【急性硬膜外血腫・脳挫傷:4】ベッドの角度を斜めにするだけで吐く?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから4日~5日目の入院生活について!

この時期には大きく変化したことがありました!

まずは見えてなかった「視力」が回復

そしてベッドの角度を斜めにする「リハビリ」がスタートして、吐きまくることに笑

スポンサーリンク

やっと「目が見える」ようになってきた!

・4日目にして視力が回復してきた

交通事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術」をしてから4日が経ちました!

私は手術してから、目がぼやけて見えなくなってましたけど・・・!

それが段々と見えるようになってきました!

4日目の朝起きると、少しずつモノの輪郭が見える感じになってたんです!

それからの回復は早くて・・・!

昼寝して起きる度に、どんどんはっきりと見えるようになりました。

そして5日目には視力はほぼ回復しましたよ!

・めまいや吐き気は相変わらず

しかし「めまい」はずっと続いたままだったので・・・!

やはり交通事故による影響で「三半規管」にダメージが残ってるみたいでしたね。

目を開けてると「回転性のめまい」が襲ってくるのでね。

結局は視力が回復してからも、気持ち悪くなるから必要な時しか目は開けられませんでした笑

・視力が回復して気持ちが楽に

「目が見えない」っていう最大級の心配事が解消されて、めっちゃ安心できました!

担当医が言っていた「時間の経過で良くなるケース」っていうのが・・・

初めて立証されたのでね!

「身体の他の異常もどんどん良くなるんじゃないか?!」って期待が持てましたから!

まあ、リアルな話をすれば・・・

「もし視力が回復しなかったら死にたい」と親に言ってたぐらいだったのでね笑

この段階で視力が回復できてホントに良かったです!

「ベッドを起こす」リハビリがスタートした!

・もうリハビリやるの?!

術後2.3日目は寝たきり生活を送っていたとお話ししましたが・・・!

「脳外科手術はとにかく早めにリハビリをさせる事が大事」って事なのでね笑

早速、身体を起こす練習が始まりました!

スポンサーリンク

でも私としては「もうやるの?!ムリでしょ!」って感じで、本気でイヤでしたね笑

だってこの時点で、ちょっとした刺激でも「吐く」状態だったのでね!

でも医師からは「治療スケジュール的には、みんな同じだよ」って説得を受けたので・・・

仕方なくやる事になりました!

・ベッドの角度を斜めにするのが地獄

ちなみに、リハビリといっても自力で起き上がるとかではないです笑

ベッドを斜めにして、身体に角度をつけるところからのスタートです!

ベッドには「角度調節機能」が付いていたので。

ボタン1つで好きな角度に変えられます!

試しに医師が斜めにベッドの角度を変えてきました。

「ウィーーーン」って感じで、少しずつベッドが起きていって・・・!

私は予想してた通り、その「振動」で吐きました笑

「だからイヤだって言ったじゃん!」って思いましたね笑

スポンサーリンク

「上下左右に頭に刺激」を与えると、吐いちゃうのが最初から分かってたのでね!

・吐き気との格闘!

でもここからは「リハビリ」って言う大義名分があるので、もはやお構いなしです笑

「辛くても、少しずつ身体を慣らさないと良くならないからね・・・!」

っていう言葉の元に、少しずつ身体を起こしていきました。

最初はベッドが斜めの状態でいることさえもキツかったです。

「吐き気との格闘」みたいな感じ・・・笑

でも苦しいながらもその状態で耐えていると、だんだん身体は慣れていきました!

目が見えるので「ナースコール」を使うようになった!

出典:http://www.shibaccho.com/entry/nursehardwork

・これまでナースコールは使ってなかった

目が見えなかった頃は、実は「ナースコール」は基本押さなかったんですよね。

使ったのは、夜中に吐いた時ぐらいです。

看護師さんからは「頭の横のところにナースコールがあるから、何かあったら押してね」

って言われていたものの・・・!

私がまだ術後で安定してなかったので、看護師が頻繁に見回りに来てくれてたんですね。

だからあえて押す必要が無かった感じです笑

待ってればそのうち来てくれるし、そのタイミングで声を掛ければいいやって思ってました!

・タイミングをみてナースコールを使うように

でもそのスタイルは、私の「目が見える」ようになって変わります!

目が見えるようになったことで、看護師側も安心できるようになったワケですね。

そして今までほど、頻繁には様子を見に来なくなる代わりに・・・

「何かあったらすぐナースコールを使ってね」って感じになっていきました!

少しずつ自分の意思が反映されるようになって、自立へ近付いた感じでしたね。

・看護師さんの声と顔が一致した時のショック

これまでは目が見えなかったので、人を「声」で認識してたんですよね。

でもちゃんと「顔」が分かるようになった事で・・・

その「ギャップ」にびっくりしました!

「凄く可愛い声の看護師さん」が思ってたよりもおばさんだったり笑

逆に「マジで愛想が悪いと思っていた看護師さん」がすげー可愛かったりね。

ちょっと切ない気分になりました。

思いっきり失礼な話ですけど・・・笑

この時期の「生活の変化」は?!

・食事:もうちょいで開始!

食事はまだスタートしてませんでした!

もうこの時点で激やせですよ笑!

でもベッドを起こせるようになったことで・・・

医師からは「あと少ししたらお粥が食べれるね」っていう感じでした!

・尿&うんこ:特に問題なし

おしっこは「尿道カテーテル」から垂れ流していくので問題なし笑

うんこも「便秘状態」で、相変わらず出てません!

・入浴:清拭を自分で挑戦するように!

これまでは「清拭」といって身体を濡れタオルで拭くのを、看護師さんにやってもらってました!

でも目が見えるようになった事で「自分でやらせて下さい」って言えるようになりました!

まあ、それでも「背中や足」は自分じゃ出来ないのでやってもらうんだけどね笑

いっくんのまとめ

今回は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術後4日~5日目の入院生活についてでした!

一番の変化は「目が見える」ようになったこと!

このおかげで、希望をもって色んな事を進められる実感がありましたね。

完全に受け身だった清拭も、自分で手が出せるようになったし!

気持ち的にも安心できました。

しかしこの後、担当医が新たな後遺症を発見して衝撃を受ける事になります・・・!

【まとめ】「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で回復するまでの体験記!
どうも!いっくんです! 今回は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記のまとめです。 私が実際に「事故と手術」を経て、回復していく流れを時系列でまとめています。 同じような経験をされている方の励みになれるよう、リ...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】