恩師への連絡(近況報告)は手紙やメールより、電話が一番だと思う。

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

みなさんには「恩師」っていますか?

私には高校時代にお世話になった恩師がいます!

 

私は高校を卒業してからは、半年に1回は必ず電話をしています!

恩師への定期的な連絡はおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

あなたにとっての恩師とは?

そもそも恩師って?

私には高校時代の「恩師」がいます。

高校側とトラブルになった時に、進退をかけて助けてくれた先生です。

 

恩師って聞くと、ちょっと暑苦しいイメージがしますけど笑

 

そもそも恩師が何なのかも謎ですよね?

「面倒を見てくれた担任の先生」

「部活動を担当していた顧問の先生」

でも実際には、明確な決まりなんかないんですって!

教えを受けて、恩を感じている先生が恩師となるんですよ。

 

たくさんの教師の中で、恩師は1人いるかどうか

gahag-0052678092-1-1

まあそうは言っても、簡単に使える言葉じゃないですからね。

「恩師なんて思える先生、全くいないんだけど!」って言う人の方が多いでしょうし。

 

学生時代に「この先生めっちゃ良い人!」って思える先生っていますよね?

どの生徒からも好かれてるような優しい先生とか。

そういう先生に相談に乗ってもらった経験ってみんな一度はあると思います!

 

でも今あらためて振り返ってみて・・・

その先生を「恩師」とは言いませんよね?

そうなんですよ。ちょっとやそっとのエピソードじゃ、恩師とは呼べないんです。

 

恩師の存在を、ハッキリ認識してる人もいる

でも中には「自分には恩師がいる」ってハッキリ言える人もいます。

「中3の時の担任が私の恩師!」

「高校時代の部活の顧問は恩師だと思ってる」

こういうのって、マジで貴重な事だと思います。

 

恩師と思えるぐらいに「深い人間関係」ができてたって自覚してるんですから!

 

スポンサーリンク

恩師に対して「感謝を忘れない」のが大事!

恩師には感謝を伝え続けたい

私は恩師に対してだけは、感謝の気持ちを忘れずにいたいと思っています。

だって普通の教師とは違って、恩を感じるぐらいの事をしてくれた人なんですから!

 

ちなみに、私の恩師はかつてこんな話をしていました・・・

「長年教師をやってて、いまだに昔の教え子から連絡が来るのが嬉しいんだよ」ってね。

 

私は高校3年生の時にそれを聞いたのでね。

いっくん
あ、じゃあ自分も将来そうしよう!

半年に1回のペースで連絡を取ってる

そして私は高校を卒業してから・・・

半年に1回のペースで連絡を取っています。私の恩師は電話をすると毎回めっちゃ喜んでくれます笑

 

年2回は多いと思う人もいるかもしれませんけど。

でも実際やってみると、これ位のペースがちょうどいいですよ!

 

ちなみに私はいつも恩師の自宅に電話してます。

そして恩師が不在の時には、電話に出た「奥さん」と世間話をしたりもします笑

 

奥さんとは一度も会ったこと無いですけど・・・私の話は聞いてるとのことで、違和感なく話せます。

いっくん
高校卒業してからだから、もう10年続けてます笑

「近況報告」と「恩師の体調のチェック」がメイン

私が年に2回ぐらい恩師に連絡をして、何を話しているのか?

 

まずは自分の「近況報告」をしますし。

恩師の近況も聞いて、一番気になる「体調の変化」を確認したりしてます!

 

恩師はもう「お爺ちゃん」なのでね、体調だけは凄く気になるんですよ。

 

たまには「感謝の気持ち」を改めて伝えることもあります笑

ちなみに都合が合う時には会って食事したりもしますよ。

 

スポンサーリンク

「1年に1度」でいいから連絡してみましょう!

gahag-0009434604-1

恩師が元気なうちに連絡しましょう

みんな誰しも「恩師」に感謝の気持ちを持ってるけど・・・

なかなか相手に伝える機会の無いまま、終わってしまう事があるように思います。

 

でも1番最悪なケースをイメージしてみて下さい。

「連絡しようか悩んだまま時間が過ぎ去っていって・・・

恩師が病気になった事も知らず、気付いた時には亡くなってた。」

こんなケースになるのは絶対によくないです!

 

たまに連絡する分には、迷惑じゃないですよ

「電話したら迷惑かな・・・?」って思う方もいるかもしれませんけど。

そんな事ないですって笑

 

1年にたったの1回ぐらいの電話ですよ?

まったく関わりが無い人とか、嫌ってる相手からの電話じゃないんですから笑

 

手を掛けた教え子から連絡が来たら、そりゃ嬉しいでしょ!

どんなに時間が経っててもね。まあちょっとびっくりさせるぐらいですよ笑

 

ちなみに最初に電話する時って、ちょっと抵抗はありますけど・・・

いっくん
気が引けるのは最初の1、2回目だけです笑

恩師からしたら、絶対に嬉しいはず

昔の教え子から連絡が来るって事は、恩師の立場から見ても純粋に嬉しいと思います。

 

教師だって「自分の時間と労力」は惜しむんですよ。

自分のやるべき仕事が終わったらそっこー帰りたいし。

遊んだりゆっくりしたいんですよ、それが人として普通ですから。

 

でも恩師は「時間と労力」惜しまずに真剣に向き合ってくれたワケですから。

やっぱり感謝の気持ちを忘れちゃダメですよ・・・!

 

もし卒業してから、一度も連絡してなかったとしたら。

「あいつは卒業してから連絡がないし、もうどこで何してるか分からないな」

「きっと私が色々考えてやってあげた事も、全て忘れてしまったんじゃないか」

って感じになりますから。

 

そんなの寂し過ぎますって!

それを考えたら、一瞬だけでも感謝の気持ちを伝えた方がいいですよ。

 

「学生の頃にお世話になったので、先生がお元気にされてるかどうか電話してみました」

ぐらいな内容でもいいし。それだけで十分感謝は伝わるはずです!

 

いっくんのまとめ

今回は、恩師への連絡の重要性をお話ししました。

 

これまでの人生で恩師と呼べる存在がいるのであれば・・・

学校を卒業してからも、たまにでいいから連絡を取り続けるのは大切だと思います。

 

意識しないと実践するのは難しいけど、あえてやるのが凄く大事。

感謝を忘れずに、分かりやすい形として連絡をするのをおすすめします。

 

1年1度でもいいし、思い立った時にでもいいから連絡してみましょうね!