世界の貧困や経済格差は無くならない。原因は私たちにある?

スポンサーリンク

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

誰もが感じてることでしょうけど。

わたしは世界の経済格差は今後もなくならないと思ってます。

 

 

経済格差は人間の心の闇がほぼ無意識に作り上げてるものだと思ってます。

どういう事か詳しく説明していきますね!

 

スポンサーリンク

経済格差は私たちの意識の問題?!

世界規模での経済格差が問題になってますけど・・・

 

みなさんご存じの通り、世界で経済の中枢を担う国の多くは資本主義です。

「資本家と労働者」という上下関係ありきの社会ですよね。

 

だからどうしても富を追求したライフスタイルになってしまう。

 

経済格差の原因かについて改めて考えてみた時に・・・

根本にあるのは「自分だけ良い思いがしたい」という人間の欲望だと思ってます笑

 

 

 

 

 

私たちは自分さえ良ければいいと思ってる?!

かつて奴隷制度って世界中にありましたよね。

人間を動く家畜のように扱うことで、莫大な資本を獲得したのが人間の歴史です。

 

こうしたシステムは消え去ったかのように見えますけど、今現在も残っているんですよ。

ただその形態が巧妙に分からなくされているだけであってね。

 

世界の貿易を維持管理する「WTO」という組織がありますけど。

スポンサーリンク

先進国が自国の利益だけは絶対に確保し続けるシステムです。

 

さらに言ってしまえば途上国の成長をセーブしてるわけです。

 

途上国が自国でどんどん経済成長出来るまで発展させてしまうと・・・

結局それが先進国にとっては不利益になるわけですよ。

 

そしたら途上国をギリギリの生活が送れる水準に留めておいて。

先進国が必要とする「1次産業」に従事してもらいたいワケですね。

 

私たちの今の暮らしは・・・

「途上国の人達の豊かな生活を搾取」した上に成り立ってるんです。

 

経済格差をなくすには、私たちの生活水準を下げるべき?

経済格差をなくすための活動が起こったら?

世界の経済格差をなくす方法の1つとして・・・

子供でも考え付くのは、私たちの生活水準を下げて世界をフラットにすることですよね。

 

もしそんなことを日本のトップ層が言い始めたらどうしますか?

「この世界の経済格差を是正するために、私達の生活水準を下げよう!」ってね。

 

そんな考えを唱える人がいたら、あなたはどう感じますか?

私達の生活を後退させれば、これまで搾取されてきた人たちの生活が守られる。

 

あり得ない話なのは承知の上で、とりあえずイメージだけしてみましょう。

 

 

イヤがる人が大半だと思う。

予測するまでも無く、猛反発の意見が出まくると思います笑

「なんで途上国の奴らの生活のために、私たちの生活水準を下げなきゃいけないんだ!」

「海外の人達の事なんてどうでもいいだろ別に」

「経済が発展してないのはそいつらの自業自得だろ。こっちには関係ない。」

「私達だって生活するので一杯一杯なのに、そんなの無理に決まってるでしょ!」

考えられる意見としてはこんな感じだと思います笑

 

あり得もしない爆弾を投下すれば、人間のこうした自分だけいい思いをしたい一面が出てくるワケです。

 

でもこれがリアルなんですよね。

私達の中に無意識にあるって、こういう時に表れてきます!

 

だから経済格差は無くならない!

日本においても同じこと

経済格差は私達が無意識に持っている「欲望と損得勘定」で成立してるんですよ。

 

ここで海外から視点を変えて、日本国内で置き換えてみましょう。

「日本国内の経済格差は異常だ!高給取りの人達との賃金差を縮めるべきだ!」ってね。

 

そうするときっと日本の富裕層からも同じことを言われるでしょうね。

「何でお前らのためにこっちの賃金が下がって税金も多く払わなきゃいけないんだよ!」

「貧しいのはお前らの努力不足だろ。自業自得なんだから文句言うなよ」

結局はそういう事なんですよ。

 

「持つものと持たざるもの」がいて、それをどうにかしなきゃいけないなって理屈では分かってるけど・・・

最終的には「まあ自分さえ良ければいいや」ってなるのが人間です。

スポンサーリンク

 

みんな自分より圧倒的に弱者に対して偽善の心は一応持ってるんです。

だから募金みたいに「自分の生活に被害が及ばない範囲」での支援ならOKですけど。

 

自分の生活に支障が出るようなことは全力で否定しにいきます。

そこには「自身の利益の確保」を優先する思考が働くからですね!

 

理屈では分かってても、結局は自分がかわいい

 

理屈では正しいことだし、そうしてあげたいと思えたとしても・・・

そこに利害が発生するなら、それを無意識に避けるのが普通です。

 

人間は賢いですからね。例え教育を受けずとも「1つよりは2つを求める生き物」なのでね。

損得勘定を元にして生きてますから。

 

だから世界規模でははもちろん、国内においても経済格差は無くなりませんよ。

権力と金を手にしたらそれを死守したいってのが、人間の本性ですから。

 

いっくんのまとめ
今回は、世界の貧困や経済格差は無くならないという話でした。

 

経済格差の根底にあるところは・・・

「自分だけがよければ他はどうだっていい」っていう利己的な欲望が関係してます。

 

改めて考えてみると人間はやっぱり聖人みたいにはなれないんだなって思います。

あくまで自分が大事ですからね。

日常の中ではそれをうまく隠すことに長けていますけどね・・・

 

 

とはいえ、少しずつ経済格差はなくなっていくと嬉しいんですけどね!




スポンサーリンク