「採血」は「病院の金儲け」でやってるってホントなのか?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師として病院で「採血」をしていました!

かつて患者さんからこう言われた事があります。

「毎回採血するのって金儲けのためじゃない?」ってね。

採血を受ける人の中には、その意義に疑いを持つ人が出てきます笑

そこをお話しします!

スポンサーリンク

毎回の「採血」に疑問を抱く患者さんが出現?!

採血を頻繁にやられてる方へ!

みなさん色んな理由で病院に行く機会があると思います。

そして医師の指示で「採血」も受けることになったとして・・・

ほとんどの人は違和感を持たずに採血を受けるでしょう。

でも中には、そこに違和感を感じる人もいるんです!

「なんか私、病院に来るたびに採血されてるんだけど」

「え?!昨日も採血したのに、今日もまた採血すんの?!」

って感じでね!

毎回の採血に不信感を抱く人がいる!

毎回の採血に対して、感じ方は人によって様々でしょうけど。

頻繁に病院に来る人の中には、採血を受けること自体に不信感を抱く方がいます。

そして中にはこういった疑問の声が出てきました。

「毎回毎回、採血って病院のお金儲けのためにやってるんじゃない?」

スポンサーリンク

ってね!

患者さんからしたら、医療費として経済的な負担まで負うワケだし。

採血をするたびに「苦痛」を感じるので、疑いたくなるのも自然かもしれません!

採血って病院の「金儲け」じゃないの?

昔は金儲け目的だった?

採血ってホントは病院の「金儲け」じゃないの?

って感じで「採血に疑いを抱いている」パターンもけっこーあります!

昔は確かにそういう一面も強かったです。

何故なら「昔は検査をたくさんする程、病院が儲かる仕組み」があったのでね!

だからかつては「治療に不必要な検査」もガンガンやっちゃう病院があったのは事実です。

「医師」が主導で、すべてを決めていく医療!

病院って「医師」が主導ですべてを決めるシステムですからね。

それが当たり前すぎて、みなさん違和感もなく過ごしていると思いますけど。

これを「他のサービス」で置き換えると、その凄さが分かるはずです!

例えば、あなたが「携帯」を買いに行った場面をイメージしてみて下さい!

店員に「何か良い機種ありますか?」って聞いたとします。

すると店員は独断で「一番高額な携帯」を出してきて、さらに「有料のオプションサービス」を勝手に色々とプラスしてきます。

しかもそれを、断る隙も与えずに買わせてきます笑

当然お客さんであるあなたはブチ切れるはずですよね。

でもこれこそが「医療のシステム」なんですよね!

医療という名の「異常なサービス業」!

医療の現場って、今の話みたいな「異常なサービス業」なんですよ。

スポンサーリンク

あなたが「胸が苦しい」と思って病院に行ったとして・・・

医者にそれを伝えたら、後は医師が独断ですべて決めていきますよね?

「じゃあ心電図、血液検査、心臓エコーを受けてもらいますね!」って感じで。

それに対して、患者には「拒否権」は存在しないも同然です。

「料金がいくら」なのかっていう大事なポイントさえ言われないのが普通だしね。

どんどん勝手に決められちゃいますよね。

こんなに独特の「ビジネスモデル」は医療だけですよ笑

昔はそのシステムを悪用できていた!

もし病院の中に「金儲け主義」のところがあったらどうでしょうか?

医療サービスにおける「医師主導」のシステムを使って、全力で悪用しますよね!

「とりあえず儲かるから、採血のオーダー出しとくか!」

って感覚で、患者にとって「不要な血液検査」をオーダーしまくりますよね。

だって検査をすればするだけ、病院側は儲かるんですから!

医療の歴史には確かにこういった時代はありましたよ。

でもそれは昔の話で、今は違いますからね!

当時の一番の問題点は、それを「制御できないシステム」だったことです。

今はホントに「必要な検査」しかやりません!

今は不正ができないシステム!

近年はどこの病院でも「本当に必要な検査」しかやらないシステムになってますよ!

これはウソじゃなくて・・・

昔はゆるかった分、今は「不要な検査をしたら儲からない」仕組みなんです!

わざわざ病院が「コスト」を負ってまで、患者さんのために採血しようとはしませんので笑

「保険請求」が厳正になってる!

みなさんが病院に行った時って、窓口で払うお金は医療費の中の「たった3割」ですよね。

そして、残りの7割は「保険者」が払ってくれるシステムになっています!

保険者は「健康保険組合」とかの事ですよ。

保険者に払ってもらう7割は、病院がまとめて月に1度で請求するんですよ!

病院がお金をもらうための手続きや審査を「レセプト」といいます。

全国すべての医療機関が必ずやってますよ!

審査の中で「患者の病名」と「処置や検査」の内容が相応しいか判断されます。

この判断が昔はけっこーユルかったけど、今は厳しくなってるんですよね。

不正をした病院には「ペナルティー」が発生!

審査の中でもし「不要な検査をしている事がバレた」時には。

「あんたの病院は患者に無意味な検査をして、保険請求しようとしたな!」ってなります。

するとペナルティーとして・・・

保険者から支払われるはずの「医療費の7割」がもらえなくなります

これは病院の経営側からしたら大打撃なんですよ!

日本の社会保障費もピンチ!

不正が無いように、無駄なことはできないように「セーブ」されてます

かつて審査が緩かった背景には「日本の財政が良かった」ことも関係してますけど・・・。

今となっては国も「財政がピンチ」なのでね!

「医療費を含めた社会保障費」が国の財政を圧迫してますから!

このままだと「医療が崩壊する」とまで言われてるし

国も医療費はできるだけ抑えたいので、年々審査の目は厳しくなってるんです!

今は必要な検査しかやりません!

なので今は厳正に「審査」されていると思って下さい!

ちゃんと「病名に見合った、採血の項目や回数」を守ってますのでね。

保険請求できるぐらいの、必要だと保障されてる範囲で採血は実施されてます!

これで少しは納得できたと思います。

採血の指示が出た時には「検査をしなきゃいけない理由がある」ってことですから!

「採血」を受けたくない気持ちはよく分かりますが、頑張って受け入れましょうね。

いっくんのまとめ

今回は「採血ってホントは不要なんじゃない?」っていう疑問に対してお話ししました!

採血が多いと不安になったり、怪しむ気持ちも分かりますけど・・・

病院は昔と違って、今はクリーンだと思って下さいね!

ちゃんと国で定められたルールに従って・・・

根拠のある検査を、決められた回数を超えないように実施されてますよ。

必要な検査を、必要な時にやってるって事ですからね!

【まとめ】検査技師が「採血を受ける患者さん」に知ってもらいたいこと!
出典: どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師として、採血スタッフとして働いた経験があります。 こちらは「採血」についてのまとめ記事です! 採血をする時に患者さんから質問される事なども書いてますので...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】