【人喰いバクテリア】メディアが騒ぎ過ぎ!「敗血症」の恐怖は誇張?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

SANYO DIGITAL CAMERA

出典:http://hp.amakusa-web.jp/a0655/Oshirase/Pub/Shosai.aspx?AUNo=5696&Pg=1&OsNo=60

どうも!いっくんです!

マスコミが騒ぎまくってた「人喰いバクテリア」ですけど。

あまりにも過剰に反応し過ぎてて、めっちゃ違和感があります!

少なくともこの病気は健康な人なら気にする事がないものですからね。

今回はこの感染症について、検査技師の立場でお話しします!

スポンサーリンク

「人喰いバクテリア」が騒がれているのが不思議!

gahag-0039932213-1

人喰いバクテリアって知ってます?

私は現在、総合病院で臨床検査技師として働いています。

病院内で感染症の検査とかをする仕事ですね。

みなさんは連日メディアを騒がしていた「人喰いバクテリア」を知ってますか?

「インパクトの強い名前と、目を背けたくなるほどの恐ろしい写真・・・」

めちゃくちゃ怖い病気みたいに仕立て上げられてましたけど。

あれって実物以上の恐怖を植え付けられている感じが否めませんよ!

そこまでヤバい感染症じゃない?

正直言ってみなさんが思ってるほどヤバい感染症じゃないんですよ!

メディアでは凄く騒がれてますけどね。

「患者数が増えてて、過去最高に危険!致死率30%の恐怖の菌です!」って感じでね。

でも統計で調べてみたところ。

2016年の1年間で「人喰いバクテリア」として認識された患者は「450名ぐらい」です。

スポンサーリンク

こんなにメディアで騒いでいるのに「たったの450人」なんですよ?

病院で働いている立場としては疑問が湧きます。

感染症で毎年どれだけの人が亡くなってると思ってるんですか!

そこを考えていくと、メディアのやり過ぎ感が分かるはずです笑

「感染症全体の死亡者数」と比較してみる!

gahag-0046645017-1-2

「1年間の感染症での死亡者数」を参考に!

ちょっと参考までに・・

国が統計している2015年で亡くなった人の「死因と人数」を並べてみます。

それを見ればハッとするはずです。

イメージが湧きやすいように、あえてメジャーなものを挙げていきますね。

<2015:感染症での死亡者数>

・敗血症:約11300人

・ウイルス性肝炎:約4500人

・腸管感染症:約2300人

・インフルエンザ:約2200人

・結核:約2000人

これが2015年の死亡者数と、亡くなった原因です。

このうち「人食いバクテリア」にかかって、敗血症で亡くなった方は・・・

「約130人(※推計値:感染者数約450名×致死率30%)」です!

いいですかみなさん!

敗血症で亡くなった人数は「約11300人」もいるんですよ。

スポンサーリンク

そのうちの130人って考えると、騒ぐにしては違和感ありませんか?

「人食いバクテリア」は感染者も死亡者数も少ない?!

gahag-0041371722-1

死亡例は実はかなり少ない

「人喰いバクテリア」や「敗血症」って、メディアで急に取り上げられましたよね。

「人喰いバクテリアにかかったら、 たった数十時間で敗血症になって死んじゃう!」

って感じでね。

でも、実際には上で見た通りです。

昨年の人喰いバクテリアで亡くなった患者数の推計値が「130名ほど」。

それ以外に敗血症で1万人以上も亡くなってますけど・・・

死亡者数130人の「人喰いバクテリア」より、残りの1万人の方が心配じゃないですか?

「敗血症」は、色んな感染症が原因で起こるもの

「敗血症になって亡くなるのが、人喰いバクテリアの特徴」みたいになってますけど。

敗血症は色んな原因でなるものですからね。

むしろ「人喰いバクテリア」で敗血症になる数の方が圧倒的に少ないし!

免疫力が落ちていれば、他のどんな感染症でも敗血症になります。

例えば、「腸管感染症」や「細菌性肺炎」とかね。

場合によっては膀胱炎ですら敗血症になりますから!

みんな一度は「この菌」に感染してる?!

原因は「A群溶血性連鎖球菌」

人喰いバクテリアの原因である細菌について、簡単に説明しますね!

