「タイ」で予防接種!格安だし安全?!【世界一周:海外旅行者】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

今回は、長期で海外旅行に行く時に必要になる「予防接種」について!

・・・といっても「タイ」で格安で受ける方法についてです!

長期旅行者においては、タイでの予防接種がコスパが最高だと思います!

今回はタイのスネークファームにある「トラベルクリニック」のシステムについて説明しますね!

スポンサーリンク

海外旅行における予防接種の必要性とは?!

世界一周みたいに長期間にわたって旅行する時に必須になるもの・・・

それが「予防接種」です!

例えばあなたが1年近くかけた「世界一周旅行」に出かけるとしますよね?

そこで色々なローカルフードを食べた結果、2か月後に「A型肝炎」に罹ったら・・・

せっかくの旅行が台無しになるわけですよ!

それで観光が出来なくなるわ、余計に延泊する事になったり、航空券を実費でキャンセルする事に・・・

って考えるだけで最悪です!

なにより、病院での医療費が保険でカバー出来ればいいですが。

入院になって海外旅行保険でカバー出来る金額を越えたら死亡しますからね!

「経済的に」って意味ですけど笑

まあ、リスクはどうしても旅行にはつきものですけど。

ここで大事なポイントは・・・

そもそもA型肝炎って「予防出来る」んですよ笑

予防接種を事前に接種していたら、罹らずに済んでいたわけです!

そう考えると・・・

「予防出来る病気に旅行中に罹って苦しむのは、時間も労力もマジで勿体ない」と思いますよね笑

なので、予防接種は絶対に受けといた方が良いですよ!

予防接種は事前の計画が超大事?!

海外旅行に行く際には予防接種が超大事になってきます!

特に「食べ物で感染するA型肝炎」や「蚊で感染する日本脳炎」といった・・・

自分の努力では完全に防ぎきれないものに関しては、絶対やっておくべきです!

「じゃあ自分には何の予防接種が必要?」って話になりますが。

スポンサーリンク

それは「渡航先、渡航期間、渡航形態、年齢、健康状態、過去の予防接種歴」で決まってきます!

とりわけ重要なのは「渡航先と過去の予防接種歴」ですね!

私のケースを実例に挙げて説明してみますね・・・!

私は「マレーシアやインドネシア」に行くにあたって「日本脳炎」の予防接種をタイで受ける事を決めていたんですけど。

過去の予防接種歴なんて全く覚えていませんでした笑

それで私は暫く悩む事に・・・

何故かというと、日本脳炎って基礎免疫(過去に1回でも受けた事)があれば、あと1回接種するだけで死ぬまで免疫を獲得出来るんです。

でも、果たして自分が小さい頃に受けた事があるのかどうなのかが全然分からない!

もし受けていないなら、日本脳炎は2回接種しないといけませんし。

母親に電話で確認するも覚えていないとの事・・・笑

悩んだ結果、実家にある「母子手帳」を引っ張り出して確認しました・・・!

母子手帳を見れば、小さい頃に受けた「予防接種の種類とその回数」を把握出来るのでね。

母子手帳を見ると、5歳の頃に日本脳炎を1回接種していた事が分かりました!

それを見てようやく「じゃあ、あと1回接種すれば大丈夫だ!」って安心して受ける事が出来たわけです!

こんな感じで、渡航先と予防接種歴が大事ってワケです!

なのでみなさんも、まずは自分の接種歴を知るところからスタートした方が良いですよ!

ちなみに予防接種は突き詰めて考えてみると、たぶん思っている以上に複雑なものです。

種類によっては1回だけで免疫が獲得出来るものもあれば・・・

数回にわたって決められた間隔を空けて接種をするものもある。

1つ1つ考えていくと、それを効率よく組み合わせる事の難しさに気付くはずです笑

「そんなんよく分かんないし、考えるのもめんどくさい!」って方は・・・笑

出発の半年前くらいになったら、近くの医療機関や検疫所に母子手帳を持って行って聞いてみましょう!

それが一番手っ取り早いです笑

そこで「行く予定の国・旅行期間」を医師に伝えて、ワクチンの種類やスケジュールを向こうに決めて貰っちゃえばいいわけです!

格安の予防接種ならタイの「トラベルクリニック」!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10442104

海外旅行で必要になる様々な予防接種・・・!

国内で予防接種を受けるとかなり高額になります!

受ける予防接種の種類や本数にもよりますけど。

もし世界一周並の免疫力を獲得しようと思った場合・・・

メインとなる予防接種を数種類で「6万円以上」は余裕でかかってきます笑!

けど、国外であれば格安で受けられます!

スポンサーリンク

その理由は日本よりも「予防接種の製剤単価」と「人件費」が安いからですね。

私はタイのバンコク市街地にあるトラベルクリニックで予防接種を受けるのをおすすめします!

ちなみにこのクリニックは「スネークファーム」の敷地にあります!

ここが良い理由は値段の安さはもちろんの事。

組織の運営母体が「赤十字病院」なので安心して受けられるってところです!

