【知的障害者の更生施設】スタッフはどんな仕事をしてるのか?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私はかつて「知的障害者の入所型施設」で働いていました!

知的障害者施設での仕事ってどんなものかイメージ湧きますか?

「精神的にキツそうな仕事」ってぐらいの印象だと思います笑

今回は、仕事内容について説明していきますね!

スポンサーリンク

「知的障害者の更生施設」の仕事ってどんな感じ?!

利用者さんの生活支援!

私が働いていたのは知的障害者の「入所型施設」でした!

入所型っていうのは、利用者はみんなそこで暮らしてるって事です。

利用者の年齢は「20代~60代」の男女です。

もちろん、男女は「別の棟」に分けられていますよ!

そこで働く職員の役目は利用者の「生活支援」です。

利用者の「食事」「お風呂」といった日常的な生活の介助ですね。

意外と色々やっています

あと、みなさん知らない人も多いと思いますけど・・・

「月~金曜」までは、施設の利用者さんは「軽作業」をしてるんですよ!

利用者の「障害の程度」に応じて「清掃」「工作」「パン作り」などをしてる感じです。

だから軽作業の時間は、スタッフはその支援をします。

さらに利用者さんはサラリーマン同様で「土日・祝は休み」なので!

土日とかは、スタッフが利用者さんを連れて車で「買い物」や「散歩」に出かけますよ!

夜勤がマジできつい!

さらに、働く上で「ポイント」になるのが「夜勤」ですね・・・!

正直しんどいし「昼夜逆転」するので心身にダメージを与えます笑

これが原因となって苦痛で辞めていく人もいますからね笑

こんな感じの事をひたすら毎日繰り返していきます・・・!

それでは、施設でのスタッフの仕事を「生活支援」「軽作業の補助」「夜勤」に分けて説明していきますね!

まずはメインの「生活支援」について!

知的障害者の施設の仕事のメインである「生活支援」について書いていきます!

まあ、これは皆さんのイメージ通りだと思いますよ!

大きく分けて「食事」と「入浴介助」の2つに分かれます。

システムについては施設にもよりますけど・・・

スポンサーリンク

今回は、私が勤めていたところの施設を1つの例として書いていきますね!

「食事介助」はグロい場面もある!

「食事介助」って、それ自体は難しいものじゃないですけど。

利用者によっては「咀嚼したもの」をわざと吐き出したりするので。

そういう精神的な攻撃は、最初はけっこーキツいかもしれません笑

しかも「吐いたのをまたかき集めて食べる」っていう動作とかマジでヤバいです・・・!

施設で働くと、そういうこっちまで吐きそうになる「衝撃的なシーン」が見られます笑

食堂での食事介助がある

ちなみに私が働いていた施設では・・・

身の周りのことが自分でできる人達は、男女共同で「大食堂」で食事をしてました。

それ以外の「介助」や「監視」が必要な利用者さんに関しては。

それぞれのフロアにある小さい食堂で、スタッフが介助に入って食事をしてました!

食事の流れとは?

食事の時間になったら、スタッフが食事が載ったワゴン車を取りに行きます!

イメージは「小中学校の給食」で使ってたアレです笑

それを食堂に運んで行ったら「配膳」の準備をしていきます。

全部準備できるまでは、利用者は「一切立ち入り禁止」です・・・!

少しでも油断すると、隙を見て食べようとしますからね笑

準備ができたら「障害の程度」や「利用者同士の相性」を考えて、順番に食堂へ呼びます。

食事介助のポイント!

ちなみに、この「呼ぶ順番」ってかなり大事なんですよ・・・!

最初から障害が重度の人を呼んだら、一気に流れは悪くなりますし。

また、利用者同士で仲が悪い人を遭遇させると、そこでバトルが始まるのでね笑

もはや食事どころじゃない「カオス」な状態になりますからね・・・

そして利用者さんの「手洗い」を介助したら、食事がスタート!

不安定なりにも自分で食事が出来る人は、監視するだけでいいので楽です笑

でも自分で食器を扱えない人には、職員がそばに付きっきりで食べさせてあげます!

自分1人で食べれる人でも「不安要素」はありますよ!

遊び半分でわざと口から出したり、人の食事を盗もうとしたりするのでね。

そういう「危うさ」があるので、監視は絶対に必要です。

そして食事が終わった人から順に、食堂から出て行ってもらいます。

それに合わせてスタッフも最低限の人数だけ残して、フロアの方に分散します。

そして全員が食べ終わったら、食器を片付けて掃除もやって終了です!

・「入浴介助」はマジで重労働!

入浴介助もあって、私はこれがかなり嫌いでした!

何故かというと、すげー「重労働」だからです・・・笑

夕方の16:30頃に、入浴介助は始まります!

これも食事介助と同じで、まず脱衣所に障害が軽度な人から順番で利用者を呼んでいきます!

「服を脱がせてあげる係」と・・・

「中で利用者の身体を洗ってあげる係」の最低2名が必要です!

中で利用者の身体を洗う時は、自分自身も「水着」に着替えますよ・・・!

自分で身体を洗えない上に、シャワーを浴びるのが嫌いな利用者さんはマジで厄介です笑

全力で逃げようとするのを抑えながら体を洗っていくのでね。

もちろん、他の利用者の様子もずっと監視しながらやってるわけなので大変です。

すげーハードなので、冬場だとしてもやる度に汗だくになります笑

スポンサーリンク

利用者の「軽作業」の補助について!

blog_cleaning_tools

出典: ponsuke.pon.3zoku.com

・「清掃」施設内をホウキで掃除!

