【海外旅行保険】コスパ重視なら「クレジットカード付帯」でしょ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

海外旅行に行く時って「病気と犯罪」が不安ですよね?

「旅行保険に入る」方法もあるけど、わざわざお金をかけるのは勿体ない

それを解決するのが「クレジットカード付帯の海外旅行保険」です。

かなり使えるシステムなので、簡単に説明します!

スポンサーリンク

海外旅行の不安を取り除くには「海外旅行保険」!

海外旅行における不安・・・!

私は人生で死ぬまでには「世界一周」してみたいって思ってます。

でも海外に行く時って、やっぱり「病気と犯罪」が心配なんですよね・・・!

そもそも英語が流暢に話せないから、トラブルが起きたらマジで無力

だからトラブルに遭った時のために、やっぱり「保険」は必要だと思ってます。

保険が無いと、トラブルに遭った時に「無力」!

例えば旅行中に「盗難」に遭ったとして・・・

「バッグを盗まれちゃった!」ってなったとしても、誰も助けてくれませんし。

自分で色々と対応するのってマジで厳しいですよね。

「現地の警察署に行って、盗難届を出す」ってことは頭では分かってても。

その場でちゃんと「正しい判断と対応ができるか」っていったら怪しいしね!

こういう時こそ、誰かに頼りたくなりますよね。

現地の日本大使館は、パスポート関連は手助けしてくれますけど。

それ以外の金銭的なところは、まったくサポートしてくれませんから笑

スポンサーリンク

「海外旅行保険」があれば電話でサポートしてくれる!

そんな時でも「海外旅行保険」があれば・・・

無料の国際電話で、日本語を話せるオペレーターから指示をもらえます!

「現地での手続き方法」とか、教えてもらえたら助かりますよね。

もちろん被害額に応じて「補償金」ももらえるし、絶対利用した方がいいです!

でも普通に「1カ月いくら」って感じで、お金を払って海外旅行保険に入らなくても・・・

「クレジットカード付帯の海外旅行保険」が使えますよ!

私は「三井住友VISAクラシックカード」「楽天プレミアムカードのMaster」を使ってます。

今回は私が持っているこの2つのカードを例に、どんな仕組みか説明していきます!

「三井住友VISAクラシックカード」の海外旅行保険!

このカードの保険は「利用付帯」!

私は「三井住友VISAクラシックカード」に付帯してる海外旅行保険を利用してます。

ポイントは、このカードの保険は「利用付帯」なんですよね!

つまり「カードを持っているだけでは、保険は適用されない」って事です。

保険が適用されるのは「旅行代金や、旅行の交通費」をカードで支払った時なのでね。

そこに注意しましょう!

①「旅行代金をカードで支払う場合」

カードを使って旅行代金を支払った場合は、それだけで旅行保険は適用になります!

保険の適用期間は、旅行を開始した日から3ヶ月間です

これが一番スムーズな方法ですよ!

②「出国後にカードを利用する場合」

旅行代金の支払いに使わなかった場合は、旅行中にカードを使わないとダメです。

このケースで保険を適用にするには・・・

国内外で「交通機関の支払い」にカードを使うことです!

スポンサーリンク

タクシー等に使うのはOKなので、交通機関を1度でも利用すれば良いワケです。

でも「海外のショッピングでカードを使っても、適用条件は満たせない」ので注意!

出国後にカードを使った場合、保険の適用期間は・・・

「カードを利用した日」から3ヶ月、旅行期間中のみ保険が適用されますよ!

保険の「補償内容・保険金額」について!

三井住友VISAクラシックカードの「補償内容・保険金額」はこんな感じです!

・事故死亡・後遺症:2000万円

・傷害・疾病治療:50万円

・賠償責任:2000万円

・携行品損害:15万円

・救援者費用:100万円

それではここでのポイントを2点書いて行きますね!

「携行品被害」とは?

携行品被害は「盗難の場合」に補償されるものです!

だから「紛失」では保険が下りないので注意が必要ですよ笑

ポイントとしては・・・

もし荷物が無くなった時には「盗難にあった!」って言い切ることです。

あと「現地の警察」に盗難届を出して「事故証明」をもらう必要もあるのでね。

けっこーハードルが高いですけど、その時は「サポートセンター」に相談してみましょう!

「傷害・疾病治療」とは?

ケガや病気の時に使う保険は「使う確率が高い」のでかなり重要です!

あと実はクレジットカードの海外旅行保険って・・・

「傷害・疾病治療の補償上限額を、複数のカードで合算できる」んですよ!

例えば現地で病院に行って、そこの「医療費が70万」かかったとしますよね!

カードの「傷害・疾病治療」は保険金額が50万円までなので・・・

普通なら超過分の「20万円」が自己負担ですよね?