菌の名前は「A群溶血性連鎖球菌」です。

この菌は「常在菌」って言われていて、そこら中にいる菌なんですよ。

ちなみに私は、病院で「細菌検査」を担当していました

色んな病原菌を取り扱ってましたけど・・・

「A群溶血性連鎖球菌」って、割とどうでもいい菌です笑

例えば、健康な人が「痰」をぺって吐いたとします。

それを培養すれば、この菌が発見されても全然おかしくない。

それぐらいありふれている菌なんです。

みんな一度は感染したことがある

言ってしまえば、みんな成長過程で一度はこの菌に感染してるはずです笑

その根拠として・・・

2015年度は、小児だけでも「40万人」が溶血性連鎖球菌に感染してるんですから!

病院で診断されてるもので40万人って事はね。

病院に行かずに、自力で治した場合を考えたらもっと多いですよね?

しかもこれは小児だけのデータなのでね・・・

大人を含めるとその数字はさらに膨れ上がります!

そっちは統計データにはなってませんけど。

小児と大人合わせて50万はいくんじゃないですかね?

そう考えると、長年生きててかからない方がおかしい「一般的な感染症」ですよね笑

別に珍しくとも何ともないし、新しく発生した菌でもないんですよ笑

今もそこらへんにいるし、みなさん毎日触れ合ってるのでね。

そう考えると、この菌に怯える必要はまったく無いんです。

症状を「2パターン」にまとめてみた!

gahag-0042890623-1

この菌自体はそこらへんにいる「常在菌」ですし。

こっちの免疫力が高ければ、もし感染しても危険なことにはなりません!

でも免疫力がかなり低下している時に、重篤になる場合もあります。

この菌による症状の出方は「2つのパターン」に分けられます。

①一般的な溶血性連鎖球菌による感染症のパターン

②劇症型溶血性連鎖球菌の感染症パターン(TVで話題の方!)

①「溶血性連鎖球菌」による一般的な感染症!

まず一般的なパターンですね。

さっき説明した年間で小児が40万人感染してるって言ってたやつです!

症状は箇条書きにしていきますけど・・・

「・発熱 ・筋肉痛 ・のどの炎症 ・下痢 ・嘔吐」

まあ、よくある風邪と勘違いしちゃう様な感じですね!

感染してるかどうかは、病院で検査をすればすぐ分かりますよ。

インフルエンザの検査と同じようなやり方で・・・

鼻の中に綿棒突っ込んで、それを検査をすれば10分もしないで分かります!

治療としては、抗生物質を飲んで寝てれば数日で治ります。

②「人喰いバクテリア」に発展した感染症!(劇症型溶血性連鎖球菌)

・こちらが重要!

そして今回メインとなるのがこちらのパターンですね!

まずは最初は普通に感染して、パターン①の状態になるワケですよ。

そこから免疫力が特に低い人の場合・・・

「劇症化」して急激に病態が悪化していきます。

その過程で色んな激しい症状を起こして、敗血症で死に至るケースもあるんです。

症状としてはざっとこんな感じです!

「・発熱 ・傷口の痛み ・壊死 ・肝不全 ・腎不全 ・ショック症状」

・劇症化するとヤバい

劇症化するのは、体内に入った菌が血液を介して全身を巡るからです!

劇症化した場合の「死亡率は30%」で、発症して「3日以内」に死亡するケースが多いです。

その過程で腕や足の細胞が壊死して、「手や足の切除」が必要になる場合もあります。

しかも壊死するスピードは「1時間に2cmぐらい」なので、かなり早いです!

治療としては発症後にすぐ抗生物質を投与して、壊死した部分を切除する感じです。

・劇症化する細かいメカニズムは分かってない

ちなみに「劇症化」に関しては、正直言ってメカニズムはよく分かってないんです。

とりあえず「免疫力が低い人が劇症化する」っていうのは定説ですけど。

かといって、免疫力が弱ってる人が必ず劇症化するワケじゃないしね!

実際のところはよく分からんのです。

健康に過ごしてる人は、心配する必要なし

普通の免疫力があって、劇症化する人はホントに稀ですよ。

だって「溶血性連鎖球菌に感染した推定50万人」(小児40万+大人+病院未受診)において。

「人食いバクテリア」と化したのは450人だけですからね!

