デキる人とデキない人?!日本人の能力が2極化してる?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

近年は「二極化」の勢いが止まりませんね!

「人間の能力」も二極化が大きく進んでると思います。

出来る人は何でもできるし、出来ない人は何もできない笑

今回はそんな話を書いていきます!

スポンサーリンク

昭和の頃は「人間の能力」をイメージ出来た!

昭和の頃って「人間の能力や印象」をある程度イメージできてたと思います!

例えば「エリート層」や「ヤンキー層」がいたとして・・・

かつてのイメージを挙げるとこんな感じです!

エリート層は、地味でスポーツができない

かつてのエリート層って、見るからに勉強ばかりやってきたオーラ全開でしたよね。

「地味で眼鏡」「スポーツ出来ない」

割合としてはこんなタイプが多いイメージだったと思います。

ヤンキー層は、派手でスポーツ万能

かつてのヤンキー層って、見た目が派手でギラギラした感じのイメージ。

スポーツ万能の人が多く「小・中学校」はクラスの主要メンバーだった人達。

でも社会人になるとエリート層にこき使われるのが通例っていう。

こういうすげー単純な「イメージ」が、見事に当てはまってたと思います。

近年はかつての「イメージ」が崩れてきた?!

かつてのイメージは通用しない?!

近年はこれまでのイメージと実物像がどんどんかけ離れるようになってきました!

さっき挙げた内容とは全く違った現実があります。

どういう事かというと・・・

特に近年の「エリート層」は全てを兼ね備えています!

そして、それ以外の層との差があまりにも激しい感覚ですね。

 

最近の「エリート層」は何でもできる!

エリートの簡単な例えとして・・・

「大手一流企業の本社勤務の人」や、学生であれば「国公立・早慶上智」に行く人とかね。

そのスペックが勉強だけじゃなくて、全体的に高過ぎるんです!

例に挙げた「ステレオタイプのイメージ」は全く通用しない・・・

「勉強ばっかりで他を犠牲にしてきた」地味でイケてない人達じゃないんです。

スポンサーリンク

むしろ、他の事も両立して順風満帆に育ってきたパターンが多い

早慶上智とかキャンパスに行けば分かりますけど、昔とは学生のイメージが全然違います。

まあ実際に勉強1本じゃなくて、「スポーツや音楽」も出来る人が多いし。

なんかもう非の打ちどころがない感じですよ!

学生時代から「社会人並みのスキル」を発揮して社会活動をしている人も多いですし。

もはや見ていて恐ろしいとさえ思っています笑

ちなみに私は病院勤務ですが、今時の20代「医師」のフットワークの良さ&チャラさって異常です笑

イケてない層はどうなっているのか

入社のハードルが低い「サラリーマン」や「Fランクの大学」に行ってる人の場合は・・・

もちろん教養的な面では圧倒的に劣りますよ。

でも勉強以外でカバー出来ればOKなんですけど、実際にはカバーできてないんですよ!

むしろ「地味」で「将来引きこもる確立」が高いのは・・・

「Fラン大学の学生」に集中している傾向すらありますからね。

入社競争の低いサラリーマンとして働き始めるけど、待遇がめっちゃ悪くて苦しむことに。

すげー偏見に満ち満ちた言い方に聞こえますが・・・笑

そういう傾向が「Fラン大学に多い」って言うのはあながち間違ってないはずです。

エリート層はどうやって出来上がる?!

幼少期の能力は、完全に親の教育が反映!

なぜ「持つ者と持たざる者」の様に2極化が起こるのか?

一概には言えないですけど、「家庭環境」の影響はデカいと思います!

とりわけ幼少期は、子供の能力は家庭環境によるものですからね。

特に「幼稚園~小学校」の子供は、親の影響力が絶大です。

言ってしまえば「幼稚園、小学校」のいずれかで「私立」に通ってた人達なんて。

スポンサーリンク

その事実だけでも「あ、ここの家は教育に力入れてるわ」って分かりますよね。

子供本人の努力以上に、親の努力が垣間見れます笑

「子供の能力」に関心がある親の存在はデカい

そういった家庭の場合は、子供の成長や能力に関しての関心が高いので・・・

勉強だけでなく「楽器やダンス・歌・スポーツ」等の習い事にも気を配ります!

