病院で採血をした後に「とり直し」になる理由を教えます!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は病院で働く臨床検査技師です!

病院での「採血」って凄くイヤですよね?

しかし中には、採血をした後に「もう一度採血させて下さい」って言われる場合があります!

そうなる理由は大きく分けて「3つ」あるので説明していきますね!

スポンサーリンク

採血が「採り直し」になる理由って?!

病院で採血を受けた時に、スタッフから呼び出されて・・・

「もう一回採血させて下さい!」って言われる場合があります!

「さっきちゃんと採ったはずなのに、何でもう一度取るんだ?」って気になる方もいると思います・・・!

その理由は大きく分けて「3パターン」あるんです!

①採血量が足りない(スタッフのミス!)

②固まっちゃいけない血液が固まってた(スタッフのミス!)

③「溶血」していた!(どちらのせいとも言えない!)

って感じですね!

まあ、これを見て分かる通りほぼスタッフのせいなんですけどね笑

この3つがメインとなる「再採血」の原因ですね!

それ以外にも「レアなケース」はありますけど、それは気にしなくていいです。

ではそれぞれ簡単に説明します!

採血量が足りない?

採血量が足りないパターンです!

「すみません、量が足りなくて・・・」って言われた方はこちらですね。

それぞれの採血管は「血液を必要量」採る決まりになってるんですよ。

だからどの採血管にも「ライン」で印がされていて、必要量が一目で分かるようになってます!

ラインまで血液が入ればOKって感じでね。

それを単純に見過ごしていて、後で量が足りないのに気付いているパターンなので。

これはもう100%採血者が悪いですよ笑

②固まっちゃいけない血液が固まってた?!

固まっちゃいけない血液が固まってたパターンです!

スポンサーリンク

「さっき採血した血液が(凝固)固まっちゃって・・・」って言われた方はこちらですね。

採血する時って、色んな種類の採血管を使います!

検査の種類に応じて「固まって良い採血管」と「固まっちゃダメな採血管」があるんです。

固まっちゃダメな採血管の中には「粉や液体」が入ってます。

それが「血液の凝固」を防ぐためのものなんですよね。

みなさん思い出してみて下さい・・・!

病院で採血してもらった時って、スタッフは採血管を「軽く上下に振る」と思います。

あの動作で「採血管の中の薬」と「血液」を混ぜて、血が固まらないようにしてます!

逆に言えば、ちゃんと混ぜてないと固まっちゃうって事です笑

ほんの少しでも固まっちゃうとアウト(検査不可)なのでね!

「どうにか検査して欲しい」って頼まれても出来ません・・・!

固まった血液を「検査機器」に吸わせたら検査結果が「異常値」になっちゃうのでね。

検査したところで意味が無いんですよ笑

スポンサーリンク

なので、固まってる場合にはもう一回採血し直させてもらいます!

まあ、これも「スタッフのミス」です笑

③「溶血」していた?!

出典:http://www.kmuh.org.tw/www/clinlab/4_2.htm

「溶血」っていうパターンもあります!

「さっき採血した血液が溶血していて・・・」って言われた事がある人もいると思います!

溶血って言われても何のことか意味不明ですよね笑

でも病院スタッフは当たり前のように使ってくるので、びっくりすると思います!

溶血がどんなもんかというと・・・

上の画像を見ると、右にいくにつれて「赤く」なってますよね?

これこそ溶血していて「血液中の赤血球が壊れてしまってる状態」ってことです!

そして溶血すると検査結果が「異常」になるため、採血を取り直す必要があります。

何で溶血するかというと・・・

「採血管に血液が必要な量入るまでめちゃくちゃ時間がかかった!」

「普通よりも細い針で採血した!」

「注射器で血液を吸い出そうとしても、なかなか血管に入ってこなくて圧をかけた!」

こういった場合に「溶血」しちゃいます!

どれにも共通してるのは「採血しにくい患者さんの場合」ってことですね。

もちろん、採血者の技量が悪過ぎて溶血する場合もありますけど・・・笑

1つ言えるのは、スムーズに採血できた場合に溶血する事はまずありません。

なのでこれに関しては「患者さんとスタッフ」で原因は半々ですね・・・!

「採血採り直し」って気付くまで時間がかかる?!

きっと採血の採り直しを言われた患者さんの中には・・・

「採血してから、採り直しが分かるまで遅くない?!」って思う人がいると思います笑

どのタイミングで「採血の採り直しの必要性」に気付くのか説明しますね!

まず、採血した血液は検査室に運ばれます!

そして最初に「受付作業」があります・・・!

そこで「そのまま検査機器にかけるモノ」と「遠心機にかけるもの」で選別します!

ここでさっきの「①と②」に気付きます・・・!

ここでは必ず「量が足りてるか?」「固まっちゃいけない血液が固まってないか?」

目で見てチェックするのでね!

でも「③」に関しては別なんです・・・!

上の写真みたいな「遠心機」という機械で「血液を遠心」をしないと分かりません!

ちなみに「遠心機」とは「1分間に3000回転」もする機械なんですよね!

この操作は「10分間」かかります!

出典:http://www.pearl-dent.net/

これに血液をセットする事で、血液は「上澄みと血球」に分かれます!

そして終わって取り出してみた時の様子で、溶血してたらすぐに分かります!

「溶血」の場合は、本来は黄色いはずの上澄みが「赤く」なっているのでね!

パッと見て「あ、溶血してる。採り直してもらわなきゃ!」ってなるワケです。

っということで・・・

患者さんが待たされる時間は採血して「最低でも10分以上」はかかるワケですね!

時間がかかる理由がこれで分かったかと思います!

いっくんのまとめ

今回は、医療機関での「採血の採り直しの理由」についてでした!

スタッフは「もう一度採血させて下さい」って簡単に言いますけど・・・!

患者からしたらたまったもんじゃないですよね笑

採り直しが必要な理由は大きく分けて3パターンありますけど。

「溶血」以外は「スタッフのミス」です笑

イラッとするとは思いますけど、患者さんは優しく見守ってくれると嬉しいです・・・!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】