ただでさえ、圧倒的に少ない割合だってことが分かると思いますし。

50万人もいれば、免疫力が極めて低い人もたくさんいるんですよ。

「高齢、疾患(糖尿病・肝疾患等)、薬の影響(免疫抑制剤・抗がん剤等)」などが原因となって免疫力は下がりますけど。

数十万人もいれば、そういった要素すべてを兼ね備えてる人だっているワケですよ!

さらにその中から、溶連菌にかかって劇症化している人がいるって考えるとね。

どれだけ低い確率かが分かると思います!

実際にみなさんは過去に溶連菌にかかっているはずだけど、今も元気にしてますよね。

つまり普通に健康な人には到底関係が無い代物なんですよ!

人喰いバクテリアの「対策」ってあるの?!

健康な人は気にする必要なし

「溶血性連鎖球菌」はそこら辺にいるのでね。

菌を取り込まないようにするのは不可能です!

でもその時点で、この菌に全く負けてないって事なのでね。

1年におよそ50万人が感染してる感染症で、そのうち450人しか重篤にならない感染症・・・

ハッキリ言いますけど・・・

そんなん考えるよりも、他に無数にあるヤバい病気を心配した方がよっぽど堅実ですよ!

「免疫力が低い」と医師に言われた人は注意して!

ちなみに人喰いバクテリアの感染者は、統計を取ると30才以上に多いです。

なので注意すべきは、30歳以上で免疫力が低下している人ですね!

免疫力が低いと医師から言われていたり、その自覚がある人に関しては・・・

「風邪の症状+腕や脚に痛みやかゆみ」を感じたら、すぐ病院へ行った方が良いです。

っていうか、免疫力が低下してる人は普段から気を付けるべきです笑

インフルだったり、他の病気でも重症化しやすいのでね!

劇症化の対策は「とにかく早く異変に気づく」、これしかありません!

「メディアの伝え方」はかなり偏っている!

gahag-0102664761-1-1

メディアはやり過ぎ感が強い

メディアでは「人喰いバクテリア」を脅威的な存在みたいに扱ってました。

「腕や足のエグい写真」を見せて、解説者が危機感を煽るっていうね。

「免疫力が低い人は重症化して危険なので気を付けて下さい!」みたいに。

どの病気だって一緒だわそんなの笑

気を付けるように促すことは大事だけど。

メディアは「人喰いバクテリア=敗血症」を強くアピールし過ぎでしたね。

メディア目線では、2016年は「人喰いバクテリアの年」

これは私の個人的な見解ですけど。

メディアにおいては、2016年の医療ネタが「人喰いバクテリア」なんだと思います。

毎年何かしらの「医療ネタ」ってありますよね?

古い物から「高病原性鳥インフルエンザ」「SARS」「新型インフルエンザ」・・・

メディアはいつも必要以上にしつこいぐらい取り上げて、煽ってるんですよね。

そして2016年の冬は「人喰いバクテリア」って感じです。

メディアは偏りがハンパない、話半分に聞いてた方が良い

ここまで読んだ人には分かると思いますけど。

メディアではあれほど「怖い菌」って感じで騒いでても・・・

実際にはかなり偏った情報を流してるだけで、内容はけっこー疑わしいんですよね。

 

むしろ思うのは、メディア受けしそうな「人喰いバクテリア」をしつこく報道するより。

もっと色んな医療情報を取り上げて欲しいですよ!

その方がよっぽど、みんなのためになる。

 

「感染者数と死亡者数」が増えているのは事実だから、それを伝える事は大事だけどさ。

実物以上に恐怖を煽る報道には、違和感がありまくりです!

みなさんには、メディアの医療情報を鵜呑みにしない習慣を身に付けて欲しいです。

いっくんのまとめ

現時点では「感染者も死亡者数」も圧倒的に少ない人喰いバクテリア・・・!

今後大量発生するとは私には思えません。

健康な人は、今まで通りこの菌と共存していくだけですよ。

今までもずっとそばにいる菌なんですからね笑

みなさんメディアに踊らされないで下さいね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】