海外の食事が「辛い・不味い」場合には「コンビニ飯」がおすすめ!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

海外に行ってる時に困るのが食事です・・・!

「辛い・不味い」で困った経験がある方も多いはず!

海外での食事に困った時に助けになるのが「コンビニ飯」ですよ!

スポンサーリンク

海外の辛くて異臭のする食べ物に悩まされる!

海外(特に東南アジア)に行ってぶち当たる壁として・・・

「辛い食べ物と不味い食べ物が多い」って事ですね笑!

東南アジア圏の屋台で共通する問題!

屋台から漂う異臭と・・・勇気を出して食べても「辛いor不味い」っていう負の二重奏

現地で使ってる「香辛料、油、水」のどれもが独特の異臭を生み出します!

街中を歩いていて感じる「肉の腐った匂い」や「質の悪そうな油の匂い」・・・

誰もが海外で感じた事があると思います!

私はそもそも「これ衛生的に大丈夫か?」って心配になるタイプなので、極力は屋台で食べるのは避けていましたが・・・笑

それでも現地人から「美味しいから食べてみろ!」って勧められた時とかは勇気を出して食べてました!

そうやって、これまで何度もチャレンジしてみましたけど。

結局は想像以上に辛かったり不味かったりして食べられないっていう最悪なパターンでした笑

辛い食べ物はホントにムリ・・・!

海外では東南アジアには辛いものが結構多い事で有名ですよね!

特にタイなんかは油断するとマジで辛い物が出てくることがあります。

私がタイで辛い食べ物対策として覚えた言葉は・・・

「辛くしないで下さい」=「マイペット・ナカップ」

あと、パクチーが苦手なので・・・

「パクチー抜きで」=「マイサイパクチー・ナカップ」

これは私が現地で生き残るために覚えた「呪文」です笑

ちなみに、トムヤムクンなんて普通に頼んだら・・・

あまりの辛さに「これ絶対食べたらお腹壊すはず!」って感じるレベルだったりしますからね。

食べ物を「安心して食べれないストレス」って結構しんどいです・・・!

美味しいはずのファーストフードすら不味い・・・?!

スポンサーリンク

何回か失敗が続くと、街中にある「レストランや屋台」を段々と信用出来なくなってきます笑

そしてきっとこう思うはずです・・・!

「そうだ!ファーストフードなら大丈夫じゃないか?!」ってね!

実際に私は「マックやケンタッキー」にはかなりお世話になりました!

このツートップはどこで食べても同じ味で美味しかったです!

しかしファーストフードだとしても、一概には安心出来ないんですよ!

ここでは、実際に私の実例をお話しします!

ローカルフードの異臭にうんざりしていた私は、ファーストフードに逃げるようにしました笑

「モスバーガー」があったので、これは癒しのチャンスだと思って入店します!

これで「やっと安心して食べれる・・・!」って思いましたから。

でもレジに並んでいる時から、奥の方から屋台で感じた異臭がしたんですよね・・・!

この時は気のせいだと思って流しましたけどね笑

「きっと他の店から流れてきてる匂いだろうな」って感じで。

とりあえず海外では肉食になっていたので、ここではモスの「フィレオフィッシュバーガー」を注文しました!

スポンサーリンク

いよいよ食べ始めます。コーラを1口飲んで、まずはセットのポテトを食べてみると。

「あれ?何か変な匂いする・・・!」

まさかと思いつつ、バーガーを食べてみると、味と風味に半端ない屋台臭が!

これまで避けていたあの臭いがバーガーに凝縮されてます笑

冗談抜きで、軽く吐き気を感じる風味でしたからね。

その時に思いました・・・

「そうか、もう油の時点で侵されてるんだな」って笑

私はファーストフードだけは、味は一定の質が保たれていると思っていたんですけどね。

現地の人にはやっぱり「現地の油」が美味しいって事なんでしょうね。

私はお腹が減っていたのにも拘わらず、初めてモスを残しました笑

バーガーはホントに不味かったのでムリだったんですけど・・・

ポテトはまだ我慢して食べれる感じだったので、空腹を満たせるくらいは食べました。

「何故こんなに苦痛を味合わないといけないんだ・・・」

って思いましたよね。

海外旅行は「食」だけはホントに問題だなって実感する体験となりました。

海外で食事に困ったら「コンビニ飯」がおすすめ!

一連の食に関する問題を解決する方法として・・・コンビニ飯がおすすめなんですよ!

これ私はガチで言ってます。

他の記事でも書いたけど、旅行中って腹壊したら元も子もないんですよね!

「辛くてちょっと不味いものを食べるよりは、安心なものを食べたい!」って思った結果がコンビニです!

高い金払って海外まで来て、安くて不味くて不衛生なローカルフードを食べて腹壊してもね・・・!

せっかくの観光も出来なくなって不快指数MAXになりますし。

苦痛だけじゃなくて金も失うって言う流れは最低ですよね。

アジア圏っていたるところに日本企業のコンビニがあるんですよ!

例えば「セブンイレブン」とか「ファミリーマート」とかね!

現地企業のコンビニももちろんありますけど。

さすが日本が介入してるだけあって「店内は清潔」だし、日本商品もたくさん置かれてるのでマジで憩いの場です笑

その上「パンや弁当」も置かれてる!

私がおすすめしたいのは、これをメインのご飯にするって話です!

海外のコンビニ弁当も、あらゆる客層が食べれる味付けにしてくれてるんですよ!

つまりは日本人にとっても食べやすい!

例えばさっき説明したトムヤムクンみたいな辛い料理に挑戦してみましたけど。

全然食べれる辛さだし、味付けも普通に美味しいっていう!

もちろんコンビニは日本企業が設けた一定の管理の下で工場での生産、しっかり加熱調理がしっかりなされているわけです。

だから「衛生面」に関しても安心!

この安心レベルはマックとかケンタッキー以上のものです。

改めてコンビニって凄く実用的なシステムだと思って感動します笑

つまり、毎回食事の度に細心の注意を払っていた「味」「辛さ」「衛生面」っていう問題全てをカバーしてくれるんです!

そう考えると、凄く良くないですか?!

ちなみにコンビニ弁当やパンは値段も安いですから!

観光客価格でボッタくられる普通のお店より全然良いです!

お釣りも大きいお札を出してもちゃんと返してくれますしね!

私から見ると良いところしか見当たりません・・・笑!

実際にコンビニがある国においては、観光が終わって夜にホテルに戻る前にコンビニに寄って弁当を買ってました!

そして朝ご飯はコンビニのパンっていうね笑!

値段も激安だから安心して買えて素晴らしい!


いっくんのまとめ
今回は、海外での辛い・不味い食事に困った時にはコンビニ弁当がベストだと言う話でした!

もちろん、ローカルフードを美味しいと思って何の問題も無くいく人も沢山いると思います。

でも中には日本とは違う「独特の風味」や「香辛料」で食事がホントに苦痛になる人もいると思います。

そんな時には1度コンビニ弁当を試してみて下さい!

正直言って見た目は日本の弁当より低クオリティーで美味しくなさそうにみえると思います笑

でも食べてみれば分かります!

「あ、これなら大丈夫だ!」って気付きますから笑

また、コンビニ弁当は衛生的にも安心なので、これを食べてる間は「下痢」知らずでいけるはずですよ!

無謀にローカルフードに挑戦して「口に合わない上にお腹を壊す」っていう最悪なパターンになるより絶対良いと思いますよ笑!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】