【山賊注意!】ビエンチャンとルアンパバーンを繋ぐ夜行バス!【ラオス】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

「日本全国一周」を経験した私が、海外の観光スポットを語ります!

ラオス国内では、たまに夜行バスを襲う「山賊」が出るって知ってますか?

日本の「外務省」からも「危険情報」が出されています。

私はそれを知りつつも「夜行の長距離バス」に乗ってきました笑

実際に使ってどうだったかを説明します!

スポンサーリンク

ラオス国内を結ぶ夜行バスとは・・・?!

ラオスの夜行バスには危険が伴う?!

ラオス国内の2大観光都市である「ビエンチャン」から「ルアンパバーン」まで・・・

格安で移動できる夜行バスが、観光客に人気です!

でも実はラオスって、日本の外務省から「危険情報」が出されてます。

この夜行バスを利用する時って、山間部の田舎道を走るんですけど・・・

たまに「山賊」がバスを襲撃するんですって笑

まさかこの時代にいまだに「山賊」が実在してたとはね笑

しかも、その存在を強く意識する日が来るとは思いませんでした!

私は危険を承知で、興味本位でこのバスを使いました笑

「ビエンチャンの北バスターミナル」から「ルアンパバーンの南バスターミナル」まで移動しましたよ!

チケットは「ホテル」での予約が一番おすすめ

チケットは「バスターミナルで直接買うのが一番安い」と言われてますけど・・・

そのバスターミナルに行くのにお金がかかりますからね笑

チケットは「ホテルやゲストハウス」で予約するのが一番おすすめです!

基本は予約制だからホテルで前日までに予約した方がいいですよ。

ちなみに都市部を結ぶバスは「3種類」あります!

「エクスプレスバス」「VIPバス」「スリーピングバス」って感じですね。

バスターミナルに到着!ちょっと治安が・・・?!

20:30出発の「スリーピングバス」を予約!

移動当日になりました・・・!

私は前日に「20:30にビエンチャン発ルアンパバーン行き」のスリーピングバスのチケットを予約してました。

泊まっていたゲストハウスのスタッフからは・・・

「ターミナルまで車で送るから、19時にゲストハウス集合ね!」って言われました。

そして市街地から車で30分以上移動して、北バスターミナルに到着しました。

スポンサーリンク

そこでゲストハウスのスタッフからチケットを貰いました!

発車時間まで時間を潰します!

自分が乗るバスは既に停車してたので、「バックパック」だけ先にトランクに預けます!

手荷物はセカンドバックだけになったので、かなり楽になります。

出発までは1時間ぐらい暇があったので時間を潰します!

事前情報では「ここのバスターミナルは商店や屋台があって快適です!」って言ってる人がいたんですけど・・・

実際にはそんないいもんじゃなかったですね。

屋台的なのは存在したけど、ちょっと衛生的にヤバそうでしたし笑

これから夜行バスに乗るのに、腹壊したら死亡ですからね!

商店はあるので、水やお菓子を買えるのは助かりました。

また建物の奥には1回2000Kip(30円ぐらい)の有料トイレがあるだけでしたね。

ターミナルのそこらじゅうにはゴミが散乱してて、快適ではなかったですよ笑

ちょっと治安の悪さを感じた!

気になったのは、待合スペースのレイアウトです!

空間を空けて、対面の位置でベンチがあったんですけど・・・

「後ろから荷物取られちゃうかも?」って普段がよぎる空間でした。

なにより「明らかに観光客を狙ってる地元の若者3人」がたむろってて怖かったし笑

バスの利用者って、ほぼ観光客だから雰囲気で分かるんですけど。

この3人組は軽装だし、観光客を少し離れたところからじろじろ見てるだけなんです。

「絶対油断したら荷物取られるパターン」でしょこれ笑

ちょっとスリとかのリスクを心配してしまう感じのターミナルだと感じました。

夜行バスを使う時は、気を付けた方がいいですね!

ちなみに私はバスの待ち時間で、「韓国人の旅行者」と出会って仲良くなりました

夜行バスに乗り込んでみる!

そして乗り込み時間になったので、搭乗していきます!

見た感じかなり綺麗なバスでした。

スリーピングバスは2段ベットがバス内に設置されているって話だったんですけど・・・

ホントにリクライニングソファー的なものが設置されてます!

日本では見た事のない造り。

座席は下と上で分かれていて、私は上の席だったのでハシゴを使って登ります笑

ちゃんと足がすっぽり収まる感じの造りで、成人男性がすっぽり収まるくらいのスペースはありましたが・・・

スペースが狭い?!

実際にはかなり狭いです笑!

入口で靴を脱いでそれをビニール袋に入れさせられるんですけど。

それを置くスペースも無いし、そもそもの手持ちバッグを置く場所もない笑

ホントに人間1人分のスペースだけって感じです。

仕方ないから靴はリクライニングの背中の隙間に無理やり突っ込んでおきました。

他の人達も荷物の置き場には困っていて、搭乗後しばらくみんな「ゴソゴソ」ずっとやってました笑

ついに出発します!乗り心地を含めた感想!

不安は2つあった!

ちなみに私の夜行バスに対して不安だった点が2つあります!

①バスの揺れがハンパないらしい

噂によると常に激揺れ状態で、スリーピングバスに乗っても全然寝れないとか笑

更には地元のラオス人も車内で吐く事があるとかね・・・

②山賊が出るかも・・・

夜行バスを狙った「山賊が山間部で出現」するっていう前情報ですね!

