【LEDイルミネーションライト】室内の「出窓」に飾ると綺麗でおすすめ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

gahag-0087584385-1
どうも!いっくんです!

クリスマスの時期が近づくと、イルミネーションを飾ったりする人いますよね?

「大掛かりなのはムリだけど、安くて簡単に飾れるのがあればやりたい!」

って私なんかはずっと思ってました笑

コスパにこだわって探した結果「室内用にぴったりのイルミネーション」を見つけました!

今回は、取り付けるまでの流れと感想を書いていきますね!

スポンサーリンク

「室内用のイルミネーション」を買った理由!

gahag-0068449444-1-1

冬のシーズンになると、気合の入った人とかはイルミネーションを飾ったりしてますよね?

大掛かりなツリーを飾ってる人とかもホント尊敬します笑

私はああいうの見る度に「凄いなー」って思ってる側の人でした。

興味はあるけど、金も手間も掛けたくないっていうのが根底にあるので笑!

でも、さすがに何もしないのは寂しいなってずっと感じてました・・・

そしてついに、試しに我が家にもイルミネーションを設置してみようと思い立ちました!

イルミネーションを選ぶポイントはコスパが良い事!

あとは、すぐに準備出来て片付けられそうな、室内向けのもの!

その希望に合致したものをネットや電気店で色々探してみました・・・!

そして一番希望に合ったのを見つけたので購入!

早速取り付けました!

私がイルミネーションを買った時のポイント!

img_4296

・電球がたくさん付いた、コスパの良いライト!

ポイントはやっぱりコスパです!

私が欲しかったのは「サイズが10mくらいあって、電球が沢山あるイルミネーション」でした!

サイズ感がそこそこあって、故障しなそうな作りのものを探すと結構いい値段します!

明らかにおもちゃみたいな感じで、故障しそうなのだったら安いのもあるですけどね!

で、それに近しいもので「10mのケーブルに電球が100個付いてるイルミネーション」を2000円で見つけました!

これはライトもLEDなので電気代もほとんどかからなそうです!

・色が優しい感じの「黄色」で癒される!

色んなイルミネーションを見ていると、ライトの色も結構バリエーションがありました!

白、青、レインボーだったり・・・!

でも、やっぱりオシャレに使えるのは蛍光色ですね!

暖かみがあるし、冬場にはぴったりです!

スポンサーリンク

ブルーの光もイルミネーションとして飾られてるのを見るのは好きなんだけど、さすがに部屋の中に飾ると寒い印象になりますからね笑!

・ライトの光り方が「8パターン」から選べる!

これは激安品にはない特徴ですね!

8種類の点灯パターンがあって、ライトの光り方がいくつかのパターンで用意されているので、その中から好きなのを選べます!

「ホタル」みたいに、パッと光ってから段々消えていくパターンとかもあって面白いですよ!

私はオーソドックスに点いたり消えたりするのにしてますけど!これが一番見てて癒される!

スポンサーリンク

この点灯パターンの設定は記憶出来る様になっているので、一度設定したら電源を切ってもまた付けたらそのパターンになります!

なので手間はかかりません!

正直この機能はかなり良いです!

イルミネーションは「出窓に飾ると綺麗」でおすすめ!

img_4294

ほぼ無造作に出窓部分に並べてるだけです!

でも夜見るとめっちゃ綺麗で癒されます!

うちでは夕方からずっと点けてます・・・!

夕暮れ時が一番綺麗かもしれませんね!

ちなみにこのイルミネーションのセッティングは5分ぐらいでした笑

シーズンが終わって片付ける時も一瞬で終わります!

これ大事ですよね!

よその家でやってる様な「家の柵や外壁にわざわざ飾ったり」なんて・・・

そんなめんどくさいことは、とてもじゃないけどやってられません笑!

出窓に無造作に並べる方法は、私みたいにめんどくさがりの方におすすめです!

使い方も簡単で・・・

コンセントを差込めば自動で点きます!

ちなみにこれを買う前は「ケーブルが目立ってダサくないかな・・・?」

って心配してたんですけど、全然問題ありませんでした笑!

実物は写真よりも緑っぽい色してます!たぶんツリーに飾るためなんでしょうね!

ライトを点けてる時はその一帯が光に包まれるので目立ちません!

いっくんのまとめ

これでも十分綺麗でクリスマス気分は味わえます!

出窓に飾れば、中からも外からも見えるっていう「一石二鳥パターン」!

「みんなも窓に飾ればいいのに!」っていつも思ってます笑

ちなみに、うちでは昨シーズン使っていたものが今年も壊れる事無く使えています!

ぜひ、参考にしてみて下さい!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】