【大麻・覚醒剤・コカイン】病院での尿検査と警察の対応とは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は病院で臨床検査技師として働いています。

最近ニュースで「大麻・覚醒剤・コカイン」が話題になりますよね?

私は病院で乱用薬物中毒の患者さんの「薬物検査」をしたことがありますよ!

病院での薬物検査の流れなど説明していきますね。

スポンサーリンク

病院には「薬物中毒」の患者さんが来る?!

薬物中毒の人が「夜間救急」に来ることがある!

私は病院で臨床検査技師として働いています!

病院の夜間救急では、まれに「薬物中毒」の患者さんがきますよ。

メディアでよく聞く「大麻・覚醒剤・コカイン」などの乱用薬物ですが・・・

病院で働いてると、ホントに薬物でラリってる患者さんに出会うことがあります笑

私は病院で当直をしてる間に何度か出会いましたよ。

そういう方のほとんどは「夜間の救急診療」に来るのでね。

これは薬物を使用するのが、日中よりも夜間に多いからなんでしょうね!

本人が乱用薬物に悩んで、日中に来院するケースもある

本人やその家族が、乱用薬物に悩んで来院するケースもありますよ!

このケースでは、非常に慎重な対応が求められます。

なぜなら、医療機関の対応1つで患者さんの人生に大きな影響が出るのでね。

乱用薬物を発見したからとって・・・

すぐに警察に通報したら、患者さんは社会復帰へのチャンスを得られないまま捕まってしまうワケです。

スポンサーリンク

なので医療機関ごとによって、対応もしっかりマニュアル化されてたりもします。

それでもケースバイケースなところがあって、判断が難しいんですよね。

病院の中には、薬物使用の患者さんの「社会復帰」を強く目指す施設もありますよ。

そこは警察などの取締をする機関に、患者さんの通報はしない方針だそうです。

そして患者さんの心身の状況に合わせて、しっかり社会復帰までフォローしていくんですね。

今現在悩まれている方は、そういった施設を選んで相談しに行くべきだと思いますよ!

独立行政法人国立病院機構 下総精神医療センター

病院で「乱用薬物の尿検査」をする流れとは?!

医師が「あれ?怪しいな」って気付きます

病院で「乱用薬物の尿検査」をする時の流れですけど。

乱用薬物を使っている患者さんが、病院に来たとしますよね。

まず最初に医師が「診察」をしますよ!

そこで最初に医師が「あれ?ちょっと怪しいかも・・・」って気付くんです。

ちなみに私は、救急外来のベッドで横になってる薬中の患者さんをみた事がありますけど。

乱用薬物を使ってる方は、やっぱり雰囲気からして違いましたね。

泥酔した時よりも「支離滅裂」な状態でした。

薬物検査のために「尿」を採取する!

夜間の救急外来に、意識朦朧の疑わしき患者さんが来た時には・・・

意識が朦朧としている原因がハッキリ分からないのでね。

原因追及の1つとして、乱用薬物の検査依頼が出るケースがあります!

ちなみに病院での薬物検査は、尿を使った検査が主流ですよ!

尿の採取は絶対スタッフの目の届くところで!

尿の採取は、絶対に医師か看護師の目の届くところでやります!

スポンサーリンク

目のつくところで採尿させる理由は・・・

患者が尿以外の「液体」を混入する可能性が高いからです。

もし排尿できないぐらいラリってたら「尿道カテーテル」を突っ込んで、直接膀胱から尿を採取しますよ。

カテーテルから採る尿は100%間違いないのでね。

個人的には「ASKA」の採尿もこの方法でやって欲しかった笑

尿を使って薬物検査をする!

採取された尿検体は、検査技師が救急外来まで行って直接受け取ります。

そして乱用薬物のチェックができる「尿検査キット」で検査をしますよ。

検査結果を最初に知るのは検査技師なので責任重大です笑

結果が陽性になったら、検査キットを「医師」にも見せてダブルチェックします!

そして医師にその後の対応を決めてもらいます。

ここから先は「乱用薬物陽性を確認した後に、警察へ通報した1例」をお話しします。

病院に「警察」が来た時の対応と流れは?!

警察が来て調査が始まる

医師からの通報を受けた警察が、しばらくして病院に到着しました。

そしてまず、その患者と関わった「医療スタッフそれぞれの名前等」が控えられます!

私は「検査の流れ」について説明を求められましたよ。

また検査結果を証拠として、警察官に見せる必要もありましたしね!

これが気分的によくなくて・・・

警察に説明していると、自分が容疑者みたいな気持ちになるんです笑

特殊捜査班が来たこともある!

