「臨床検査技師」になるには?!簡単に流れをまとめてみた!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師です。

「臨床検査技師になりたい」って思っている方に向けて!

検査技師になるまでの流れを簡単にまとめてみました。

学校に入学してからの学生生活や、国家試験までをリアルに説明していきますね!

これを読めば、かなりイメージが湧くと思いますよ。

スポンサーリンク

「検査技師になる」までの流れを簡単に説明!

養成課程のある学校に通わないといけない

「臨床検査技師になりたい!」って思う方に向けて、簡単に説明していきますね。

臨床検査技師を目指すにはまずは「学校探し」からスタートします。

「ユーキャン」で取れるような資格とは違いますのでね笑

ちゃんと「検査技師の養成課程」がある学校を卒業しないといけません

養成校には「専門学校」と「大学」の2パターンありますよ。

「専門学校では3年間」「大学では4年間」にわたって、必要な科目を勉強します!

どっちに進学しても「授業の科目自体はまったく一緒」ですよ。

大学の方は「学位取得」のために「+α」の教養科目などもありますけど笑

実験やら実習がある!

いざ学校に進学したとして、学生生活はけっこー大変ですよ。

「座学」だけなら楽なんですけど、そうはいきませんので笑

国家試験を受けるための必須科目として「実験」や「実習」がたくさんあります!

スポンサーリンク

これが拘束時間もめっちゃ長い上に、レポート提出もガンガンあります・・・笑

さらに「実際に病院まで行って数か月間の病院実習」も受けないといけません!

これも必須科目なので、スタッフにめっちゃ気を遣いながら病院に行く事になります笑

けっこーシビアな世界

もし「授業の単位」を1つでも落としたら、国家試験は受けられませんからね!

「留年」して、その1科目を取り直さないといけません笑

そして無事に授業も実習もクリア出来たら、臨床検査技師の国家試験が受験できます

でも恐ろしいポイントがあって・・・

国家試験を受ける前には、普通は「就職先の内定」をもらっているんですよ。

でももし、国家試験に落ちたらどうなると思いますか?

不合格になった瞬間に、内定も取り消しです!

「受験浪人」的な感じで、また来年の国家試験を受験しないといけません。

けっこー「シビアな世界」ですよ笑

学生生活は「右肩上がり」で忙しくなる!

専門と大学、どっちに進学しても大変!

「専門学校と大学」のどちらに入っても忙しいと思って下さい笑

他の学部学科の生徒のような、ゆったりした過ごし方は出来ませんよ!

医療系の学校はどこでもそうですけど・・・

「実験や実習」でバカみたいに拘束されるのでね。

一番イヤなのが「夏休みや春休み」の長期休み中にも実習が入ってくるんですよ。

もちろん、休み期間に学校に行った分の休みは貰えません・・・

だから一般的な学生より圧倒的に休みが少ないのを覚悟してください笑

スポンサーリンク

まあ、これは医療系の資格を目指す人はみんな一緒ですから!

ではここから「専門学校」と「大学」の大きな特徴を簡単に説明します。

専門学校:高校生活の延長みたい?

専門学校は3年間ですべての科目を履修しないといけないのでね。

時間に余裕も無いので、時間割をガチガチに固められた学生生活です!

1限目から夕方までビッシリ授業が入っている感じ。

専門学校はホントに「高校の延長」みたいなイメージでOKです。

「国家試験100%合格」を目指してるので、国家試験対策もかなり早くからスタートします!

学校が敷いたレールに、しっかり乗っていけば合格できます。

大学:4年になったら研究がある?

大学は専門学校に比べたら「自由」な雰囲気はありますよ!

1~2年生の間は、授業もそこまでギッチリじゃないのでね。

学内で友達とまったり過ごす時間もあります。

2年生の終わりまでは、バイトやサークルをする余裕もありますしね!

一番大きな違いは、4年生になった時に出てきます。

4年生になると「研究室」に所属して「研究」をすることになります!

そして「論文」を作って、研究発表までするんですよ。

4年生になると「研究」「就活」「国家試験の勉強」の3つを併行するので・・・

かなり忙しくなります笑!

もっと詳しい「専門と大学の違い」を知りたい方はこちらを参考にして下さい。

国家試験は「100人中25人」が落ちる?!

