【親知らず抜歯】矯正のために口腔外科で4本すべて抜いてみた話!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は大人になってからの歯の矯正をしました!

その時に「親知らず」を抜かないといけない事態になったんですね。

結局、上下左右の親知らず4本抜きました笑

その時の壮絶な体験をお話しします!

スポンサーリンク

親知らずを「4本」抜いたきっかけとは?!

大人になってから「歯の矯正」を始めた!

私は20歳になってから「歯の矯正」をしました。

まあ普通に考えてかなり遅いですよね笑

今振り返ってみてもマジで無謀でした・・・!

矯正歯科医から「親知らず」を抜くように言われた

私が矯正歯科に通い始めてすぐに・・・

歯科医から「親知らずを全て抜いてきて」ってサラッと言われました笑

その時はけっこーな衝撃でしたね!

クリニックでは抜けないから「口腔外科まで行って全部抜け」ってことでした笑

親知らずがあると、矯正が出来なかった

理由としては、歯並びを横一列にするのに「歯が収まるスペースが足りない」って事でした。

まったく痛くもないのに、親知らず4本を抜くのは抵抗感ありまくりでした笑

しかも「まだ生えてもいない親知らず」もあったのでね・・・

でも「抜かない限りは矯正が進まない」って事で、仕方なく口腔外科に行く事にしました!

「口腔外科」に行って説明を受けてみた!

スポンサーリンク

紹介してもらった「口腔外科」へ行った!

矯正歯科から紹介状を持って、口腔外科に行ってみました!

ちなみに口腔外科ってなかなか行く機会ありませんよね?

「歯科医じゃ対応できない口腔関連の治療」をしてくれるところですよ。

口腔外科にいるのは「医師」なのでね、治療のできる幅が全然違うワケです。

親知らずの抜歯について説明を受けた!

口腔外科では、初診は「検査」と「治療の説明」だけで終わりましたよ。

抜歯のスケジュールとしては・・・

まず「方側の上下」、間隔を空けて「反対の上下」って感じで2回に分けて抜くらしい。

ちなみに片側ずつに分けて抜くのは、そうしないと「ご飯を噛めないから」です笑

しかしここで問題があって・・・

私の親知らずは、4本のうち2本はまだ生えてきていない状態です!

でもこれは「メス」で切開して、無理やり抜くんですって笑

もはやイヤな予感しかしませんでしたね。

まだ「生えてない親知らず」を抜く方法とは?!

歯茎を切開して、無理やり抜く!

「生えてる歯」を抜くのは虫歯で経験があるけど・・・

まだ頭が出てきてない親知らずを抜くなんて!

いやーどんなやり方にしろ「絶対怖いやつ」なのは間違いない笑

どんな方法で抜くのか口腔外科の先生に質問してみました!

その説明によると・・・

出てない歯を抜く時には、まず歯茎を「メス」で十字に切開するとのこと。

そして切り開いた歯茎の奥に存在する親知らずの先端を、無理やり器具でわし掴みにして。

スポンサーリンク

「テコの原理」で引っこ抜く!

説明を聞いただけで怖くなった笑

説明聞いただけで、めっちゃ恐ろしくなりました!

なんですかその「古代の拷問」みたいなやつ笑

でも「これが1番手軽で確実だよ」っていう話でした。

「麻酔もしっかりするから痛みは無いはずだし」って言ってくるしね。

ホントかどうか疑わしいけど、もう任せるしかないですよね・・・!

この日は親知らずを抜く予約を取って帰宅しました。

第1回目:左側の親知らずを2本抜く!

親知らずを抜きに病院に行く!

第1回目の抜歯の日がやってきました!

いやー、ホントにイヤです笑 でも予約してるから行くしかない!

受付を済ませて、口腔外科の待合室で順番が呼ばれるまで待ちます。

中に案内されて、普通の歯科に「よくあるイス」に座らされます。

まず最初にやり方を説明!

担当医が現れて、改めて一連の流れの説明をしてくれます!

・今回は左側の上下2本を連続で抜く

・麻酔を使うから痛みはないけど、触られている感じは残るはず

・下の親知らずは普通に生えてるからスムーズに抜けるはず

・上の親知らずは頭がまだ出てきていないから、切開をしてから抜く

・もしかしたら、翌日顔が腫れるかもしれない

こんな感じの説明ですね!

実際に抜歯がスタート

まずは下の親知らずから麻酔がスタート!

