僧侶が街を行進する?!世界最大級の「托鉢」とは!【ラオス】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

出典:ephemeral-moments.hatenablog.jp/entry/2013/09/01/083053

どうも!いっくんです!

「日本全国一周」を経験した私が、海外の観光スポットを語ります!

最近メディアでも話題になってきたラオスですが。

ラオスのイメージとして有名なのが「托鉢」だと思います!

特に「ルアンパバーン」のものは世界最大級ですからね。

早朝に街中を「僧侶」が歩く姿は、不思議な感動があります!

スポンサーリンク

ルアンパバーンの托鉢は「世界最大級」?!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/warawar34/12729352.html

托鉢とは?

まず最初に「托鉢」って何なのかというと・・・

僧侶が鉢を持って街を歩いていく中で、信者から「米や金銭の施し」を受ける修行です!

信者からモノを貰うのが「修行」っていうのがちょっと意外ですよね笑

でも信者からすると、僧侶に施しをすると「功徳」を積めるっていう考え方なのでね。

まさしくWin-Winの関係ですね笑

ちなみに僧侶は「施し」だけで、全ての食事をまかないますよ!

ここが世界最大級!

ルアンパバーンの托鉢は「世界最大級」というのが特徴です!

人数が他のところとは桁違いなんですよね。

100名近い僧侶が一列に歩いていくのでね・・・!

スポンサーリンク

その光景を見るために、世界中から観光客が集まってきます。

また、ラオス観光で知るべき基本情報があるので、こちらを参考にしてみてください!

実際に托鉢を見てきた感想!

出典:http://luangphabang.info/100kank/pindapata.html

夜行バスを降りたら、托鉢をやっていた

私はヴィエンチャン発の深夜バスで、6時頃にルアンパバーンに着いたんですけど・・・

ちょうどその時、街中では托鉢の真っ最中でした笑

だからバックパックを背負ったまま托鉢を見学することに!

地元の人達は既に通りに出ていて、列をなしてゆっくり歩く僧侶達を迎えます。

「蒸したもち米」を渡していた!

托鉢でお供えする物は何かというと・・・

「蒸したもち米」を一掴み渡すのが主流みたいです。

それ以外にも、観光客向けの托鉢セットには「お菓子」や「果物」なんかも入ってましたよ。

これを毎日繰り返すのはスゴイ!

これを365日毎朝やってるって考えると、ラオスの人達は凄いと思いましたよ!

まあ僧侶の方は、自分達の生活がかかってるから当たり前だとしても笑

それを迎える信者の人達の信仰心が凄い・・・!

日本人だったら絶対無理だと思います笑

毎朝早起きして、家族でもない僧侶のためにお供え者の準備をするワケですよ?

雨が降ろうが関係なく、わざわざ通りまで出て行って托鉢に応じてるわけですからね。

それだけの信仰心は我々にはありません笑

 

ラオスではこの伝統が途切れることなく続いてると思うと、敬意すら感じましたね。

スポンサーリンク

外人のマナーが最悪でした笑

ラオスの観光客は「欧米人や韓国人」がかなり多いです。

海外観光客もお供えをするので、僧侶達は生活的には助かってるかもしれませんけど・・・

欧米人も韓国人も「マナー」っていう点では、ちょっと問題ありなんですよ。

「托鉢を見学する際の注意点」として一般的に言われている事があるんですが・・・

・僧侶の列には近づき過ぎない、僧侶の動きを妨げない。

・露出の多い服は着ない。

・女性は僧侶に触れてはいけない。

って感じでね。

でも実際には・・・

欧米人女性はに露出の多い服を着てるし、写真撮るために思いっきり僧侶に近付いてるし。

ちょっとマナー違反は目立ちましたね。

日本人の観光客はこれは絶対に守ってあげましょう!

観光時間の目安は、30分~1時間くらいを見ておけばいいと思いますよ。

入場料・営業時間・休業日・アクセス情報など!

「入場料」

見学自体はもちろん「無料」です!

でも地元のおばちゃん達が「托鉢用の食事セット」を売りつけてきます笑

どうせなら見学だけじゃなくて、それを買って実際にやった方が良いですよ!

「営業時間・休業日」

営業時間は「日の出~6時30頃まで」で「年中無休」です!

托鉢は朝早くに行われるので、時間だけは注意しましょうね。

見逃したくないなら、まだ外が暗い「5:30頃」に外でスタンバイしとけば間違いないです。

 

ちなみに「6:30」を過ぎると、托鉢は終わってるのでね。

その頃に慌てて表に出ても、托鉢を終えた人達がちょうど帰ってるぐらいですよ笑

「アクセス」

托鉢

住所:Th Sisavangvong (main road to town), Luang Prabang 0600, Laos

托鉢で最も僧侶が集まるのは「ルアンパバーン小学校前」です!

ここは多くの観光客が集まる定番スポットなので、すぐに分かります笑

いっくんのまとめ

今回は、ルアンパバーンの世界最大級の托鉢を見た感想でした!

初めて見た托鉢そのものは凄く良かったんですけど・・・

あまりにも海外観光客が多くて、私の中ではちょっとマイナスでした。

今欧米人に人気があるのは知ってますけど、マナー的なとこがちょっとビミョーでしたね。

托鉢自体は良いモノですから、是非観た方が良いですよ!


【飛行機】ラオスに行くには、海外格安航空券の「skyticket」で

【ホテル】ラオスの格安ホテルは、東南アジアに強い「Agoda」で

【ホテル】「最低価格保証サービス」が人気!「エクスペディア」で

【WiFiレンタル】海外旅行ではスマホが命!「イモトのWiFi」

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】