清掃をするのは普通に日常動作も出来て意思疎通もとれるけど、あまり高度な作業は出来ない人達です・・・!

施設の中をホウキで掃除していきます!

人によってはモップも使ってもらいますけど・・・

モップは使うのがちょっと難しいので、使える人は限られます

自分からちゃんと掃除できる人はほんのわずかで。

ほとんどが「ボーっ」とただ手を動かしているだけです笑

だからスタッフがそれに対して「指示」をすることで、なんとか成立させている感じですね。

・「工作」販売用の作品作り?!

工作は基本的に絵を描いたり、遊び半分で「作品」を作る感じです・・・!

これも障害の程度に応じて、クオリティーは様々です!

しかし、中には「販売する作品」を作る場合もあります!

そういったものは「施設での催し」とかで、激安の値段で販売されます。

工作に関しては、スタッフは一連の流れを優しくフォローしてあげる感じですね。

・「パン作り」パン作りの一部を担当!

普通に会話が成立できるようなホントに障害が「軽度」の利用者さんに関して・・・

「パン作り」に参加してもらう事があります!

街中でもたまに見かけると思います。

「ここのパンは障害者施設の方が作ってます」って感じのやつですね!

ああいうパン作りが出来るのは「障害が軽度でコミュニケーションが取れる」方達です。

もちろん、パン作りのメインは健常者のスタッフです・・・

作業の一部を、障害の程度に合わせて割り振ってもらう感じですね!

また、少額ですが「利用者」に対して賃金も発生しますよ。

・私のかつての偏見・・・!

すげー正直な話をすると・・・

私は昔そういった障害者の人が作った「パンやクッキー」とかって食べれませんでした。

昔の私は「偏見の塊」で、イメージ的に「汚そうだな」って思ってしまってたので。

施設の仕事に飛び込んでから、まったく気にならなくなりました笑

1つ言えるのは、衛生的にはまったく問題ないです・・・!

後はもう純粋に、イメージの問題だと思います笑

「夜勤」はけっこーキツいです!特にメンタル!

・夜勤がマジできつい

入所型施設の仕事には「夜勤」がつきものです・・・!

大体17時からスタートして翌朝の9時ぐらいまでで、「16時間拘束」ですね!

夜中は仮眠はできますけど、それでも結構ハードです。

暗がりの施設で、夜1人で夜勤するのってけっこーメンタルにきます

かなり「不気味な世界観」なのは間違いないですからね笑

元々「知的障害者の更生施設」って民家から隔離された山奥にある場合が多いのでね・・・

窓から外を眺めても不安でしかないワケです笑

・夜勤の重要な仕事は「生存の確認」!

夜勤の仕事では「利用者の生存の確認」が義務となっているのでね・・・!

夜中必ず、利用者さん全員が「呼吸」をしているかどうか確認をします!

そしてその記録をとっていきます!

稀にですけど、夜中に利用者がトラブルを起こして困る事もありました笑

人によっては夜中に叫ぶこともあったりして・・・

その声に反応して、他の利用者も「共鳴」し出した時にはマジで帰ろうかと思いました笑

・朝、利用者さんを起こすのも一苦労!

朝になったら、利用者さん全員を起こさないといけません!

簡単そうに聞こえますけど、かなり大変ですよ。

起こしたつもりでいても、「二度寝」とか普通にされますからね笑

健常者でも「寝起きに機嫌が悪い人」ってたくさんいるワケで・・・

知的障害者の方達だってそれは同じ事ですし!

朝は色々とやるべきことがある!

朝はとにかく時間との闘いになります・・・!

それぞれの利用者さんの体温を測って記録して、パジャマから普段着に着替えさせる

たった1人で、30人分ぐらいやらなきゃいけないのでけっこーしんどいです笑

「早番」のスタッフが出勤したら、朝ご飯の準備をしなきゃいけないのでね。

それまでには全て終わらせないといけません・・・!

あと「当直日誌」といって、夕方~朝までの「利用者全員」の様子を書かないといけません。

それを全て書き終わってから、帰宅する事になります!

知的障害者施設は「きつい・汚い・給料安い」の「3K」職場?!
どうも!いっくんです! 私はかつて「知的障害者の入所型施設」で働いていました。 施設の仕事って「ハードな割に給料がめっちゃ安い」って聞いた事ありますか? 本当にその通りで「きつい、汚い、給料が安い」の3拍子...

いっくんのまとめ

今回は、知的障害者の更生施設での仕事内容についてでした・・・!

一言で言えば生活支援なんですけどね。

その中に「軽作業」があるのを、知らなかった人も多いんじゃないかと思います!

利用者さんはただ施設で寝泊まりしてるだけじゃないんです笑

理想は利用者さんが自立に近付くことなのでね、スタッフはそれを支える存在です!


「今の職場がムリかも」って思ったら、転職もアリ!

今の職場がムリかもって思ったら・・・

他の施設への転職もアリだと思いますよ。

それで今後良い方向性に進んでいければ、転職はプラスになりますからね!

転職活動は自力でもできるけど、より確実なのは「転職サービス」を使うことです。

たくさんある会社の中でも「カイゴジョブ」がオススメですよ!

「介護や福祉」を専門として、全国の求人を扱ってるので!

実際にサイトを見ると分かりますけど・・・

どの求人も、知りたい情報が超見やすくまとまってます!

「月に40万人」もこのサイトを利用してるので、登録して間違いはないですよ。

もちろん「無料」で利用できますのでね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】