人生初の「スカイダイビング」!セスナで地上3800mから落ちる!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

出典:http://soratobi.link/spot/2783

どうも!いっくんです!

みなさん「スカイダイビング」に興味はありますか?

私は1度だけ「体験スカイダイビング」をやったんですけど。

実際にやる直前になると「空から落ちる恐怖」はハンパじゃなかったですよ笑

その時の感想をお話しします!

スポンサーリンク

人生初の「体験スカイダイビング」に挑戦!

出典:http://tokyoskydivingclub.jp/

私は前から「人生で死ぬまでにはやりたい」と思っていた事があって・・・!

それが「スカイダイビング」でした笑

そして埼玉にある「東京スカイダイビングクラブ」へ体験しに行ってきました!

スカイダイビングの「当日の流れや注意点」は以前の記事を参考にして下さい。

素人がスカイダイビングを体験する時には・・・

プロの「インストラクター」が後ろに付いて全てをやってくれます!

だから身を預けてればいいわけですね!

ちなみに、ここのやり方は・・・

セスナに乗って上空3800mまで行って、そこから落下する感じでした!

「セスナ」に乗り込んだ瞬間に恐怖が?!

出典:http://tanoshikunonde.blog.jp/archives/46519395.html

セスナは最大19名乗りの「スカイダイビング専用機」でした・・・!

「アジア最大級」らしいですけど、それでも結構コンパクトです笑

ちなみにその時は、私と友人以外に6人が体験に来ていました!

それぞれに1人ずつ「インストラクター」が付くので・・・

「ダイブする人が16人と操縦者1名」がセスナに乗り込む感じです!

そして時間になってセスナへと誘導されます・・・!

セスナに乗り込んだ瞬間に、私は一気に「リアルさと恐怖」が増してきました笑

私のインストラクターがそこを仕切っていた人だったらしくて・・・

私がダイブするのは「一番最後」になるとのこと!

スポンサーリンク

順番の兼ね合いで私は脱出口から一番遠い「セスナの助手席」に乗せてもらいました

他の人達はセスナの床にぎゅうぎゅうに座らされていたので、そこだけはちょっと面白かったです笑

高度が上昇する中で「葛藤」が生まれる?!

最終的に「高度3800m」まで上がってから飛び降りるので・・・!

富士山の頂上よりちょっと高いぐらいって考えればOKです笑

セスナは旋回しながら高度をグングン上昇していきます!

「約20分の遊覧飛行が楽しめる」って感じで売り文句にしていますが・・・

外の景色を眺めて感動するような余裕はなかったですね!

なんたって、既にちょっと後悔し始めてましたからね笑

もはや雲を突きぬけた高さまで来てるワケです・・・

そこから眼下に広がる「真っ白な雲の上」に飛び込むわけですよ!

スポンサーリンク

頭に浮かぶのは「死」の一文字ですよ笑

それを考えると普通じゃいられません・・・!

「恐怖と諦め」がMIXされた、今までに経験の無い「葛藤」が湧き起こります笑

ホントに頭の中では「自問自答」をずっと繰り返してる感じ・・・笑

セスナに乗り込んだとしても、途中で辞める事も出来るのでね。

「もしかしたら事故って死ぬかもしれない・・・!」

「何で高い金払ってこんなに苦しんでるんだ俺は?」

「イヤなら別にやらなきゃいいんだよな。リタイアしようかな・・・」

「いや、ダメだ!今日やるって決めたんだ!」

って感じでね。

まあ、結局はダイブしてきましたけど笑!

ついに地上「3800m」からダイブ!

出典:http://www.start-0.net/guam-sky.html

・3800mになったら準備開始!

上空3800mまで上がったら、最初にダイブする人から準備を始めていきます!

「パラシュートを装備したインストラクター」と体を固定していくワケです!

そして、あっという間に人々がセスナから飛び降りていく・・・!

人が落ちていく姿を見るだけでも、緊張感はピークに達しましたね笑

心臓はバクバクで、冷や汗が出てくる感じのストレスに襲われます・・・

・インストラクターと合体!

自分も準備するために助手席から移動していきます。

そしてインストラクターのおじさんと身体をガッチリ固定・・・!

そして順番が来るまで、私が体育座りしているすぐ背後に、おじさんが股を開いて身体を密着してくる体勢に・・・!

この感じがすげーキモかったです!

・あらためて注意点の説明!

この時にインストラクターからの「注意点」として言われたのは・・・

「とにかく飛んでからはハーネスをしっかり掴んで!」

「あと、落ちた瞬間はアゴを前に出して体をエビ反りにしろよ!」

って事でした!

そうしないと「体への衝撃」が半端ないらしいのでね、そこだけは注意しました笑

・落ちた瞬間の衝撃がヤバい!

また、降りるのは自分のタイミングでOKと言われたので・・・

自ら合図を出してセスナから飛び降りました!

空に向かって落ち始めた瞬間に、一気に凄い風が顔に向かってきます・・・!

「風圧で呼吸が出来ないし、声も出ない」状態になりました!

最初に落ちた数秒はどんどんスピードも上がって、一番苦しかったですね。

・首折れるかと思った!

かなり首にも抵抗を感じて・・・「ミシッ」っていう感覚がありました笑

もはや、この時点では景色を眺めたりする余裕は一切なし!

次第にスピードが一定に達したっぽいところで・・・

ようやく首を動かせて、周りを見る事が出来る感じでしたよ。

・ある程度の高さでパラシュートが開く!

そして地上から「1200mくらいの高さ」になったらインストラクターが「パラシュート」を開きます!

そして5分ほど空中遊泳した後に着地!

着地してからは全身の力が抜けた感じになりましたね笑

特に自分はその日緊張しまくってたせいで・・・

駅までの帰り道は「手足の力」が若干が抜けた状態でしたね笑
いっくんのまとめ
今回は「スカイダイビング」で空から落ちるまでの恐怖を書いてみました!

セスナに乗った瞬間に「あ、もう逃げられないな・・・」って感じて。

一気に恐怖感が押し寄せてきました笑!

後はもうダイブする瞬間まで頭の中ではひたすら「葛藤」が起こります・・・!

最終的に「死ぬ覚悟」が出来ればあとは大丈夫です笑

ちなみに落ちる瞬間から、あそこが激痛を感じるまでの詳細はこちらです!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】