【臨床検査技師】「新卒」で就職先の病院を選ぶポイントは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師です。

「臨床検査技師」の就活を控えた学生達へ!

就職先には「小さい病院から大規模な病院」まで色んなパターンがあって悩むと思います。

そこで今回は、新卒で就職する時の「病院を選ぶポイント」をお話ししますね!

スポンサーリンク

「新卒」で就職する時の病院選び!

mt (1)

出典:http://genkiwork.jp/medical-technologist-fukuoka/

就職を控えた学生達は「将来どこの病院で働こうか」ってめちゃくちゃ悩むと思います。

「小さい病院と、大きな病院ってどっちが良いんだろう?」

「やっぱり大学病院は受けといた方がいいのかな?」っとかね!

今回は、そんな悩みを抱えた学生達に向けて。

就職先の病院選びのポイントを・・・

「待遇面」「病院設備」「将来の転職」の3つの視点から説明していきますね!

「待遇」:給料が良いのは「300床」以上の病院?!

病院の運営母体によって、給料は変わる!

年収を「病院の運営母体別」にランク付けすると、こんな感じになります!

  1. 大学病院 
  2. 社会保険・共済病院 
  3. 国公立病院 
  4. 有名民間病院 
  5. その他民間病院

ランク付けの理由も気になる方は「検査技師の給料」を読んでみて下さいね。

とりあえず待遇メインで考える場合は、これを参考にしてOKだと思います!

「病床数」が多い施設は、待遇も良い傾向がある!

基本的な考え方としては・・・

「病床数が多い」病院の方がより待遇は良い傾向にあります!

さらに言えば、待遇が最悪な「ブラック病院」に当たる確立も減らせます。

今上で挙げた順位の高い病院は、基本的に病床数が多いものが占めてますからね。

大学病院は「1000床」を簡単に超してきますしね!

ちなみに厚生労働省が定義してる「大病院」は「病床数500以上」の病院です。

「病床数:300床」を1つの目安に!

私はこれまでに「色んな病院の給与条件」をリサーチしましたけど・・・

「300床」を1つの目安に考えてもいいと思います!

300床以上あれば「病院の待遇や設備」も安定した水準が期待できるってことです。

逆に「200床以下」には「ブラック病院」が紛れ込むので注意しましょう。

小さい病院は給与面だけでなく、色々と「デメリット」もありますよ!

スポンサーリンク

少ないスタッフで仕事を回すから、何でもやる事になってムリに働かせられる。

最低限の人員で休みも取りずらいし、組織が適当だと残業代も支給されない・・・

こんな状態になりがちです。

ちなみに、それをさらに悪化させたのが「ブラック病院」ってことね。

もちろん例外はある!

病床数が少なくても「病院としての特徴や強みがあれば」話は別ですよ!

例えば、甲状腺疾患治療で有名な「伊藤病院」は60床だけですけど。

専門の医療機関として、全国でも有名な「一流病院」ですからね!

こういった特色のあるところは例外ですよ。

それ以外のどこにでもある「市中病院」で、300床に満たないところは避けた方が無難です。

某有名グループ病院は、病床数が多くてもブラック!

混乱を招いてしまいそうですけど・・・

病床数は十分にあって、病院としての機能も優れた「某有名グループ病院」

これは病院の質とは無関係に「職員の待遇面はクソ」な事で、業界でも有名です笑

まあ「求人票」を見れば簡単に見抜けるので大丈夫だと思います。

ちなみに、ヤバい病院に入ると10年以上働いても「大学病院の新人以下」の待遇です。

冗談抜きでこれはリアル。

新卒で就職する時には、大病院に迷わず行った方が無難です。

「病院設備」:大病院の方が絶対にいい!

スポンサーリンク

「病院や検査室の設備」は大病院が絶対に良い!

病院全体の「設備や検査室の質」においても、大病院の方が絶対にいいです!

ここもまた、病床数が1つの目安になりますけど。

やっぱり小さい病院は、それだけ設備にはお金をかけられないんですよ。

設備が悪いところに行ってしまうと、結果としてスキルも身に付きませんので。

新卒で小さい病院に行くのはおすすめしません!

