【海外旅行保険】コスパ重視ならクレジットカード付帯でしょ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

海外旅行に行く時の不安って、とりあえず「病気と犯罪」ですよね。

現地でもし起こったら・・・

語学的にも金銭的にも対処に困りますしね!

「旅行保険」をかけるっていう手段もありますが・・・

わざわざそれだけにお金をかけるのは勿体ない笑

今回はみなさんに「クレジットカードに付帯の海外旅行保険」についてお話します!

スポンサーリンク

旅行中の不安を取り除くには「海外旅行保険」!

私は人生で死ぬまでには「世界一周」してみたいって思う派です!

休みが取れないので、何回かに分けて行く感じだと思いますけどね笑

でも海外に行くにあたって不安要素があるんですよね・・・

やっぱり「病気と犯罪」が心配なんです。

せめてそれが起きた時には、なんとか対処出来るようにしたい!

そもそも英語が流暢に話せないから、トラブルが起きたらマジで無力になりますからね笑

例えば「盗難」に遭った場合。

「バッグを盗まれちゃった!」ってなったとしたら・・・

必ずやるべき事は「現地の警察署に行って事情を説明をして盗難届を出す」って事です!

これは仮に、現地の日本大使館に連絡したとしても「その手続きは自分でやって下さい」って話になりますからね笑

つまりは「自分で現地の警察官に口頭で説明するスキルと、盗難届を英語で書くスキル」が必要になるって事です!

これって普通の日本人にはマジで難易度高いですよね・・・笑

そんな時でも、これから話す「クレジットカード付帯の海外旅行保険」を使えば・・・

無料の国際電話で日本語オペレーターから指示が貰えます!

これは方法を教えてもらえったり出来るだけでもかなり助かりますよね!

相手のオペレーターはこういった対処には慣れてるわけですしね!

もちろん、被害に応じて保障額も振り込んでもらえますし!

絶対利用した方がいいですよね?!

ちなみに、私は現在「三井住友VISAクラシックカード」と「楽天プレミアムカードのMaster」の2枚を持っています!

今回は私が持っているクレジットカードを例に挙げて、どんな仕組みなのかを分かり易く説明していきたいます!

スポンサーリンク

「三井住友VISAクラシックカード」の海外旅行保険!

・このカードの保険は「利用付帯」?!

私は「三井住友VISAクラシックカード」を持っています!

利用付帯っていうのは「カードを持っているだけでは保険は適用されない」って事です!

保険が開始されるのは・・・

「旅行代金や旅行に関する交通費」をカードで支払った時点なので、そこを忘れないように注意しましょう!

「国内で旅行代金をカードで支払った場合」

カードの支払手続き自体は、旅行日よりも前で大丈夫ですよ!

ちゃんと旅行開始日から3ヶ月間にわたって保険が適用されます。

「出国後にカードを利用した場合」

出国後の場合は・・・

「カードを利用した日」から3ヶ月かつ旅行期間中のみ保険が適用されます!

保険の効果を発揮させるためには、国内外共に「交通機関の支払い」のみがの対象となっています!

つまり「海外でのショッピングの支払いは保険適用にならない」ので!

海外におけるタクシー等の移動費に関してはOKなので、交通機関でたった1度でも利用すれば良いのでね!

・保険の「補償内容・保険金額」について!

三井住友VISAクラシックカードの「補償内容・保険金額」はこんな感じです!

・事故死亡・後遺症:2000万円

・傷害・疾病治療:50万円

・賠償責任:2000万円

・携行品損害:15万円

・救援者費用:100万円

それではここでのポイントを2点書いて行きますね!

1点目は「携行品被害」について!

携行品被害ってあくまで「盗難の場合」に補償されるものになっています!

なので「紛失の場合」は保険が下りないんですよ笑

だからポイントとしては・・・

荷物が無くなった時には「盗難にあって無くなった!」って言い切る事です!

保険で補償してもらうためには「現地の警察」に盗難届を出して「事故証明」をもらう必要もありますのでそれも忘れずに!

2点目は「傷害・疾病治療」について!

保険として「使う確率が高い」ので、かなり重要なポイントになります!

実は、海外旅行保険付帯のクレジットカードって「補償の上限額を複数のカードで合算」してもらえるんですよ・・・!

だから使う頻度の高い「傷害・疾病治療」に関しても、上限額を簡単に引き上げられます!

例えば現地で病院に行ったとして・・・

そこの「医療費が70万」かかったとしますよね!

しかし、このカードの「傷害・疾病治療」は保険金額が50万円までになっています。

普通であれば超過した分の「20万円」が自己負担になります!

もし、この人が他の会社のクレジットカードを持っていたとして・・・

それが全く同じ条件の補償内容だったとします!

そうすると「傷害・疾病治療の保障金額」を合算出来るので「50万円×2」で100万円になります!

つまり医療費70万に対して「補償額は100万円」なので、自己負担は発生しなくなる!

これってかなり助かるシステムですよね!

だからもし複数の保険付きのカードがある人の場合は利用した方が絶対に得です!

しかし覚えておいて欲しいのが1点だけあります・・・

「事故死亡・後遺症:2000万円」だけは、他のカードとは合算できない仕組みになっています!

複数のカードがあった場合は、その中で「より保障金額が多いカードの限度額」が適応になりますよ!

