感できるんですよね! だからあえて偏差値45で区切ったワケです。

 

偏差値45以下では「授業のレベル」が全然違う!

実際に偏差値45以下の学校って「授業のレベル」が格段に落ちます!

 

分かりやすいのは、高校入学してすぐの「英語や数学」の授業。

ふつーに偏差値50以上の学校に通ってる人には、まったく知らない世界だと思いますけど・・・

 

「中学2~3年ぐらいの復習」から授業がスタートするんですよ。

なぜなら偏差値45以下は、中学2年生ぐらいの内容から取りこぼしてるから。

 

さらに極端な「底辺高校クラス(偏差値40未満)」の話をすると・・・!

数学で「分数の掛け算」、英語で中学1年レベルの「英単語」とかね笑

 

ちょっと信じられないような内容になるけど、決して珍しくないです。

 

スポンサーリンク

「偏差値45以下の高校」の学生は2パターンに分かれる!

今言ったポイントを踏まえて、本題に入りますけど・・・!

偏差値45以下の高校での学生には大きく分けて「2パターン」います。

①「ヤンキー&ギャルの学生」

②「マジメ系&普通っぽい学生」

って感じですね。

 

実は問題となってくるのが②の「マジメ系&普通っぽい学生」のパターンです・・・!

では、それぞれの「特徴」や高校卒業後の「人生イメージ」を説明していきますね。

 

①「ヤンキー&ギャル」その後の人生まで!

学生時代は遊びメインで、授業態度悪し!

どこの高校にも一定数いる「ヤンキー&ギャル」っぽい学生達・・・

偏差値45以下の高校には、もちろんたくさんいますよね。

 

イメージ通り「勉強が嫌い&出来ない」って感じです。

見た目からして派手で、遊びには気合いを入れてるタイプの学生達ですね!

 

頭が悪いワケでは無い?

塾講師をしていて思ったのが。

決して「自頭が悪いワケじゃない」って感じるケースが多かったです!

 

学ぶべき内容は「小学校高学年ぐらい」から少しずつ取りこぼしてきてる感じですけど・・・

いっくん
ただ単純に勉強やってきてないだけだな!

そう感じはするけど、勉強したらなんとかなる子も多かったです。

 

「別に成績に興味もないし、友達と遊びたい」って過ごしてきたパターンなのでね笑

勉強なんかどうでもいいスタイルでやってれば、学力が低いのは当然です。

 

むしろ学業以外に発揮してる力を、勉強に向けたら急激に伸びる可能性だってある!

 

コミュ力の高さが最大の武器

男女共に言える事ですけど・・・

遊んでてチャラい感じの人ほど、話が面白いしフットワークが軽い人達が多いですよね。

 

純粋に「コミュニケーション能力」が高いんですよ。

高校時代は遊びまくって、学校内では反社会的なスタイルでも・・・

 

高校を卒業後は、そのコミュ力を武器にして仕事に就けます!

 

仕事には就いて、普通に働いていける

私の周りで底辺高校でかなりヤンチャな過ごし方をしていたタイプは・・・

アラサーになった今現在、かなり逞しく生きている人が多いです!

 

まあブルーカラー寄りの仕事に就く人が多いですけどね。

それでも勤め上げられるだけのポテンシャルがあるんですよ。

 

「中小企業の営業、飲食、土木作業、トラック、引越し業」などなど。

基本体力が必要だったりして、過酷な仕事です!

 

でもそんな仕事をやり通せるだけの「コミュ力」や「メンタル」があるんですよ。

 

その将来は意外にも安定的?

つまり、高校時代はちょっとおバカな感じで荒れた生活を送っていたとしても。

ベースになる「能力やコミュ力」はあるから、高校卒業後もなんとかなるんです。

 

そして結婚して子供を育てつつ、仲間と楽しく生きていくっていうパターン。

高校時代の知識の少なさや、見た目の派手さは別に関係ないんですよ。

 

しっかり社会生活を送っていけます!

いっくん
これが偏差値45以下の「ヤンキー&ギャル」のその後です。

 

スポンサーリンク

②「マジメ系&普通っぽい学生」その後の人生まで!

授業態度もマジメで、大人しい学生達

偏差値45以下の高校でも、見た感じからしてマジメな人が一定数います。

授業も普通に受けて、ノートもしっかり取ってるような学生達です。

 

一般的に見れば、ヤンキーの学生よりも期待感は高いはずです!

 

授業態度が悪くて反抗的な学生に比べれば・・・

大人しくて言う事を聞く学生は、はるかに有望に感じますもんね。

いっくん
大きな「落とし穴」がある事にみんな気付いていません。

マジメな生徒の方がむしろ問題?!

もう一度よく考えてみて下さい。

偏差値45以下の高校に「不真面目で不勉強な生徒」がいるのは自然なことです。

 

でもその中に、しっかり授業を受けて、テスト前には勉強をする生徒がいる・・・

それって実はけっこーヤバいことなんですよ!

 

マジメなのに勉強できない事実がヤバい

マジメなのに勉強できない生徒が問題なんです!

