「ミイラ・ホルマリン漬け胎児」が並ぶ死体博物館?!【タイ】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

出典:https://www.citynomads.com/siriraj-medical-museum/

どうも!いっくんです!

日本全国一周」を経験した私が、タイの観光スポットをレビューします。

この記事はグロいのがOKな人だけが読んでください!

タイには「シリラート死体博物館」という凄い博物館があります。

ここでは「ミイラやホルマリン漬け胎児」などが展示されてるんです!

医療従事者の私には好奇心がそそられる場所でした。

スポンサーリンク

「シリラート死体博物館」は医学における貴重な博物館!

出典:http://blog-imgs-47.fc2.com/c/o/o/coolbangkok/DSC_7590.jpg

死体博物館がタイにある?!

タイには「シリラート死体博物館」っていう、斬新な博物館があります!

名前の通りで、ここに行けば死体(ミイラ)などを間近で見れるんです・・・

ここの博物館は「法医学・寄生虫・解剖学」の3つにテーマに分かれてますよ。

現地の医療関係者に人気!

この博物館は、医学的にみて重要な展示が多いのが特徴です!

現地の「医学生や医療関係者」が多く訪れるスポットになっているんです。

私は病院で働く臨床検査技師なので、めちゃくちゃ興味がそそられました笑

観光時間の目安は?

博物館は3つの建物をまたいで移動することになります!

観光時間の目安は・・・

それぞれの建物を回る時間も含めて「2時間くらい」を見ていた方が良いです!

スポンサーリンク

じっくり見なければ1時間ぐらいでサクッと見れると思いますよ。

博物館を見学してみた感想!

まずは「胎児の標本」が出迎えます!

出典:http://farm7.staticflickr.com/6110/6252374195_acc03c885e_b.jpg

入口で受付をして、まず最初に入っていくのが「死体博物館」です!

最初に展示されていたのは「胎児の標本」でした。

「無脳症の胎児や、結合双生児のホルマリン漬け等」が展示されてます。

見た目的には結構ショッキングな感じですよ!

仕事で「死体を見る機会」のある私でも・・・

「目を大きく見開いてる胎児の標本」を見た時には抵抗ありましたしね。

「医療関係者じゃない人が見ると結構キツいかも」って思います!

つっても、現地の中高生は「社会科見学」でたくさん来てましたけど笑

「法医学」に関する展示もある!

出典:http://pds.exblog.jp/pds/1/200806/29/10/d0143110_15211968.jpg

さらに奥に進んでいくと・・・

「犯罪や事故」で亡くなって「法医学による鑑定が必要」だった遺体の標本が展示されていました!

正直言ってこれはマジで素晴らしいと思う!

・・・医療従事者の立場でね笑

日本では絶対に見れないような代物ばかりです

おそらく日本の医者でもこんなの見たことないしね。

例えば「拳銃・ハンマー・刃物などで殺傷された人の骨の展示」とか。

スポンサーリンク

拳銃で頭を撃ち抜かれた人の頭蓋骨なんて、日本では探し回らないと見れないですから!

「日本の医療関係者でも見れない代物を、タイでは一般人でも気軽に見れるのか!」

って考えると、凄く不思議でしたね笑

「ミイラ」は必見です!

出典:http://takashi1016.com/wp-content/uploads/2014/08/siriraj-museum-bangkok-1.jpg

いよいよ「シリラート博物館」のメインブースに来ました・・・!

この博物館は別名があって「シーウィー博物館」とも呼ばれてるんです。

シーウィーっていうのは人の名前で、「実在した凶悪犯罪者」です。

1950年代に「幼児5人を殺害」して、不老長寿のために臓器を食べて処刑されたそう・・・

つまり頭がぶっ飛んでたワケですね、シーウィーさんは。

この最悪な犯罪者に対して、裁判所は「死刑にした後も供養する価値はない」と判決したんですって。

そして結局、ミイラにされたシーウィーは、博物館で今もさらし者にされてます!

「死刑後に供養する価値なし」って判断するところまでは納得いくんだけど・・・

その後に「ミイラにして博物館で展示する」っていう発想が斬新過ぎます!

「タイ人すげえ!」って心から思いますよ笑

日本ではこういうスタンスはあり得ない!

日本ではこういう「生々しい標本」を展示するのは困難です!

みなさんお分かりの通り、日本は「倫理問題」にめっちゃうるさいのでね・・・

ちなみにもし「国内に残存してる標本」をかき集めたとしても・・・!

こんなにバラエティー豊富なものはないんじゃないかなって思います!

寄生虫博物館は「イマイチ」

出典:http://imagec.navi.com/images/templates/BANGKOK/1000916/85116496b2a91e3f_S.jpg

寄生虫博物館では、寄生虫にまつわる内容が展示されています!

ここに行く前は「寄生虫の標本」がたくさんあるかと思ってたんですけど・・・

ほとんどありませんでした!

ここは教科書的な内容をまとめて「パネル」で解説してる感じです。

興味がそそられるものはほとんど無かったですね。

寄生虫なら東京にある「寄生虫博物館」の方が断然おすすめです!

実物も置いてあって、はるかに刺激的なのでね笑

解剖学博物館はヤバい!こんなの日本じゃ見れない!

出典:http://imagec.navi.com/images/templates/BANGKOK/1000916/e46d7adc90ca6745_S.jpg

ここは「タイ現代解剖学の父」と呼ばれる「コンドン教授の研究室」を公開した施設です!

解剖にまつわる斬新な標本が展示されてます。

ここもマジで凄くて感動しました笑

日本じゃ見た事の無いものがたくさんあるのでね、新鮮だし勉強になります!