・何かトラブルがあった時には「オペレーター」へ!

スポンサーリンク

「24時間365日対応」で日本語でサポートしてくれる「緊急アシスタンスサービス」があります!

滞在する国によって電話番号が変わるので「必ず調べてメモ」してから行った方がいいです。

実際に使う機会になりそうなのは、やっぱり「ケガや病気」ですよね!

そういった時にも「医療施設の紹介」「医療費のキャッシュレスサービス」「通訳の紹介・手配」など・・・

電話1本で手続きしてもらえます!

この中でも「医療費のキャッシュレスサービス」は特に助かるサービスです!

流れとしては・・・

まず病院に行く前に緊急アシスタンスサービスに電話をします。

そしてスタッフの方から現地の病院を先に手配してもらう事で、受診した際に費用を払わなくて済むシステムです!

ただでさえ不安な現地の病院なのでね・・・笑

多少の不安はこれでカバー出来るはず!

ちなみに「アシスタンスサービス」にも一応費用がかかります。

でもカードの保険の補償額までは、ちゃんと保険金の中から払われます!

「楽天プレミアムカード」の海外旅行保険!

楽天プレミアムカードの海外旅行保険についてもお話しします!

正直、海外旅行保険付帯のカードは基本的な仕組みは似たり寄ったりですが・・・

先ほどの「三井住友VISAクラシックカード」と大きく違うのは、こちらは「年会費」が発生します!

「年会費が1万円」かかるので、海外旅行保険も全体的に補償内容がランクアップしています!

保険については先ほどのカードの説明とかなり重複するので・・・

違いがあるところや、ポイントだけ説明していきますね!

・このカードの保険は「自動付帯」!

「楽天プレミアムカード」も3か月間補償が適用になります!

このカードは「自動付帯」なので、海外旅行へ行くと「自動的に海外旅行保険が有効」になる仕組みとなっています!

海外旅行を目的に家を出発して、旅行から帰ってきた翌日までの90日間が保障対象となります!

先ほどの「利用付帯」の様に、クレジットを使わなきゃいけない縛りが無いので便利!

・保険の「補償内容・保険金額」について!

「楽天プレミアムカード」の「補償内容・保険金額」はこんな感じです!

・事故死亡・後遺症:5000万円

・傷害・疾病治療:300万円

・賠償責任:3000万円

・携行品損害:50万円(免責3千円)

・救援者費用:200万円

こちらのカードも「医療費のキャッシュレスサービス」があります!

なので、いざ病院に行く事になっても安心です!

さっき説明した通りに「クレジットカードの保険金額の合算」が適用出来るのでね。

つまり「傷害・疾病治療」に関しては・・・

「三井住友VISAクラシックカード」の50万と「楽天プレミアムカード」の300万を合算して、350万円までなら自己負担なく病院に行けます!

欧米では全然足りない金額ですが、アジア圏であればまあ大丈夫なはずです!

また、携行品損害に「50万円(免責3千円)」と書いてありますが。

これは「最高50万円まで保険金」が出るけど・・・

保険金を受け取る代わりに「自己負担額が3000円」かかりますよって事です!

・世界中の空港内の「有料ラウンジ」をタダで使える!

出典:http://www.tio-trans.com/contents/maincontents/con01.html

楽天プレミアムカードの会員は「プライオリティ・パス」というカードを無料で発行出来ます!

このカードがあれば、世界中の空港内の「有料ラウンジ」をタダで使えます!

有料ラウンジは世界120か国にあって、「日本人が観光で行く都市」にある空港であれば、基本的に利用出来る感じです!

ちなみにプライオリティ・パスは、基本的に年会費が有料のクレジットカードに付帯しているサービスのようなものなんですけど・・・

このプライオリティ・パスをタダで申請出来る他のカードって、年会費が3~4万円くらいするんです!

でも楽天のカードであれば年会費1万円なんだからかなり得ですよね!

私があえて年会費のある「楽天プレミアムカード」を選んだ理由です!

このカードがあれば、海外旅行で例え夜遅くに空港に到着してたとしても・・・

VIPラウンジでゆったりと朝まで過ごせますからね!

しかもラウンジ内はお酒を含む飲食物は全て無料っていうね笑

場所によっては無料シャワーや仮眠室があるので、快適に過ごせます!



いっくんのまとめ
今回は、クレジットカード付帯の海外旅行保険について書いてみました!

海外で気を付けたい「トラブル」に対処するには、これ以上ない方法だと思います!

私も海外旅行に行くにあたって、わざわざこの2枚のカードを発行したぐらいですからね笑

幸いこれまでトラブルには遭っていないので、国際電話による「アシスタンスサービス」も使った事はないですけどね!

もしなんかあった時に、どれくらいの金額が保障されるかは事前にリサーチしてから旅行に出かける様にしています。

ちなみに、どのクレジットカードでも多少の違いこそあれほとんど同一です!

特に補償額に関しては「無料のクレジットカード」はホントに大差ないのでどれでも同じです笑

有料のものは、正直年会費をかけるだけ補償額も比例して高くなるっていうものですので、各々の判断で決めて貰えばと思います!

もし何も持たずに海外に行こうとしている方・・・

医療費とかマジで破産するレベルですからね笑!

コスパ重視なら無料のクレジットカード付帯の保険でもいいので、何枚か発行してから行った方が良いですよ!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】