国家試験の合格が目標!

臨床検査技師と名乗って病院で働くためには「国家資格」が必要です!

そもそも、その資格を取るために学校に通うわけなのでね。

毎年2月に行われる国家試験を受けて、合格しなくちゃいけないんですよ。

試験は筆記試験で「5択形式」になってます。

そして気になる「国家試験の合格率」については・・・

過去10年をさかのぼると「70~80%」ぐらいとなっています!

友達の中には試験に落ちる人もいる

検査技師の合格率は「75%ぐらい」だと思って下さい!

個人的な感想としては、これは高くも低くもなくって感じです。

リアルにイメージすると。

「学科で100人いたら、下位25が落ちる」って計算なのでね。

私の時もそうでしたけど、仲の良い友達で落ちた人がいましたね・・・

これがけっこー気まずいんですよ。

「試験に落ちる=内定をもらってた病院も取り消し」ってことなのでね。

あまりにもダメージがデカいんですよ!

その中でどうやって声を掛けていいのか真剣に悩むレベルです。

他の医療職種と合格率を比較してみる!

検査技師の合格率が75%ぐらいって言われても、比較対象がないとよく分かんないですよね笑

参考までに「他の医療職種の合格率(過去5年の平均値)」も挙げてみます!

  • 医師:約90%
  • 看護師:約90%
  • 臨床検査技師:約75%
  • 放射線技師:約75%
  • 薬剤師:約70%

って感じです。

系統が近い医療職種の「薬剤師や放射線技師」も、合格率が70%ぐらいなのが分かります。

ここに載っていない職種を含めても「医療職種は基本70%以上は合格する」感じです!

ちなみに医師や看護師が合格率が高いのは・・・

慢性的に人員不足なので、ハッキリ言えば「試験がユルい」んですよ笑

逆に検査技師とかは有資格者数がめっちゃいるので。

年度によっては国家試験を難しくして、人数をセーブしようとすることもあります!

国家試験に受かるか「不安」な方へ!

入学してから不安なのは「国試に受かるかどうか」

学校に入学してからも、みんながずーっと不安に感じている事・・・

それが「国家試験にちゃんと受かるかどうか」ですね!

友達で集まって話していると、ちょいちょいこの話題が出ます笑

「落ちたらどうしよう・・・」「国家試験の受験浪人なんて絶対にヤダ!」

って感じでね。

不安な人は「平均以上の成績」をキープして!

もし合格への「安心感」が欲しいのであれば・・・

在学中に意識して欲しい事が1つあります。

どの学校でも、その中で「平均以上の成績を取る」って事です。

つまり「100人いたら常に50番目以上の成績」を取るようにしてください!

特にポイントなのは・・・

「受験前のシーズン」に平均以上にいることが大事です!

これが達成できていれば、国家試験は普通に受かるはずなので。

「国家試験の模試」でも平均以上を目指して

受験前になると、どこの学校でも国家試験の「対策授業」や「模擬試験」が頻繁に行われます!

模試は月に1回ぐらいのペースで行われるのでね。

学校内の順位も発表されるはずなので、それを1つの指標にしましょう!

これで常に「半数以上の順位」をキープしてれば、特に心配はいりませんよ

集団の中で半数以上にいられる実力があれば、気楽に構えても国試は受かります。

検査技師になりたい方へ

ここまで読んでも臨床検査技師への興味が強い方には、この本をおすすめします!

これが一番新しくて、写真もたくさん載っているのでね。

仕事内容とかを、イメージしやすく図説付きで書いてあるのでね。

特に「高校生」にはおすすめです!

いっくんのまとめ

今回は、現役技師の立場で「検査技師になるまでの流れ」をお話ししました!

臨床検査技師の養成校に入ってからは、けっこー忙しい生活が待っていますよ笑

「専門学校と大学」のどちらに行っても・・・

そこの環境で人並みに頑張れば「国家試験」には合格します。

検査技師にはなるのはそんなに難しい事じゃないですからね!

【まとめ】現役の技師が教える!臨床検査技師について知っておくべき事!
どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師です。 今回は「臨床検査技師」について、色んな角度からまとめてみました! 臨床検査技師に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。 特に「学生」や...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】