私が体験した中には「特殊捜査班」が来たこともありました!

着てる制服の感じからして、いかにも「警察の上級職」っぽい人でしたね。

しかも信じられない位に偉そうで威圧的です笑

最初は救急外来で「医師」「看護師」「本人」に事情聴取をして・・・

その次に検査室へと案内することになりました!

特殊捜査班は写真を撮りまくる!

普通の警官は検査室までは来なかったんですけど。

特殊捜査班は、夜中の検査室に入って写真を撮りまくってました笑

そしてまず「患者の尿コップ」を、患者氏名が分かるようにして写真を一枚。

次に「検査をした作業台」もパチリ。

もちろん、検査陽性の検査結果が出てる現物も念入りにパシャパシャ。

さらには私に対して・・・

「尿コップと検査キットに向かって、人差し指を突き立ててみて下さい」

ってポーズを注文してきました。

まさかとは思いましたが、やっぱりその姿で写真に撮られました笑

これも証拠の1つとして使うんだとか。

説明も細かく要求された

私が尿を受け取ってから結果を出すまでの流れも、かなり細かく説明させられました!

普通の警察はそこまで深く追求しないのに・・・

夜中だったから眠いし、ちょっとウザいぐらいでしたね笑

話が終わると警察は去っていきましたよ。

翌朝一番で、患者さんを連れて行くためにパトカーが迎えにきました。

「ASKAの事件」で警察への信頼が激減?!

かつて「特殊捜査班」の、すげー念入りな調査を見た私は・・・

「薬物捜査って、ここまで厳重に追跡するんだ!」って感動してました。

私はそのイメージを、しばらくずーっと持ち続けてきたんですよ。

しかし、ASKAの「尿コップの中にお茶を入れた」事件で一気に崩れ去りました!

あれのせいで、私の中では警察への信頼がガタ落ちです笑

一般市民の捜査の時は「プライバシー」なんて気にしないのに・・・

「有名人や権力者」には、こんなずさんな対応をとるのがマジで納得いきません笑

多くの病院で使われる「乱用薬物検出キット」とは?!

有名な検査キットがある!

病院で使われる乱用薬物検出キットで「トライエージ」というものがあります。

これは結構メジャーで、全国の病院で採用されてます。

理由は「操作が簡単だし、多くの種類の薬物をチェックできる」からです!

私はこれまで「トライエージ」を使った検査を何度もしました。

他の検査とは全然異質な物なので、やる時はけっこー緊張感がありますよ。

乱用薬物を幅広く検査できる!

「トライエージ」の凄さを簡単にまとめてみますね。

尿を使った検査キットで・・・

たったの「11分」で「8項目の乱用薬物」が同時に検査できます!

やり方も超簡単で、尿をキットに垂らすぐらいです。

陽性の場合は、対象の薬物のところに「ライン」が出てきます。

「尿中から検出できる8種類の乱用薬物」はこんな感じです・・・

「フェンシクリジン類・ベンゾジアゼピン類・コカイン系麻薬・覚せい剤・大麻・モルヒネ系麻薬・バルビツール酸類及び三環系抗うつ剤」

よく分かんないのが並んでますけど、太字の薬物だけ見覚えありますよね?

世間で出回っている乱用薬物を検査するには十分な守備範囲です!

だから普通の病院から大学病院まで、このキットが好んで使われてますよ。

検査にはごくわずかな尿でOK

トライエージは、検査のために尿をたったの「0.14mℓ」しか使わないのも凄い!

ほんのちょっとの尿があれば、薬中の検査はできちゃうんですよ。

あとは「付属の試薬」と混和するだけでっていう簡単な仕組みです。

本格的な検査は、専用の設備がいる?!

今説明したのは「簡易検査キット」ですけど。

ガチな薬物中毒の捜査で使う様な検査には・・・

「高速液体クロマトグラフィー」などの大型機械を使います!

これは精度が高い上に「血液や毛髪」で検査可能なのがポイントです!

機材が特殊なので、犯罪捜査の時に専門施設で検査する感じですよ。

いっくんのまとめ

今回は、乱用薬物の検査の流れをお話ししました。

病院で勤めてると薬物検査に遭遇する機会があります。

責任重大なので、スタッフとしては正直あんまりやりたくない検査ですが笑

薬物検査って、方法としてはみなさんの想像以上に簡単なものですよ。

今やAmazonでも薬物検査できる商品が売られてますからね。

尿を少量採取して郵送すれば、乱用薬物が検出できるっていうものです。

もちろん「個人情報」は守られますよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】