下の方は普通に生えてる歯だったのでね。

抜くときの感覚としては、虫歯で歯を抜くときと全く一緒でした笑

でもまあ、一番奥にある歯だからやりにくさはめっちゃ伝わってきましたけどね!

ちなみに痛みはまったく無かったです。さすが!

問題の「切開して抜歯」するパターン!

そして次に上の歯です。

こっちが「切開して抜歯するパターン」なんですよ・・・

もう普通に怖かったです笑

まずは普通に麻酔をするんですけど、その後にメスで十文字に切開されるのが分かりました。

血が一気に流れてるのも、感覚として伝わってきます・・・

ちゃんと口の中に溢れない様に、看護師が血液の吸引を続けますけどね。

それから医師が器具をグリグリと押し当てて。

「顔を出したばかりの親知らず」を必死に掴みます。

でもなかなかしっかり掴むことができなくて、ツルツル滑って困惑してるのが分かりました笑

まあ、最終的にはなんとか抜き終えましたけどね。

ちなみにこの時は痛みは無いんですけど・・・

切られている時や押されている時の感覚は普通に残ってるので、かなり怖いしキモい笑

無事に両方終わって、時間を見ると30分くらいしか経っていませんでした。

痛みどめと抗生物質、それと抜けた歯を貰って帰りました・・・笑

翌日から、顔がパンパンになりました

そして翌日の朝・・・ほっぺがパンパンになってる!

めっちゃ腫れまくってるんだけど、これで学校行けっていうのか・・・笑

やっぱり切開した方が炎症を起こしたみたいで、頬が盛り上がって大変な事になりました。

その日からしばらく、「マスクで隠して」学校に行くはめに。

昼ご飯は友達と学食に行くのはやめて、誰も来なそうな場所のベンチで1人で食べました笑

腫れはすぐには引かなくて、5日くらいはパッと見で腫れが分かる状態でしたね。

この時の気分はもう最悪でした・・・

だってこんな酷いことになるのが分かってるのに、また反対側も2本抜く予定だったので笑

第2回目:反対側も2本抜く!さよなら親知らず

1週間ぐらい経って、反対側も抜くことに!

前回のダメージがやっと完全に癒えた頃に、反対側を抜いて行きます笑

もはや気持ちの萎えは通り越していて・・・

「どうせ腫れるんだから、もうどうにでもなれ」って感じでした。

やり方的には前回と全く同じパターンでしたね!

こっちも、上の親知らずは歯肉の切開が必要だったし。

ちょっとしたハプニングもあり

でも前回と違ったのは・・・

切開した時に結構出血があったみたいで。

切開した直後から数分間くらい、ずっとガーゼを押し当てられました笑

一瞬、緊張した空気に包まれたのも印象的でした笑

さらに、こっちも抜く時にスムーズにいかなくて。

歯を掴もうとしても全然掴めないっていう、医師のイライラ感が伝わってきました笑

ようやく掴んで引っ張り出そうとした時の「顎の奥がミシミシ鳴る感じ」が忘れられません笑

顔の腫れはどうだったのか?

こちら側に関しては、翌朝の腫れは一体どうだったのか?

・・・想定した通りの腫れ具合でした笑

まあ一概には言えないですけどね。

親知らずを切開して抜く場合は、腫れるのを覚悟しといた方がいいかもしれませんね。

すべて抜いたら、歯の矯正が本格的にスタート!

でもまあ、これで4本全ての親知らずを抜き終わる事に成功しました!

これだけでもう十分やり切った感はあったんですけど・・・

これは歯の矯正に入る前の準備に過ぎないんです笑

本格的な「痛みや不快感」を味わうのはこれからずっと後になります。

ちなみに「矯正歯科クリニック」は施設によってやり方は全然違います・・・

いくつか連絡して、治療方法もちゃんと聞いて選んだ方がいいです!

じゃないと私みたいに「親知らず全部抜きましょう」っていう先生にかち当たるのでね。

歯科専門ポータルサイト【口コミ歯科・歯医者】で歯科医院を検索!

身近なところの歯科に試しに聞いてみるのが良いと思いますよ。

いっくんのまとめ

今回は歯の矯正のために、口腔外科で親知らず4本すべて抜いた時の話でした!

矯正のためとはいえ、親知らずをすべて抜くのはけっこーシビアでしたよ!

特にまだ生えてない親知らずを抜くのは、イヤな気分にさせられます笑

抜いた後には「めっちゃ腫れる」と思っていた方がいいですよ!

出来れば「長期休みの前」に手術をした方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】