【肺がん】肺水腫になって苦しい!「タバコが原因」なら自業自得です!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

タバコってホントに「害」ですよね。

喫煙者は早く禁煙するべきだし、吸い続けるならその覚悟を持って欲しいです!

肺がんからの「肺水腫」で死ぬほど苦しい思いをしますよ。

私は「タバコを吸い続けて将来苦しむのは自業自得!」って思います。

スポンサーリンク

タバコを吸う友人には「禁煙を勧める派」です!

私は「タバコ反対派」です

私は絶対にタバコは吸わないし「タバコ反対派」です。

学生時代から、喫煙している友人には「必ず1度は注意する」スタンスなんですよ。

「将来肺がんになるし、金も勿体ないからやめた方がいいよ!」ってね。

そんなありきたりな事を言ったところで、誰もやめませんけど笑

この程度の「インパクト」じゃ人の心は動かせませんね!

病院で働いて、タバコの怖さを知った

私は現在「臨床検査技師」として病院で働いています!

病院で働き始めて、リアルな「タバコの怖さ」を実感してます。

肺がんになった患者さんが、酸素を吸入してるのに苦しんでるのを見たりね・・・

末期になると肺が機能してないから、酸素を取り込めてないんですよね。

だから「血液中の酸素濃度」を測ってもビックリするくらい低いです。

常に酸欠状態で、言ってしまえば「陸にいるのに溺れてる感覚」だったりね。

さらには、肺がんで亡くなった患者の「ドス黒い肺」を目の当たりにしましたし。

タバコが将来もたらす苦痛は、相当なもんですよ!

現場で知った情報をもとに、友人に禁煙を勧める

私は現場で感じた「肺がん」の怖さを、友達に伝えるようになりました。

これまでよりリアルなアプローチなので、友人への説得力は増したんです笑

「マジで?!タバコ怖!やっぱ俺禁煙するわ」って感じでね。

でもまあ、完全に禁煙するまではいかないですけどね笑

それでも「前よりは吸う本数をセーブするようになったよ!」って言って貰えるので。

それはそれでアリかなとは思います。

「タバコ」や「肺がん」の怖さを、意識に植え込めただけでもOKです。

将来タバコでどれだけ苦しむか、みんな分かってない

私が感じているのは・・・

ほとんどの人は「喫煙者の最期」を知らないんですよね。

スポンサーリンク

「肺がんになって死ぬんでしょ?」ぐらいには思ってても。

それがどれだけハードな事か、リアルには分かってませんからね笑

肺がんになってからどういう過程を経て、どう苦しんで死んでいくのかね。

最終的には「肺水腫」になって、呼吸不全で「溺れ死ぬ感覚」を味わうとか!

問題なのは、聞く耳を持たない喫煙者たち!

周りからの説得に耳を傾けて、「行動」に移してくれる人はOKなんです。

すぐに禁煙はムリでも、本数を減らしていく努力をしてくれたりね。

しかし中にはツワモノがいます・・・!

「自分は別に将来がんになっても構わないし」って感じで。

一切聞く耳を持たない人がいるんですよ。

色んな人からの忠告が、こういったタイプには全く通用しません!

喫煙者は「肺がん」になっても泣き言を言わないで!

「肺がんになりやすい」って分かってますよね?

ちょっとここからは「シビア」な事を言いますね!

「引く人」がいるのを覚悟して話しますけど。

タバコについて色んな人から「やめた方がいい」って説得を受けて・・・

それでも吸い続けている人達っていますよね?

その人達はもう「将来起こる健康被害」を全て受け入れたってことですよ。

だからもし「20、30年後」に肺がんになったとしても。

「泣き言」を言って周りを困らせないで下さいね?

「タバコ=癌のリスク」なんて、子供でも知ってる事なんだから。

歳をとってから案の定「肺がんや喉頭がん」になっても、それはもう自業自得です。

スポンサーリンク

いざ肺がんになると、本気で後悔する大人達・・・

ポイントはここからです。

忠告を無視した喫煙者が「肺がん」になって、現実を目の当たりにした時に・・・

「こんなはずじゃなかったんだ!」「俺はもっと生きたい!」

とか言って、周りを困らせるんですよね。

タバコを吸ってない人が肺がんになったら、めっちゃ可哀そうだと思いますけど。

思いっきりタバコ吸ってきた人が肺がんになるのは、当然の結果ですからね。

被害者面せずに、現実を受け入れて下さい

いざタバコを原因とした病気になって・・・

急に弱気になって「被害者面し始める人」は実際にいます。

みんなの忠告を無視して、タバコを吸い続けてきたんですから。

癌になっても、黙って苦痛を受け入れてください。

そして最期の日まで「タバコを吸った事への後悔」と「タバコへの恨み」を抱えて。

気合いで頑張って下さい。

めちゃくちゃ酷い事を言っているようですけどね。

それだけ喫煙者本人が「周りの忠告を無視」してきた事の結果なんですから。

自滅はいいけど、他人への悪影響は許されない!

タバコによる「周りの人達への害」は許されない!

私がここまで厳しく言うのにも理由があります。

「喫煙をした人が将来がんになる」のは、100歩譲って自業自得だから別にいいんです。

しかし、放っておけない問題があります。

それはみなさんも聞いた事のある「副流煙」です!

吸っている本人と「同等の健康被害」が・・・

その煙を吸った他の人にも起こることが証明されています!

こんなに理不尽な事ってないと思います!

「思いっきり有害」な煙を、本人は分かってて周囲に撒き散らしているんですから。

他の物事で置き換えたら、そんなの「事件」ですよね。

家族の間でも気を付けて!

ちなみに私が考える「一番最悪なケース」は。

例えば家族を顧みずに、父親がガンガン家のリビングでタバコを吸って・・・

そこで一緒に生活している「妻や子供が、数十年後に肺がんを発症」するケース。

ちょっと大げさですけど、現実に起こり得る話ですからね。

まったく非の無い家族にまで「健康被害を与える父親」って、ホントに最低な人間ですよね。

その本人が肺がんになって、苦しむのは自業自得だけど。

もし子供が「親のタバコ」のせいで、数十年後に肺がんを患ったらって考えると・・・

「子供にそんな思いさせるなよクソが!」って思いますよね笑

喫煙者は、とにかく周りの人に気遣って欲しいですね!

いっくんのまとめ

今回は、タバコを吸ってる人は将来苦しむことになっても自業自得だという話でした!

将来苦しむことが分かってて、周りの心配や忠告を無視した結果として・・・

「肺がん」や「肺水腫」になるんですからね!

それで地獄のような苦しみを味わう事になっても、まあ仕方ないと思います。

でも「副流煙」で非の無い人にまで「苦しみ」を与える可能性があるのを考えるとね。

もっと「罪の意識」を感じた方が良いと思いますよ!

タバコはデメリットばかりなので、早めにやめましょうね。

禁煙の成功率を2倍に高めてくれる「禁煙補助薬」もありますよ。

タバコを吸いたい時のイライラを抑えてくれる「ガム」です!

まだ試した事がなければ、禁煙する時に使うのはアリだと思いますよ。

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】