授業を受けるスタンスは「偏差値50くらいの学生」と変わらないんですよ。

 

「テスト前には勉強しなきゃ!」って焦る感覚も持ち合わせてるし・・・

テストの点数が低いと落ち込んだりもするしね。

 

そんなごく普通の感覚を持ちながら、偏差値45以下にいるのが問題なんです。

 

私は塾講師をしてる時に、この事実に気付いてハッとしました・・・!

いっくん
彼らはもう実力を出してるんです!

それってつまりは、これ以上の「伸びしろ」がほぼ見込めないって事です。

「恐ろしいぐらいに要領が悪い」か「ホントに自頭が悪いか」って話になってきます。

 

「マジメ系」生徒の将来がヤバい?!

高校卒業後はどういう進路を辿るのか?

では本題ですけど・・・偏差値が低いマジメ系の学生が、将来どうなるかを考えていきましょう。

 

彼らは「主流に合わせよう」とする感覚を持っているのでね。

卒業後の進路は、同年代の子達と同じように進もうとします。

 

偏差値40ぐらいの子でも、高校時代に勉強に目覚めてそこそこの大学に入っていく子も確かにいます。

でもそれって全体から見ればやっぱりレアなケースなのでね。

 

もし卒業生の進学率が30~40%ぐらいのところであれば、ほとんどの学生はムリなく妥当なラインを進んでいきます。

 

そして入学のハードルが低い「Fランクの大学」だったり・・・

自分がなんとなく興味が持てそうな「専門学校」や「短大」へと進学していきます!

 

進学は「Fラン大学」か「専門・短大」がメイン!

一概には言えませんけど・・・

偏差値45以下の場合、高校卒業後に就職する学生が半分。

そして進学するなら「Fラン大学」か「専門・短大」がメインになってきます。

 

Fラン大学っていうのは、大学偏差値が「ボーダーフリー(誰でも入れる)~偏差値45」くらいだと仮定しましょう!

Fラン大学、専門学校や短大も入学するためのハードルは低いです。

 

そして高校卒業後は、それぞれの進路先で学生生活を過ごしていきます。

 

大学で進学してから、やる気に目覚めて猛烈に努力し始める人も少数います・・・!

私の知り合いでもFラン大学卒で、今は国立大学の講師をやってる人もいます。

 

そういった人達には明るい未来が待っているはずですが・・・さっきと同じでそんなのはレアケースです!

 

Fラン大学に限らず、日本の学生のほとんどは大学に入ってからそんなに勉強しないの多数なのでね笑

いっくん
Fラン大学入学後も、高校時代と変わらないスタンスで生活するはずです!

社会に出てからがヤバい!

卒業して社会に出てからが、本当に大変になってきます!

 

まず最初に説明した元ヤンキーみたいに、体力やコミュ力でやり切る仕事は向いていません。

かといって・・・自分達よりも優秀な人達(高校時代の偏差値50以上)と、同じ土俵で働くのも厳しいんです!

 

持ち前のマジメさはあるので、本人は頑張ろうとは思うでしょうけど。

これまで培ってきた「基礎的な能力」が圧倒的に違うからです。

 

周りとの基礎力の差が歴然!

偏差値45以下の人達の現在までを思い出してみてください・・・!

 

「中学卒業」→「偏差値45以下の高校」→「Fラン大学(専門・短大含む)」って感じで進んできていて。

これまでも普通にマジメに過ごしてはいるんですよ!

 

でもめっちゃ酷な話ですけど・・・

彼らが社会に出て普通に頑張ったとしても、厳しい社会の環境では通用しないんですよ。

 

なぜならば、もっと高いレベルで努力してきた人達がたくさんいるからです。

 

リタイアしていく可能性がある!

最初は社会人としてマジメに頑張るつもりだった彼らも・・・

だんだんと限界を感じて「ドロップアウト」していく可能性があります。

 

「脱サラ」→「フリーター」へと移行して、アンダーグラウンドな世界に入っていく。

こんな負のスパイラルに取り込まれます

 

私の知人・友人は、まさしくそのパターンになってます。

 

「飛躍した発想で、偏見に満ちてる!」って思うかもしれませんけど。

今の流れをすべて否定することはできないとも思います。

 

つまり何が言いたいかというと。

私から見た偏差値の低い学生達においては・・・

チャラいタイプよりも、マジメで地道に努力してる子の方が不安ってことです

 

だからそうならないように、早めに自覚して努力しまくって欲しいです。

高校在学中か、高校卒業後の進路で・・・できるだけ勉強して、挽回していってくれると嬉しいですね!

 

いっくんのまとめ

今回は、「偏差値45以下の高校」を卒業した後の学生についてでした。

 

一般的にはヤンキーの学生の方が、将来を不安視されると思います。

でも私は「マジメ系の学生」こそマジで不安です!

 

これだけ厳しい社会に出たら、大変な目に遭うことが容易にイメージできます。

 

だから勉強はもちろん、色んな経験を積んでスキルを伸ばして・・・

今後の社会を生き抜いていって欲しいと思います!