例えば上の写真を見てください・・・

これは「1人の人体をそのまま輪切りにした断面標本」なんですよ。凄くないですか?

これがさり気なく並べられているのを見た時は、全身に衝撃が走りました笑

「こんな凄い物が、適当な場所に置かれてる!」っていうね。

他にも神経系や血管系など「対象とする器官」だけの標本もあって、凄く興味深かったです。

博物館の入場に「パスポート」が必要になった?!

パスポートを受付に預けろだと?!

ここの博物館でマジで驚いたことがあります!

ここは手荷物は持ち込み禁止で、「ロッカーに預ける」ことが必須なんですね。

それは全然OKなんです。

でも問題なのは、ロッカーの鍵をもらう時に「パスポートを預けろ」って言われるんですよ!

海外においては「パスポート」って命の次に大事ですからね笑

旅行慣れしてる人は、ホテルのフロントにさえパスポートは預けません!

それなのに博物館のスタッフに預けるなんて、普通に考えておかしいでしょ?

最初は抵抗したけど、結局は預けた

私はスタッフにツッコミました笑

「何故パスポートを、博物館のスタッフに預けないといけないんですか?」

「ロッカーの鍵とパスポートを交換するっておかしくない?」ってね。

でもスタッフは「そういうシステムなの」の一点張りです。

私の中ではもう、不信感MAXになりました笑

でもさすがに博物館のスタッフが、こんな堂々とパスポートを悪用するのは考えにくいし。

私の後に来た「白人旅行者」が普通にパスポートを預けてたのを見た事で笑

納得はしてないけど「あきらめ」がつきました笑

だから私も結局はパスポートを預けて入場しましたよ。

まあ、展示物に対する博物館側の「リスク管理」の意味もあるのかなって思います。

ここのシステムに驚かないように!

「パスポートを預けるシステム」ってことを知らずに行くと・・・

受付のスタッフに対する不信感はMAXに高まるはずです笑

ここでは写真も禁止されていて・・・

「スマホを手に持っているだけ」でもスタッフから注意されるくらい厳しかったですよ!

タイの他のスポットでは、こんなに厳しいところはありませんでしたね。

初めてシリラート博物館に行く人はびっくりしないで下さい笑

入場料・営業時間・休業日について!

「入場料」

事前のネット情報では「入場料40バーツ」って書いてあったんだけど・・・

実際に行ったら「200バーツ(約600円)」に値上がりしてました!

チケットに「200B」って既に印字されてるので、ボッタくられたわけじゃないですよ笑

「営業時間・休業日」

営業時間は「9:00〜16:00」です。

休業日が「日曜・祝祭日・年末年始」となっているので注意しましょう!

また「12:00〜13:00は休憩時間」となるので・・・

もし午前中に入館してても、その時間になったら1回外に追い出されます!

入館する時間は必ず計算しましょうね!

アクセスについて!

シリラート死体博物館

住所:2 Prannok Rd. Bangkoknoi Bangkok 10700

「エクスプレスボート」で川を渡る!

バンコク市街地からは船の「エクスプレス・ボート」を利用して行きます。

シリラート病院の最寄りは「N10」の船着場「ターワンラン/シリラート」です!

それだけ絶対に覚えとけば、なんとかなります笑

まあ、初めて利用する時にはよく分からないと思うので・・・

とりあえず乗り場近くの「券売所」で行き先を伝えればOK!

「スポットの名前」を伝えれば、スタッフは汲み取ってくれるのでご安心を笑

そしてボートが出発すると、スタッフが乗船券をチェックしにくるので提示して下さいね。

後は、降りる船着き場(N10)を見過ごさなければ大丈夫です笑

ボートを降りるときは、船着き場とボートの隙間に落ちないように気を付けて!

船着き場から「死体博物館」に向かう!

ちなみに私は「ワットプラケオ」から徒歩数分の場所にある・・・

「9番」の船着場「ターチャーン(Tha Chang)」から向かいましたよ!

そしてシリラート病院の最寄りの「N10」の船着場で降ります。

そこから徒歩数分で、シリラート病院が見えてきます。

「死体博物館」はシリラート病院の敷地の中にあるんですが・・・

問題なのはこのシリラート病院、めちゃくちゃデカいんですよ!

日本の大学病院並みのデカさだと思って下さい笑

正直言って、博物館を自力で探すのは難しいと思う!

私は博物館の場所が分からな過ぎて「警備員、通行人、病院のスタッフなどなど」

色んな人に声をかけまくって辿りつきました笑

病院まで辿り着いた後は・・・

そこらへんにいるタイ人に「博物館どこですか?」って聞いてみると良いですよ。

みんなめっちゃ親切だから、笑顔で応じてくれますよ!

いっくんのまとめ
今回はタイにある「シリラート博物館」に行ってみた感想でした。

ここでは日本ではあり得ないレベルのグロい展示があるので驚きます!

でもサラッと観察するだけでも、けっこー勉強になりますよ。

医療従事者は是非とも行ってみた方が良いと強く思いました。

「解剖学を学ぶ時に、こんな博物館があったらどれだけ助かったか」って感じるレベルです笑

まあ単にグロいのが好きな人や、興味本位で行ってみるのも面白いと思います。

ここはタイの中でもおすすめ出来るスポットです!


【飛行機】バンコクに行くには、海外格安航空券の「skyticket」で

【ホテル】バンコクの格安ホテルは、東南アジアに強い「Agoda」で

【ホテル】「最低価格保証サービス」が人気!「エクスペディア」で

【WiFiレンタル】海外旅行ではスマホが命!「イモトのWiFi」

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】