ちなみにここを利用する人達の間では・・・

「スネークファームで予防接種を受ける」って言い方をするみたいですよ笑!

私は実際にここで予防接種を受けてきました!

その結果として「日本の3分の1以下の金額」で済ませられました!

「全く同じ予防接種の製材」でも、日本とタイで料金が全然違うっていうのは違和感がありますよね笑

タイでは1日に複数のワクチン接種がOK!

私はタイで予防接種を受けてきました!

タイでは「1日に最大4種類」の予防接種が打てます!

しかも連日打つことも可能で、医師が許可さえしてくれれば「2日間で最大8種類」の予防接種を受けられます・・・!

まあ流石にそれは医師からも止められると思いますが、システム上は可能らしいです笑

日本であれば医師によっては副作用のリスクも加味して・・・

1度に1種類で、更に1週間ぐらい期間を空けるようにってところもありますからね!

つってもまあ、幼児であれば同日に複数接種してたりしますけどね笑

基本的にはみなさんご存じの通り「日本ってかなり心配性の体質」なので・・・笑

極力リスクを排除しようとして、ある程度の縛りを設けてるって事です。

あと、タイで予防接種することについて「危険なんじゃない?」っていう見方をする方もいるかとは思いますが。

ここは「狂犬病などのワクチン製造」も行っている「赤十字病院系列の機関」なのでね。

安全ですので心配いりません!

ちなみに、考えられる副作用についてあげると・・・

人によっては「腕が痛くなったり、熱っぽくなったり、ふらふらしたり」します。

副作用の中で一番怖い「アレルギー反応」に関しては・・・

接種後には暫くベッドで横になって看護師が経過フォローして、そこで判断して貰えるので安心。

それ以外の副作用は、もしあったとしても一時的なものですからね!

予防接種後に万全を期するためには・・・

当日は何も予定を入れずにゆっくり横になって、飲酒と入浴を控えれば大丈夫です。

そして私がタイでの予防接種を勧められる最大のポイントが・・・

「2回目以降の接種を再びタイで打つ必要はない」って事です!

どういうことかというと。

先ほど説明したように、予防接種は期間を空けて複数回接種しないと効果が出ない種類がありますよね?

そういった予防接種に関しても・・・

ここでの証明書を持って帰って、残りは日本で接種してもいいわけですよ!

もし旅を続ける方の場合は・・・

その次に行く他国の似たような「トラベルクリニック」で受けてもいいでしょうしね!

そう考えると、海外で予防接種する事に関しては「時間的・金銭的」にもデメリットはほぼ無いという事になります!

また、他国で受ける場合は「衛生状況・安全面」に関しては、タイのスネークファームの様にしっかりとした運営母体を選びましょうね。

タイのトラベルクリニックでの予防接種の種類!

海外で予防接種を受ける時に絶対に必要になる情報・・・!

それが「ワクチン名の英語表記」です笑!

当たり前過ぎますけど、他国で予防接種を受ける場合には手続きは全て「英語」ですからね笑

問診票の記載に関しては、基本事項に関しては「入出国カード」レベルの内容なので問題なく書けると思いますが・・・

「予防接種(疾患)の英語名」なんて、よっぽど英語に精通した人しか分かりませんからね!

私が実際にタイで問診票を書いた時には・・・

英語で予防接種名(疾患名)がズラーって書いてあって、過去に予防接種を受けた事があるか「チェック」するシステムでした笑

予防接種の英語名は絶対に必要なので、以下の内容を参考にしてみて下さい!

A型肝炎:Hepatitis A

B型肝炎:Hepatitis B

A型肝炎&B型肝炎:Hepatitis A&B

日本脳炎:Japanese Encephalitis

腸チフス:Typhoid

狂犬病:Rabies

コレラ:Cholera

ジフテリア:Diphtheria

ポリオ:Polio

破傷風:Tetaus

黄熱病:Yellow Fever

3種混合ワクチン(破傷風、百日咳、ジフテリア):Boostrix

麻疹:Measles-Mump-Rubella

髄膜炎菌:Meningococcaus

ヒトパピローマウイルス:Human papillomvirus

肺炎球菌:Pneumococccus

水疱瘡:Varicella

グラム陰性桿菌:Doxycycline

抗マラリア薬:Lariam

以上で海外旅行に必要になるほとんどの予防接種はカバー出来てるはずですよ!

いっくんのまとめ

今回は、海外渡航における予防接種の考え方と、海外では格安で予防接種が受けられる事についてでした!

世界一周のように長期旅行をする方であれば、流行地に入る前に免疫の獲得が大事になってきます!

まあ、1週間くらいの短期であれば過敏にならなくてもいいとは思いますが・・・

私はタイのスネークファームにあるトラベルクリニックをおすすめします!

値段が日本の3分の1ぐらいで済みますし!

なんといってもタイのバンコク市街地にあるというアクセスの良さと、赤十字病院の系列のクリニックという安心感ですね!

多くの予防接種を受ける予定の方であれば、数万円単位で節約出来ると思いますよ!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】