設備が無い病院では、スキルが身に付かない

検査室の設備が最低限しかない病院は、世の中にはたくさん存在します。

例えば・・・

「検査機器がかなり古いのをずっと使ってる」「検査結果を手書きで報告」とかね。

こういった病院で長年働いたとしても、スキルは一向に身に付きませんよ。

「尿の定性検査」で例えるなら。

スタッフが自分の手で、尿に試験紙を浸して目視で判定。

そして結果は、まさかの手書きで「報告書に書き写す」っていう感じね笑

一方で「大病院」では!

「尿沈渣」「細菌検査の同定」「輸血のクロスマッチ」などもすべて機械を使ってやってますからね!

その圧倒的過ぎる差が、どれだけのものかイメージしてみて下さい。

設備の無い病院が、どれだけ原始的なことをしてるかが分かると思います。

小さい病院では、時代の変化に取り残される

いまだにカルテも「医師が手書き」しているような病院もあります。

大病院はすべての医療情報を「電子カルテ」としてオンラインで共有してるのに・・・!

手書き運用なんて「時代遅れ」にもほどがありますよ。

設備やシステムが大病院とは「天と地」ほどの差が出来てるってことです。

例えばあなたが、小さい病院に就職したとして。

こうした時代遅れのシステムに「自分の標準」が合わさってしまうのがマジで危険です。

せっかくその環境で努力したとしても・・・

そこで培った「技術」や「考え方」が、他の施設では「通用しない」可能性が高い。

あくまで「小さな病院にしか対応できない検査技師」になるってことです!

やる気のある人なら「悔しい」とか「イヤだな」って絶対思うはずなので。

それなら最初から大病院に就職すべきですよ!

「将来の転職」:小さい病院から大病院へはキツい!

将来の転職のためにも大病院に就職すべき!

将来の転職に関しても言える事があります!

「大病院からより小さい病院へ転職するのは簡単」ですけど・・・

「小さい病院から大病院への転職はかなり厳しい」と思った方がいいです。

その理由は今説明した事が関係しています!

検査業務を「旧式の手法」でやっているような、小さい検査室で頑張っていたとして。

そこで身に付いたスキルは、大病院ではクソの役にも立ちませんから。

大病院ではほとんどの作業はオート化されて、より高度に管理されてるワケですから。

小さな病院のやり方は、大きな病院では通用しない

大病院で働く技師たちは、小さい病院みたいにすべてを手作業では行いません。

多くの作業は機械が行いますからね。

その代わりに技師達は「精度管理」や、ピットフォールを判断するための「知識や経験」を培ってるワケです。

そんな環境に「尿の定性検査」を手作業で10年以上やってきた技師が入ったとして・・・

普通に考えて、通用するはずがないですよね?

もはや「知識」どうこうの話ではなく、あまりにも環境や設備が違い過ぎるんですよ。

そして思いっきり「カルチャーショック」を受けるのは容易に想像できます。

大病院と小さな病院では「検査機器や精度管理」において「桁が違う」わけですよ!

より大きな病院へ転職しても、そこからが大変

もし小さい病院から大病院へ転職が成功したとしても・・・

転職してからが大変なのは当然のことです。

よっぽど本人が優秀で、努力できる人でない限りね。

既に開きまくった差を埋めるだけで、かなりの時間を費やすはずです。

それを全て先読みすると・・・

最初は絶対に「大病院」へ行く方が良いってことです。

将来のあらゆる変化を想定しても、その方が良いです!
いっくんのまとめ
今回は、新卒の方に向けた就職先の選び方についてでした・・・!

「待遇」や「病院の設備」の面でもやっぱり大きな病院を目指した方がいいです!

「300床以上」あれば病院の待遇や設備も安定した水準が期待できますよ。

逆に200床以下になると、一気にブラック病院が紛れ込んでくるので注意しましょう!

これからの時代は「病院同士の生き残り戦争」も始まるのでね。

小さい病院は体力が無いので、避けておいた方が無難です。

【まとめ】現役の技師が教える!臨床検査技師について知っておくべき事!
どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師です。 今回は「臨床検査技師」について、色んな角度からまとめてみました! 臨床検査技師に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。 特に「学生」や...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】