「タイ」で予防接種!格安だし安全?!【世界一周:海外旅行者】

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

海外旅行に行く時に必要な「予防接種」について!

長期で滞在できる人なら、タイで予防接種を受けた方が格安ですよ。

場所はタイのスネークファームにある「トラベルクリニック」です。

海外で受ける予防接種について、簡単に説明していきますね!

スポンサーリンク

格安の予防接種ならタイの「トラベルクリニック」!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10442104

海外旅行では予防接種が大事!

海外旅行に行く時に必要になるのが予防接種!

ちなみに、国内で予防接種を受けるとかなり高額です。

受ける予防接種の「種類や本数」にもよりますけどね。

もし世界一周を目指せるぐらいの免疫力を獲得しようと思った場合は・・・

メインの予防接種を数種類で「6万円以上」は余裕でかかってきます笑!

タイなら安く予防接種ができる!

予防接種は、日本以外でもやってもらえるんですよ。

なにより、国外であれば格安で受けられます!

その理由は日本より「予防接種の製剤単価」と「人件費」が安いからですね。

私はタイのバンコクで予防接種を受けるのをおすすめします!

コスパはめっちゃ良いし安全!

ここが良い理由は、値段の安さはもちろんの事。

全く同じ予防接種でも、日本とタイで料金が全然違うんです笑

スポンサーリンク

私は実際にここで予防接種を受けてきて・・・

「日本の3分の1以下の金額」で済みました!

組織の運営母体が「赤十字病院」なので安心して受けられるってところです!

ちなみにここを利用する旅行者達の間では・・・

「スネークファームで予防接種を受ける」って言い方をするみたいです!

厳密にはスネークファーム敷地内にある「トラベルクリニック」だから。

この言い方は語弊はあるんですけどね笑

タイでは1日に「複数のワクチン接種」がOK!

1日に「最大4種類」も受けられる?!

私はタイで予防接種を受けてきました!

タイでは「1日に最大4種類」の予防接種が打てますよ。

ちょっと多くてビビりますよね笑

医師が許可さえしてくれれば連日で打つことも可能なのでね。

つまり「2日間で最大8種類」の予防接種を受けられます・・・!

まあ流石にそれは医師も勧めはしませんけど。

確認したらシステム上は可能らしいです笑

日本よりも短期間で済ませられる!

日本でやる場合って、もちろん「副作用のリスク」も考えるので・・・

1度に1種類で、更に1週間ぐらい期間を空けるように言われます!

基本的にはみなさんご存じの通り「日本ってかなり心配性の体質」なので・・・笑

極力リスクを排除しようとして、ある程度の縛りを設けてるって事です。

異国の地での予防接種、安全性はどう?!

タイで予防接種することについて「危険なんじゃない?」って思う方はいると思います。

スポンサーリンク

「安くて質の悪い薬を使われたりしない?」って感じでね。

でも予防接種の内容は、日本で使ってるのと同じ製品だったりしますから!

さらにここは「狂犬病などのワクチン製造」もしてる「赤十字病院系列の機関」なのでね。

ここで作られた予防接種のワクチンが世界中に出回ってるワケです。

安全に決まってるじゃないですか!

予防接種後の「副作用のチェック」はされる?

ちなみに、考えられる副作用についてあげると・・・

人によっては「腕が痛くなったり、熱っぽくなったり、ふらふらしたり」します。

副作用の中で一番怖い「アレルギー反応」に関しては。

接種後には暫くベッドで横になって・・・

看護師が経過フォローして、そこで判断して貰えるので安心です。

それ以外の副作用は、あったとしても一時的なものですからね。

予防接種後に万全を期するためには・・・

当日は何も予定を入れずにゆっくり横になって「飲酒と入浴」を控えれば大丈夫です!

「複数回の予防接種」が必要なものは、続きは他の国で!

私がタイでの予防接種を勧められる最大のポイントが・・・

「2回目以降の接種を再びタイで打つ必要はない」って事です!

予防接種は期間を空けて複数回接種しないと効果が出ないものがあります。

そういった予防接種の場合は・・・

ここで1度予防接種した証明書を持ち帰って、残りは日本で接種してもOKなんです!

もしタイの後にも旅を続ける方は・・・

その次に行く国にある「トラベルクリニック」で、残りの予防接種を受けてもいいですよ!

他国で受ける場合は、「衛生状況・安全面」がしっかりとした施設を選びましょうね。

こう見ると海外で予防接種するのは「時間・金銭的」にデメリットは無いのが分かります!

タイでの予防接種を受けるには、英語も知っておくべき!

海外での予防接種は、最低限の英語が必須!

海外で予防接種を受ける時に絶対に必要になる情報・・・!

それが「ワクチン名の英語表記」です。

当たり前ですけど、他国で予防接種を受ける時は「英語」が必須ですからね笑

問診票に記載する基本事項は、「入出国カード」みたいな内容なので問題ないですけど・・・

「予防接種(疾患)の英語名」は、よっぽど英語に精通してないと分かりません

私が実際にタイで問診票を書いた時には・・・

英語で予防接種名(疾患名)がズラーって書いてあって。

それぞれ過去に予防接種を受けた事があるかどうか、「チェック」していくシステムでした。

予防接種の英語名を簡単にまとめました!

「予防接種の英語名」は、絶対に必要となる情報なのでね。

以下に簡単にまとめたので参考にしてみて下さい!

A型肝炎:Hepatitis A

B型肝炎:Hepatitis B

日本脳炎:Japanese Encephalitis

腸チフス:Typhoid

狂犬病:Rabies

コレラ:Cholera

ジフテリア:Diphtheria

ポリオ:Polio

破傷風:Tetaus

黄熱病:Yellow Fever

3種混合ワクチン(破傷風、百日咳、ジフテリア):Boostrix

麻疹:Measles-Mump-Rubella

髄膜炎菌:Meningococcaus

ヒトパピローマウイルス:Human papillomvirus

肺炎球菌:Pneumococccus

水疱瘡:Varicella

抗マラリア薬:Lariam

以上で、海外旅行に必要になるほとんどの予防接種はカバーできてるはずですよ!

いっくんのまとめ

今回は、タイで格安で予防接種を受けることについてお話しました!

世界一周のように長期旅行をする方であれば・・・

タイのトラベルクリニックをおすすめします!

予防接種の値段が「日本の3分の1ぐらい」で済みますしね。

なんといってもバンコク市街地にあるっていうアクセスの良さと・・・

赤十字病院系列のクリニックという安心感ですね。

多くの予防接種を受ける予定の方であれば、数万円単位で節約できると思いますよ!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】