でももし、この人が他の会社のクレジットカードを持ってた場合!

それが全く同じ条件の補償内容だったら・・・

「傷害・疾病治療の保障金額」を合算して「50万円×2」で100万円になります!

医療費70万に対して「補償額は100万円」なので、自己負担は発生しません。

これはかなり助かるシステムですよね!

海外旅行保険付きのカードが複数ある人は、合算して利用した方が絶対得です。

トラブルがあったら「オペレーター」へ連絡!

もし海外でトラブルがあった場合には。

24時間365日、日本語でサポートしてくれる「緊急アシスタンスサービス」があります!

実際に使う機会があるのは、やっぱり「ケガや病気」ですね!

そういう時でも「医療施設の紹介」「医療費のキャッシュレスサービス」「通訳の紹介・手配」など・・・

電話1本で手続きしてもらえます!

この中でも「医療費のキャッシュレスサービス」は特に助かりますね!

滞在する国によって連絡先が変わるので「調べてメモ」しといた方がいいです。

流れとしては・・・

まず病院に行く前に「緊急アシスタンスサービス」に電話をします。

スタッフから現地の病院を手配してもらえば、受診した際にお金を払わなくて済みます

ただでさえ不安な現地の病院ですけど、多少の不安はこれでカバー出来るはず!

三井住友VISAカード お申込はこちら


「楽天プレミアムカード」の海外旅行保険!

ここからは「楽天プレミアムカード」の海外旅行保険についてお話しします!

海外旅行保険付帯のカードって、どこも「基本的な仕組み」は似てますが・・・

さっきと違うのは、こちらは「年会費」が発生します。

年会費が1万円するので、全体的に「保険の補償内容」はランクアップしています!

保険のシステム面はかなり重複するので、ポイントだけ説明していきますね!

このカードの保険は「自動付帯」!

「楽天プレミアムカード」も、3か月間は補償が適用になります。

このカードは「自動付帯」なので・・・

「海外へ行くと、自動的に海外旅行保険が有効になる」っていう仕組みです!

海外旅行を目的に家を出発して、旅行から帰ってきた翌日までの「90日間が保障対象」です。

こっちはカードを使う縛りが無いのが便利ですね!

・保険の「補償内容・保険金額」について!

「楽天プレミアムカード」の「補償内容・保険金額」はこんな感じです!

・事故死亡・後遺症:5000万円

・傷害・疾病治療:300万円

・賠償責任:3000万円

・携行品損害:50万円(免責3千円)

・救援者費用:200万円

こちらのカードも「医療費のキャッシュレスサービス」はありますよ。

あと、さっき説明したように「クレジットカードの保険金額の合算」ができるので。

つまり「傷害・疾病治療」に関しては・・・

「三井住友VISAクラシックカード」の50万

「楽天プレミアムカード」の300万

この2つを合算して、350万円までなら自己負担なく病院に行けます。

欧米では全然足りない金額ですけど、アジア圏なら大丈夫なはずですよ!

世界中の空港内の「有料ラウンジ」をタダで使える!

出典:http://www.tio-trans.com/contents/maincontents/con01.html

楽天プレミアムカードの会員は・・・

「プライオリティ・パス」というカードを無料で発行できます!

このカードがあれば、世界中の空港内の「有料ラウンジ」をタダで使えますよ!

有料ラウンジは世界120か国にあって・・・

「日本人が観光で行く都市」の空港は、ほぼほぼ利用できる感じです!

年会費は1万円だけど、かなり安い!

「プライオリティ・パス」って、年会費有りのクレジットカードで申請できるオプションみたいなサービスなんですけど・・・

実は他のカード会社だと、年会費3~4万円くらい払ってる人が申請できるサービスなんです!

でも「楽天プレミアムカード」なら年会費1万円だからかなり得ですよ!

私があえてこのカードを選んだ理由はそこです。

しかもラウンジ内はお酒を含む飲食物は全て「無料」っていうね笑

場所によっては「無料シャワーや仮眠室」もあるのでね。

海外旅行で夜遅くに空港に到着しても、VIPラウンジで朝まで過ごせますからね!

いっくんのまとめ

今回は、「クレジットカード付帯の海外旅行保険」についてお話ししました。

海外での「トラブル」に対処するにはピッタリですよ!

ちなみに補償額は「無料のクレジットカード」なら大差ないのでどれも同じです笑

一方で「楽天プラミアムカード」みたいに有料のものは・・・

「年会費と比例して補償額が高くなる」ものなので、そこにマジックはありません!

何も持たずに海外に行って、入院したらマジで破産レベルなので笑

「無料のクレジットカード付帯の保険」でもいいから、何枚か持ってった方が良いですよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】