「知的障害者施設の仕事」を辞めたいスタッフの気持ちとは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私はかつて「知的障害者の入所型施設」で働いていました。

そしてスタッフが何人も辞めていくのを目にしましたよ!

かなり過酷な環境なので、施設の仕事を続けるのってホントに大変ですね。

「辞めたくなる理由」も分かるので、感じた事を書いていきます!

スポンサーリンク

「知的障害者施設の仕事」でやめていくスタッフ達!

スタッフは入職しても、どんどん辞めていく

私はかつて「知的障害者の入所型施設」で働いていました。

知的障害者施設のスタッフには、仕事がイヤになって辞める人がたくさんいました・・・!

早い人であれば、入職して1週間で辞めちゃったりね。

他職種にもそういう人はいるとは思いますけど・・・

施設のスタッフに特徴的なのが「見切り」がめちゃくちゃ早いんですよね!

特に「非正規職員」はそっこーで辞める人が多いです。

感覚的には「最初の3カ月」にかなり辞めていって・・・

1年以上続いた人は頑張って3年目まで働いて、そこでまた辞めちゃう感じです笑

ちなみに、統計的には「正規・不正規職員」ともに1年以内に「3割以上」はやめるそうです。

どうして辞めていくのか?

知的障害者施設のスタッフがやめていく理由は一体何なのか?

アンケートによるトップの「離職理由」は、他の業種と同じく「人間関係」です。

でも何よりのポイントとして、知的障害者の施設は圧倒的な「3K職場なのでね!

そこもかなりデカい要因となっています。

さらに「やりがいのなさ」もプラスされて、それを理由に辞めていく人も多いです!

私も何度もやめたくなった!

汚いのがムリで、何度も辞めたくなった

施設での仕事できつい事はたくさんありましたけど・・・

その中でも「便いじり」をする利用者が、自分にとっては耐え難いものでしたね!

1日に1~2回、大量のうんちを「部屋や廊下の壁」に塗り広げる人がいたんですよ笑

それを発見したら「清掃」か「入浴介助」のどっちかの役割につかないといけません。

まあ、どっちについても「地獄」みたいな感覚でしたよ・・・笑

この「うんこいじりへの対策」も、家族からは許可が下りないし。

かといって利用者本人に口で注意したところでまったく意味が無い。

スポンサーリンク

これが「知的障害者施設での最大のジレンマ」だと思います。

知的障害者の施設は、高齢や身体障害での介護とはまた違う「独特の世界」です。

例えば、対象となる利用者さんに何かを教えたいと思ったとして

「利用者に対して1日に同じ事を100回言って、それを1年間続けて覚えてもらえるかどうか」

って感じの世界なのでね。

無力感に襲われ続ける!

私はこれまでの人生で、こんなに「不毛な感覚」に陥った事はありませんでした。

どんなものでも「時間と労力」をかければ、多少は成果って見えるはずなのに・・・

ここでは、それが全く通用しないんですよ。

スタッフとしては1年をかけて苦労して「積み重ねた」と思っても・・・

実は1年前と全く変わってなかったりね。

それってつまり、費やした「労力も時間」もほぼ無意味に等しいって事です。

「じゃあ、自分がやってきたことは無意味だったの?」って感じるのは当然のこと。

スポンサーリンク

「費用対効果」や「生産性」といった概念とは完全に対極です。

プラス要素が見出せなくて辞めたくなる

その中での仕事っていうのは、精神的にはかなりきつい。

自分がやっている事に対しての「意味づけ」が難しくなってくるし。

段々と自分の中での「感覚が鈍化」していくのがよく分かりますよ。

そして本心から「このままこの仕事を続けちゃいけない」って思うようになります。

そうなったら辞めるまでは早いです。

だって踏みとどまって働くだけの「プラスの要素」が思い浮かばないですから。

「介護職員」を続けるのは「至難の業」?!

gahag-0105296381-1

報われない介護の仕事

正直に話しますけど、介護職にやりがいを見出すのはかなり難しいです。

「モチベーション」が維持しにくい環境の中で、なんとか頑張ってみようとはするけど・・・

頑張りが「成果」や「対価」として全く報われない

多くのスタッフは辞める時にこんな言い方をする人もいます・・・

「やりがいはあるけど、給与が低いから介護の仕事は辞める」ってね。

でもこれは「綺麗な言い訳を作ってるだけ」だと思いますよ。

本心では、そもそもやりがい自体を見出せてないはずなので。

私にとっても耐えられない環境だった

私は今「臨床検査技師」として病院で働いています。

もし今と「同程度の給与」が介護職で貰えても、私は介護の世界には戻りません

それはさっき説明したような利用者の「便いじり」などがイヤなのもありますけど。

なによりも、働く上で「メンタルが不安定になる」んですよ。

きつい環境の中で、やりがいを見つけてモチベーションを維持できないし

施設の仕事は基本的に「ネガティブ」な事しか起こらないのでね。

わたしは介護職を続けている人を尊敬してます

だからこそ、私は介護職で長年勤めている人を尊敬しています。

そういう人達はマジで「ホスピタリティー」がある人が多いですからね。

介護の仕事は「心身共に強くて、思いやりのある人間」にしか勤まらないと思います。

そんな人材って貴重ですよね、本当に。

こんな大変な環境でも普通に働けてるスタッフは凄いですよホントに。

自分にはそこまでの「ホスピタリティー」はありませんでした・・・笑

いっくんのまとめ

今回は知的障害者施設で勤めるスタッフが離職する理由についてでした・・・!

施設での仕事はホントにきついので「離職する理由」は多々あります。

「続けるだけのメリットが何かあるのか?」って状況ですからね。

しかし、そんな中でも長く働いている人もいて、マジで尊敬に値します。

もっとそういう人が評価されて、その人達だけでも待遇がよくなると良いんですけどね!


「今の職場がムリかも」って思ったら、転職もアリ!

今の職場がムリかもって思ったら・・・

他の施設への転職もアリだと思いますよ。

それで今後良い方向性に進んでいければ、転職はプラスになりますからね!

転職活動は自力でもできるけど、より確実なのは「転職サービス」を使うことです。

たくさんある会社の中でも「カイゴジョブ」がオススメですよ!

「介護や福祉」を専門として、全国の求人を扱ってるので!

実際にサイトを見ると分かりますけど・・・

どの求人も、知りたい情報が超見やすくまとまってます!

「月に40万人」もこのサイトを利用してるので、登録して間違いはないですよ。

もちろん「無料」で利用できますのでね!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】