こういう流れで見事に2極化への道筋ができ上がっていく。

あらゆる面で子供に手を掛けて、能力を最大限に引き出していきます。

そして「中学・高校・大学」と、良質な学習・生活環境の中で成長していく。

結果として、全体的にポテンシャルの高い人物ができ上がるワケですね!

その過程で「ドロップアウト」して親の言う事を聞かなくなるケースもありますけど笑

こうして社会人になったら、見事にエリート層ができ上がるワケですね。

一般家庭からのエリート層!

中には「中学まで公立」に通って、そこからエリート層に進む人達もたくさんいます!

このタイプこそ、マジで万能で性格的にも良い人が多いです笑

まず、ベースの生活水準が「普通」で育ってきてるとこがデカい。

金持ちでもない一般家庭で生まれてるのでね。

最初はみんなと同じように普通に育っていって・・・

公立の小・中学校でも、その中で確実にスキルを伸ばしていくワケですね!

イケてない層はどうやって出来上がる?!

親の「教育への意識の低さ」も要因の1つ

先ほどとは逆転した流れになりますね。

家庭環境が貧しかったり、親が教育に関して無頓着なケースですね!

親の教育に対する認識が低いことが最大のポイントです!

子供が物心つく前から、子供に対して「モノの考え方」を教えてあげないと・・・

びっくりするくらい「考える力」が身に付きませんからね。

子供の「考える力の差」は、こうやって出来る!

かつて「塾講師」をやっていた時に思い知らされましたけど・・・

教育に力を入れてる親って、子供から質問された時の「答え方」が凄く理性的なんですよ。

分かりやすいように、ちゃんと子供の理解力に合わせて言葉を選んで説明するし。

子供本人にも考えさせたりもしてる。

それに対して教育に無関心な親は、子供からの質問にも適当に返します・・・

「車ってどうやって動くの?」→「車はガソリン入れれば動く」

「電気って何?」→「電気は電気、そんなの気にしなくていい」

みたいな感じ。

これって考える力」を失わせるようなやりとりですよね笑

小さい頃からこんな教わり方をしてたら、小学生ぐらいから学力に差が出るのは当然ですよ。

親自身が、本当におバカなケースもある

すげー失礼な言い方をすると「親の知識水準が中学生以下」っていうケースもありますよ。

これは子供にとっては非常によくない環境だと思います。

上で説明した様な、子供からの質問にもまともに返答できないのはもちろんとして。

「子供の成績が低かった」としても、まったく気にしなかったりね。

「とりあえず高校さえ卒業できればいいんじゃないの?」って感じの無気力さ。

親がそうだから、子供本人もそれが普通だと思っちゃう。

全く違和感を感じずに年齢だけ過ぎ去って、圧倒的な差ができるってこと。

能力の2極化は中学から!

基本的には「中学時代」には、この両者は明確に差別化されていくと思います。

イケてる層は既にスポーツも勉強もできて、リーダーとしての素養を持ち始める。

イケてない層はどちらも不得意で、とりあえず流されるままに存在する。

偏差値の低い高校に入ると、負の連鎖がスタート!

そして低い偏差値の高校に進学すると、その先は明確に負の人生を歩む事になる・・・!

高校で一念発起すれば、まだ逆転できるけど。

そのまま低い高校に馴染むと、負の連鎖を重ねていっちゃう。

そして「Fラン大学か専門学校」に進学して、「逆転劇」はほとんど無いはずです。

大学卒業後はとりあえずサラリーマンにはなるけど。

「優良企業」とはかけ離れてるので、待遇も悪くて疲弊していく・・・

中にはFラン大学から頑張って逆転する人もいますけどね!

しかし、生粋のエリート層の「総合的なポテンシャル」に追いつくのは尋常じゃないです。

勉強も努力もせずに過ごした時間のツケを払う代償は、相当にデカいと思います。

いっくんのまとめ

今回は、人間が2極化している事への私なりの見方でした!

かなり個人的な偏見に満ちていた気もしますけど笑

できる人はホントに何でもこなせて、順風満帆な生活を送れるのは周知の通りですからね

昔みたいに「エリートは勉強最優先で他を犠牲にしてる」っていうイメージとはかけ離れた現実があります。

「本人とその家族の努力」がそういった結果を残していってるワケですけどね。

今後も更に、持つ者と持たざる者の差は激しくなっていくと思います!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】