【ラオス】「ワット・シェントーン」はルアンパバーンで最も美しい寺院?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

「日本全国一周」を経験した私が、海外の観光スポットを語ります!

 

ルアンパバーンには「ラオスで最も美しい寺院」がありますよ。

それが「ワット・シエントーン」です!

 

ルアンパバーンの市街地からは少し外れた場所にあって・・・

ここには王室に関するモノが置かれてたりして、格式の高い寺院でした!

 

スポンサーリンク

「ラオスで最も美しい寺院」って言われている?!

ワット・シエントーンは、ラオスの寺院の中で「最も美しい」と言われています!

 

ここは1560年に「2つの蛇神」をまつるために、王の指示で建てられました。

かつては「王族の神聖な儀式」にも使用されていたんですよ。

 

ここには伝説があって・・・

高さ160mの伝説の大樹「マイ・トーン」があったと言われています!

本堂の裏にはそれをモチーフにした「生命の樹」というレリーフがあって、けっこー綺麗です!

 

また東門の辺りには高さ16mの王室葬儀用の安置所があって、「王家の骨壷」が安置されてるそうですよ!

 

スポンサーリンク

実際にワット・シエントーンに行ってみた!

ワット・シエントーンを目指す!

ラオスで最も美しい寺院を目指して、市街地から向かって行きます!

ちなみにこの寺院、ルアンパバーンの市街地の端っこにあります笑

 

メインの通りをずーっと北に歩いて行って、民家が多くなる中でようやく到着!

中に入って受付で入場料を払いましょう!

 

コンパクトな寺院!

前評判は良かったので、どんなところかと思って行きましたけど・・・

思ったより「コンパクト」な寺院でしたね!

 

上の写真みたいに、金色で彩られたレリーフとかは確かに綺麗でしたけどね!

 

「蛇神」は斬新なデザインだった!


入口すぐの建物にあった、この「蛇神」は良かったです!

この口を開けたドラゴンは、斬新だし面白いデザインですよね。

 

正直言って、たくさんの寺院を観ていると段々と感動が薄くなってきちゃうんですけど・・・

他の寺院であまり観たことが無いものには反応しちゃいます!

 

「マイ・トーン」のレリーフは美しい!

観たかった「生命の樹のレリーフ」は、色使いも確かに綺麗でしたね!

160mもの伝説の大樹「マイ・トーン」のくだりはけっこー謎ですけど笑

 

「ラオスで最も美しい」とかいう余計な情報さえなければ・・・

もっと純粋に感動できた気がします笑

 

観光スポットってどこもハードルを上げがちなんですよね。

 

ここでの観光時間は30分くらいを目安にみておけばいいと思いますよ!

 

入場料・営業時間・休業日・アクセス情報など!

「入場料」

入場料は「20000Kip(280円ぐらい)」です。

 

「営業時間・休業日」

営業時間は「7:00~18:00」で「年中無休」となっています。

 

「アクセス」

ワット・シエントーン

住所:Khem Khong、Luang Prabang

 

ワット・シエントーンは、ルアンパバーン市街地中心から1Kmくらいです。

サッカリン通りを北側にまっすぐ進んでいった端の方にありますよ!

 

いっくんのまとめ

今回は「ワット・シエントーン」に行ってみた感想でした。

 

ここの見どころは「蛇神」と「生命の樹のレリーフ」だと思います!

その2つは確かに綺麗でしたよ。

 

ルアンパバーンに行かれる方はとりあえず寄って良いと思います。

なんたってここはラオスで「最も美しい寺院」らしいのでね・・・話のネタにはなりますよ!

「ラオス旅行」観光スポットや知るべき情報について【まとめ】

2018.03.26