採血で失敗?血液をとり直しになる理由(凝固、溶血)を説明します。

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は病院で働く臨床検査技師です!

 

病院での「採血」って凄くイヤですよね?

しかし中には、採血をした後に「もう一度採血させて下さい!」って言われるケースがあります!

 

そうなる理由は大きく分けて「3つ」あるので説明していきますね。

 

スポンサーリンク

採血が「取り直し」になる理由とは?!

さっき採血したのに、また採血?!

私は病院で臨床検査技師として働いています!

 

みなさんは病院で採血を受けた後に、スタッフから呼び出されて・・・

「もう一回採血させて下さい!」って言われた経験はありますか?

いっくん
さっきとったのに、何でまた採血するんだ? 

疑問に感じてる人も多いと思います!

どういった経緯で採血をやり直すことになるのか、具体的に説明していきますね。

 

採血が取り直しになる3つの理由!

その理由には大きく分けて「3パターン」あるんですよ。

①採血量が足りない(スタッフのミス)

②固まっちゃいけない血液が固まってた(スタッフのミス)

③「溶血」していた!(どちらのせいとも言えない)

この3つがメインとなる「再採血」の原因ですね。

これを見て分かる通り、ほぼスタッフのせいなんですよ笑

 

それ以外にもパターンはありますけど「レアなケース」となるので紹介しません!

ではそれぞれの理由について簡単に説明しますね。

 

採血量が足りないとは?

採血量が足りないパターンについて!

いっくん
さっき採血させていただいたんですけど、量が足りなくて・・・

スタッフから謝られたことがある人もいるはず笑

 

採血する時って、何本か色違いの採血管があると思いますけど。

それぞれの採血管で「必要な血液量」が決まってるんですよ!

 

どの採血管もよく見ると「ライン」が印されてて、一目で必要量が分かるようになってます。

そのラインまで血液が入ればOKって感じでね。

 

これは採血室のスタッフのチェック不足で、量が足りないのに後で気付いたパターンですよ。

これはもう100%スタッフが悪いやつです笑

 

②固まっちゃいけない血液が固まってた?!

血液が固まっていいものと、ダメなものがある!

これは固まっちゃいけない血液が固まってたパターンです!

いっくん
さっき採血した血液が(凝固)固まってしまって・・・

採血する時って、色んな種類の採血管を使うんですよね。

検査の種類によって「血液が固まっていい採血管」と「固まっちゃダメな採血管」があるんですよ。

 

生化学・免疫検査は固まるべきモノだし、血算や凝固は固まっちゃダメ!

 

ちなみに固まっちゃダメな採血管には「粉や液体」が入ってますよ。

これが血液の凝固を防ぐためのものなんですよね。

 

採血した時には、採血管を軽く振ってるはず!

みなさん思い出してみて下さい・・・!

 

病院で採血してもらった時って、スタッフは採血管を軽く上下に振ってると思います。

あの動作をすることで「採血管の中の薬と血液」を混ぜてます。

 

これでちゃんと混ざれば、血は固まらずに検査に使えるのでね!

もし凝固したんだとしたら・・・

いっくん
ちゃんと混ぜないから固まっちゃったってことです笑 

 

固まると検査ができなくなる?!

血液が固まったらダメな試験管の場合・・・

ほんの少しでも固まっちゃうと、もうアウト(検査不可)なのでね!

 

「また採血やるのはイヤだから、どうにかさっきの血液で検査して欲しい」

って頼まれたとしてもムリなんですよ!

 

固まった血液を検査機器に吸わせたら、結果が「異常値」になっちゃうのでね。

それが分かってるから、もう一回採血させてもらうんです。

 

これも採血直後にちゃんと試験管を混ぜなかった「スタッフのミス」です笑

 

③「溶血」していた?!

出典:http://www.kmuh.org.tw/www/clinlab/4_2.htm

「溶血してた」って言われて、ビックリした人もいるはず!

溶血っていうパターンもあります!

いっくん
さっき採血した血液が溶血してしまってて・・・

言われたことある人もいるはずです!

スタッフは普通に「溶血」っていう専門用語を使いがちなのでね。

 

初めて聞いた人は、意味不明だしびっくりするはず笑

 

採血した時に、何かの理由で「赤血球が壊れた」!

溶血がどんなもんかというと・・・

「血液中の赤血球が壊れてしまってる状態」ってことです!

 

上の画像を見ると、右にいくにつれて「赤く」なってますよね? 右にいくほどに溶血してるんですよ。

 

溶血って赤血球の成分が溶け出てる状態なので、血液検査の結果に影響が出ちゃうんですよ。

だから溶血を確認したら、採血を取り直してもらうワケです。

 

溶血する原因とは?

何で溶血するかというと・・・

「採血管に必要量の血液が入るまでに、けっこー時間がかかった!」

「普通よりも細い針を使って採血した!

「注射器で採血した血液を、採血管に圧をかけて入れた!」

こういった場合に「溶血」しちゃいます!

採血者の技量が悪くて溶血する場合もありますけど・・・笑

 

どれにも共通してるのは「採血しにくい患者さんの場合ってことですね。

 

1つ言えるのは、スムーズに採血できた場合には溶血する事はほとんどありません。

なのでこれに関しては「患者さんとスタッフ」で原因は半々ですね!

 

スポンサーリンク

「採血の取り直し」って気付くまでに時間がかかる!

「取り直し」かどうかが分かるタイミングとは?!

もう一度採血をして欲しいって言われた患者さんの中には・・・

「採血してから、取り直しが分かるまで遅くない?!」って思う人もいると思います。

 

ではどのタイミングで「採血の取り直しの必要性」に気付くのか説明しますね!

 

まず採血した血液は検査室に運ばれて、そこで最初に「受付」をします。

「血液量は足りてるか?」

「固まっちゃダメな血液が固まってないか?」

この時に目で見てチェックしますよ。

 

それぞれの確認してダメだったものが、この段階で「再採血」の対象になります!

 

「溶血してるかのチェック」に時間がかかる!

受付する時には「そのまま検査機器にかける血液」と「遠心機にかける血液」を選別します。

 

そして遠心機にかける血液は、上の写真みたいな「遠心機」に入れて回していきます!

ちなみに遠心機は1分間に3000回転もする機械なんですよ。

 

遠心機に血液をセットして10分遠心することで・・・

血液は上澄みと血球に分かれます。

 

溶血は遠心処理をしないと判断できないので時間がかかるワケです!

 

遠心機にかけた血液はこうなります!

出典:http://www.kmuh.org.tw/www/clinlab/4_2.htm

もし溶血してた場合は、本来は黄色いはずの上澄みが赤くなるのでね。

 

 

遠心機から取り出した時に初めて、溶血してるかどうかが分かるってことです!

 

パッと見て「あ、溶血してる!取り直しの連絡をしないと!」ってなるワケです。

 

だから取り直しかどうかが判断できるまでには、時間のロスがあるんです。

目安としては、採血してから遠心が終わるまで最低でも20分はかかるのでね。

 

時間がかかる理由はこれで分かったかと思います!

 

いっくんのまとめ

今回は、医療機関での「採血の取り直しの理由」についてでした!

 

スタッフは「もう一度採血させて下さい」って簡単に言いますけど・・・

患者さんからしたらたまったもんじゃないですよね笑

 

取り直しが必要な理由は大きく分けて3パターンですけど。

「溶血」以外は、基本的にスタッフのミスです笑

 

イラッとするでしょうけど、優しく見守ってくれると嬉しいです!

臨床検査技師が採血を受ける患者さんに知って欲しいこと【まとめ】

2017.09.17