【検査の外注】病院から「外部の会社」に検査を頼むのはナゼ?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は病院で働く臨床検査技師です!

病院から「外部に検査をお願いする」のを気になった事はありませんか?!

外注検査を請け負うのが「検査センター」という企業です!

血液検査など、何で病院の代わりにやってもらうのか?

このシステムが存在する意味を説明していきますね!

スポンサーリンク

「検体検査」を請け負う企業がある?!

病院から預かった「検体」を代わりに検査してくれる企業があります!

それが「検査センター」で、ビジネスとして「検体検査」を行っています!

検体検査は通常は病院内で「臨床検査技師」が担当している仕事なんですけど。

病院側から検査センターにお金を払って、検査を代わりにやってもらう事があります!

理由はまた後で説明しますね!

実は国内にある「医療機関のほぼ100%」が・・・!

検査センターに「何かしらの検査」を代わりにやってもらってるんですよ。

「大学病院」を含めた全ての医療機関がお世話になっているのはちょっと意外ですよね笑

そしてこの検査センターは、最大手の3社は「全国の至る所に存在」しています。

もちろん、それ以外にも小さい検査センターも多々ありますよ!

何で代わりに検査をやってもらうの?!

スポンサーリンク

・病院じゃできない検査は山ほどある!

そもそも「検査センター」って必要なのか気になりますよね?

結論から言えば、これは絶対に必要なんですよね。

例えば・・・

病院で血液検査のオーダーが出た時、基本的には「病院の臨床検査技師」が検査します!

でも病院によって「検査機器」の種類や質は全然違ってきますよね。

検体検査は「項目」も「検査方法」もたくさんあるのでね!

自分の施設にある検査機器だけじゃ「全てに対応出来ない」のが現状なんです。

医師からオーダーされても、病院内で取り扱ってない検査項目なんて山ほどあります笑

そうなった時に頼りになるのが、検体検査の設備が整っている「検査センター」です!

そこに「検体」だけ送って代わりに検査してもらって、検査結果を送ってもらうんです。

・ほぼ100%の病院が検査センターに依存!

ちなみにですが・・・

「クリニック」の場合は、そもそも検査技師がいない施設がほとんどです。

だから検査は全て検査センターに「外注」するようにな

っています!

「小さい病院」の場合は、血液検査の最低限の設備はありますけど。

特に「病理検査」や「微生物検査」は、検査する設備を持っていません!

なので完全に検査センターを頼る形で、医療が成り立ってるワケです!

そして「大学病院クラス」の設備があったとしても・・・

日常的に検査センターに「外注」しています!

「検査センター」の中ってどんな感じ?!

スポンサーリンク

ちなみに検査センターは「工場みたいな雰囲気」のところです!

検査センターでも「臨床検査技師」が働いていますよ!

大規模な施設に毎日「病院やクリニック」から大量の検体が運ばれるので・・・

「受付、検査、結果の確認」までを「大型の機械と人間の手」で処理しています。

正確な結果を早く出す事が使命なので「24時間体制」でスタッフは入れ替わりで働きます!

また、検査センターは病院と同じく「閉鎖的な環境」です!

人も基本的に固定でずーっと同じ作業を繰り返してるのでね笑

どこの医療機関も「検査センター」に検査を外注していると言いましたけど・・・

実は検査センターのシステムは「数十年前」から確立されているものなのでね!

これが無いと、もはや現在の医療は成り立たないワケです!

いっくんのまとめ

今回は「検査センター」がどういったものかお話ししました・・・!

私のような病院で働く検査技師は、病院でよく依頼される検査だけをひたすらこなしますが。

自分のところで出来ない検査は、すべて「委託先の検査センター」にお願いしています!

もし検査センターが機能停止になったら、病院の診療にも莫大な影響を及ぼします笑

意外と知らないものですけど、重要な役割を持ってるって事ですね。

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】