【急性硬膜外血腫・脳挫傷:7】「松葉杖」で自力での歩行が可能に?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で手術してから「10日目~」の入院生活!

これまでは1人じゃ「立つ・歩く」ことすら出来ませんでした。

でも「松葉杖」を使い始めて、やっと自力で歩けるように!

バランス感覚はゼロでしたが、リハビリ室にも通い始めます。

スポンサーリンク

「松葉杖」を使って自力で歩けるように!

・歩く時のバランスの悪さは変わらず!

交通事故に遭って「急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術」をしてから10日が経ちました!

手術後8日目からは「補助付きで歩くリハビリ」を始めてましたけど。

段々とその過酷さにも、身体が慣れてきていました笑!

ずっと苦しんでた「回転性のめまい」もだいぶ収まってきてたし

「顔を勢いよく横に振る」と吐いてましたけど・・・笑

ゆっくり移動すれば大丈夫なぐらいには回復しました!

でも「小脳のダメージ」で、平衡感覚が狂ってるのは変わらないので。

人の補助が無くても歩けるように、「支え」となるものを探す事にしました!

・松葉杖を使うようになった

歩く時の支えとして、リハビリ用のもので「3種類」候補が上がったんですけど・・・

結局は「松葉杖」を使うようになりました!

使っていたのはホントに「ごく普通の松葉杖」でしたね笑

脇の部分で支えて、ちゃんと手でしっかり握る箇所もあるやつ。

まあ松葉杖を使っても、小脳がやられていたので体はどんどん右に傾きます笑

そこを意識して左側に寄って、真っ直ぐ歩けてる感じでした笑

ちなみに松葉杖って、歩いてる時にはバランスを保てるんですけど・・・!

「立ち上がる時は不安定」で、そこだけは注意してました!

・病院の各診療科を受診

この頃には病院内の各診療科を受診しました!

手術の後からずっと気になっていた・・・

「視力、聴力、平衡感覚」の機能検査をして、異常があるかどうかの確認をするためです!

手術後まったく見えなかった視力は、この時点で元通りに回復してました。

対して「聴力と平衡感覚」は全然ダメでした・・・笑

右耳は全然聞こえてないし。

スポンサーリンク

平衡感覚は狂いまくってて、支えなしじゃまっすぐ歩けないしね。

聴力と平衡感覚に関しては、この時点では治る見込みも無かったので、常に不安でした。

個室病室から「6人部屋」に移動する事に?!

ICUから小児病棟に移動してからは、ずっと「小児病棟の個室」にいましたけど。

「身体が回復してきた」って事で、自動的にそこから追い出されました笑!

私は出来ればずっと個室が良かったんですけどね。

次の患者さんの入院予定があったんです。

そして私は「6人部屋」に移動する事になりました・・・!

もうこの時点で凄く嫌な予感はしてましたよ笑

自分以外は「小学校低学年~高学年」までの子供達だったのでね!

朝から夜までマジでうるさかったです笑

「病院のリハビリ室」でのリハビリ開始!

スポンサーリンク

・リハビリ室に行くようになった

病院の中の「リハビリ室」でのリハビリも開始されました。

リハビリ室に行く時には、看護師に「送り迎え」をしてもらってました!

ちなみにリハビリの担当スタッフは「40代のおばちゃん」がついてくれました。

「当たり障りない」感じのリハビリスタッフでしたね笑

当時は「優しいおばちゃんだな」って認識でしたけど、今振り返るとビミョーです笑

この方から「入院中~退院後も」リハビリ指導してもらいました!

リハビリの内容は「ストレッチと歩行訓練」がメインでしたね。

・当時のリハビリ室での流れ

リハビリ室での流れを簡単に書くとこんな感じです・・・!

1.リハビリ室に到着!

2.「マットエリア」に誘導されて、準備体操をする!

3.10分ぐらいした頃に「歩行訓練」がスタート!

4.終了の時間までリハ室の廊下をひたすら往復!

これで終了って感じです!

「専門的な感じのリハビリ」は全くなかったです笑

とにかく「歩け!」っていうスタンスでしたね。

そして私が歩いている時にスタッフは後ろから見ていて・・・

「身体が右側に斜めに傾いていたら修正される」っていう感じでした笑

自力で歩けるようになり「生活の変化」が!

・移動:松葉杖で自力で移動可能

これまではナースコールを使って、何でも看護師任せだったところがありましたけど。

「松葉杖」をついて、ふらふら自分で移動できるようになったのでね・・・!

生活がより「普通」に近付いた感じがしました!

・食事:普通のご飯が食べれる幸せ

食事はもう完全に普通の人が食べる「常食」になりました!

「ご飯」「汁もの」「メインのおかず」「野菜」「漬物」「牛乳」って感じのメニューになりました!

1つ問題だったのは、お腹が減り過ぎて全然足りなくなったんですよね笑

ちなみに、私はもともとかなり「少食」なんですけど・・・

この時期だけ「異常に食欲が増してた」んです!

なので看護師経由で、担当医にお願いして「ご飯の量を増やす」手続きをしてもらいました!

まあ結局はそれでも足りなくて飢えてました笑

・尿&うんこ:ついに下剤を使用

身体も回復して来てるって事で、ついに「下剤」を使ってうんこを出す事になりました!

下剤を飲んでしばらくは変化が無くて「あれ?ホントに効くのか?!」って感じでした。

でも「数時間」経った頃に便意を感じて、慌ててトイレへ直行!

ちなみに、1回うんこしてからは自然に出るようになりました笑

詰まっていた物が抜け去った感じですね!

おしっこに関しても・・・

松葉杖を使い始めたタイミングで、それまで使っていた「尿瓶」をやめました!

自分で排泄ができるようになったのはホントに嬉しかったです笑

羞恥プレイからの脱却に一歩近付いた瞬間でしたね・・・!

・入浴:シャワーがスタート

入院してからは身体を濡れタオルで拭く「清拭」がずっと続いていました!

この頃はもう、自分で身体を拭いて着替えられるようにまでなっていましたよ。

しかし、まさかの「入浴介助」を受ける事になるとは思いませんでした・・・笑

いっくんのまとめ

今回は急性硬膜外血腫・脳挫傷の手術後「10日目~」の話でした!

松葉杖をついて歩行が可能になったので、自由度はかなり上がっていきました!

特にトイレを一人でこなせるようになったのはデカいですね笑

一方で「右耳の聴力、めまい、平衡感覚」への不安に加えて・・・

近いうちに「加害者と会わなければいけない」っていう悩みもあったのでね。

けっこー強いストレスを感じていましたよ笑

【まとめ】「急性硬膜外血腫・脳挫傷」で回復するまでの体験記!
どうも!いっくんです! 今回は「急性硬膜外血腫・脳挫傷」の体験記のまとめです。 私が実際に「事故と手術」を経て、回復していく流れを時系列でまとめています。 同じような経験をされている方の励みになれるよう、リ...

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】