これは迷信でも無く、日本の外務省から「危険情報」として発出されているガチなやつ

これに遭遇するかどうかは完全に「運」です。

で、この2つがどうなのか気になりつつも実際に出発します!

始めは市街地なので全然大した事は無いですね。

途中にトイレ休憩が入ったりして、段々田舎になっていきます!

乗り心地はどうだったか?

スポンサーリンク

肝心の「揺れ」についてですが・・・

確かに舗装されてない感じの山道は「ぐらんぐらん」なりましたけど、全然寝れます笑

自分もそうだけど、周りの乗客も爆睡でしたからね!

吐くほどの揺れでもないし実際に誰もそんな人いなかったし・・・

「震度6以上がずっと続く」とかいう人もいるみたいだけど、どんだけ繊細な身体してんだよって思います笑

夜中1時ぐらいに観た星がめっちゃ綺麗で感動しました!

日本の「大島」の山頂でスターウォッチングした時と変わらないぐらいの感動を、ただの夜行バスで味わえました笑

夜行バスでダメだったところ!

明らかにダメなところがありました・・・!

それはトイレ休憩が頻繁にあり過ぎる事!

休憩は1時間~1時間30ごとにあって、まあ最初のうちは良かったんですよね。

でも夜中の2~6時ぐらいまでもしっかり休憩が入ります。

しかも休憩になる度に「運転手が大きい声でアナウンス」&「車内ライトの点灯」です笑

「そんな事されたら毎回起きるっつーの、少しは気を遣え!」って感じでしたね。

夜の12時以降に「夕食の時間だぞ」って軽食が出て起こされましたし・・・笑

「No thank you!」って言ってスルーして寝ましたけどね!

私は休憩の度に必ず一瞬は目が覚めちゃいましたね・・・

繊細な方だと、これはちょっとストレスかもしれませんね。

バスターミナルに到着、市街地まではワゴン車で移動!

また、若干の期待とワクワク感があった「山賊」ですが・・・

残念ながら出ないまま終わっちゃいました笑

バスは朝の6時前にルアンパバーンの「南バスターミナル」に到着しました。

既にワゴン車がたくさんあって、おじさんが「市街地まで送る」って客引きしまくってます。

バスに乗っていた観光客はみんなワゴン車に流れて、それぞれホテルの場所を伝えます!

料金は確か25000Kip(350円ぐらい)でしたね。

乗り合いなので、ラオスの相場で考えると安いですよ!

そんなこんなで、スリーピングバスは狭いし眠りを妨げるし・・・

って感じでしたけど、実際にはトータルで5時間以上は寝れたと思います!

意外なところでハプニングが発生?!

実は途中にちょっとしたハプニングがありました・・・!

夜中のトイレ休憩の時に、お店の中にあるトイレを借りたんですけど。

店員にトイレの場所を聞いて、いざドアを開けると・・・

なんと「白人のお姉さん」が今まさにおしっこをしている最中でした!

「ヤバ!!!」っと思ってそっこーでドアを閉めました笑

でもこの時、相手も気付いて目と目が合ったっていうね・・・

寝起きだったけど一瞬で目が覚めました!

普通なら「ごめんなさい!」って咄嗟に出るはずなのに、衝撃的すぎて声すら出せなかったっていう笑

これにはすげー動揺しましたし、悪いことしたなと反省。

まあ、このお姉さんが「カギをかけてない」のがいけないんですけどね笑

 利用料金・アクセス情報など!

「利用料金」

料金は利用する移動手段によります・・・!

ちなみに私はチケットをゲストハウスで予約してもらいました。

本来のチケット代にプラスして・・・

「手数料とターミナルまで送る送迎サービス」として40000Kip(550円ぐらい)が加算されていました!

ちなみにこれは、普通にタクシー捕まえてターミナルまでいくよりも安い!

なので結果として安上がりになったと思います!

<エクスプレスバス>

どこにでもある「普通のバス」です!

移動時間は「9時間ぐらい」で、料金は110000Kip(1530円ぐらい)

「出発時間:6:30、 7:30、8:30、11:00、13:30、16:00、18:00」

<VIPバス>  

座席がわずかにリクライニング出来るだけのバスです。

移動時間は「9時間ぐらい」、料金は130000Kip(1800円ぐらい)

「出発時間:8:00、9:00、19:30、20:00」

<スリーピングバス>

「2段ベッド」がバス内に設置されている寝台バスです。

料金は高めですが、これには「ミネラルウォーターとお菓子+軽食」が含まれています!

移動時間は「9時間ぐらい」、料金は130000Kip(2640円ぐらい)

「出発時間: 20:30のみ」

「アクセス」

ビエンチャン北バスターミナル

ビエンチャンの「北バスターミナル」へは、市街地から「トゥクトゥク」で25分ほど!

いっくんのまとめ

今回は、ラオスの都市部を繋ぐ夜行バスに乗ってみた感想でした。

乗る前には「揺れがヤバい」「山賊が出て危険」などの前情報はありましたけど・・・

何事もなく、無事に移動できました笑

トイレ休憩が多くて何度か起こされちゃいましたけど・・・

それでも予想してたよりは、しっかり睡眠は取れました!

翌日も昼寝もせずに、1日普通に観光出来ましたしね。

「アイマスク」と「耳栓」を持って行くと、途中で起こされずに寝れると思いますよ。


【飛行機】ラオスに行くには、海外格安航空券の「skyticket」で

【ホテル】ラオスの格安ホテルは、東南アジアに強い「Agoda」で

【ホテル】「最低価格保証サービス」が人気!「エクスペディア」で

【WiFiレンタル】海外旅行ではスマホが命!「イモトのWiFi」

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】