「生徒会選挙に立候補」することになった「意外な理由」とは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は高校生の時に「生徒会」に入っていました!

でも実は生徒会には最初、まったく興味がなかったんです。

ある事件がきっかけで、生徒会選挙を受ける事になってしまいました!

その時の話を書いていきますね。

スポンサーリンク

高校での「生徒会」ってどんな存在?!

生徒会ってなに?

どこの高校にも「生徒会」は存在します・・・

まあ、活動内容は学校によってもホントに様々ですけどね。

「公立と私立」でも違うし「学校のレベル」によっても、かなり差が出てきます!

一流の私立高の場合は「政治家」ばりに生徒が自分達で色んな活動をやっていきますし笑

対して「形だけの生徒会活動」っていうところも多いです!

最低限、イベントごとの「あいさつ」「学園祭の運営」とかやるだけって感じでね。

うちの高校はこのパターンでした笑

推薦入試で有利になる

基本的に活動自体はダサいし魅力がない「生徒会」ですけど・・・

「大学進学のアドバンテージ」として生徒会役員になりたがる強者もいます!

学校内外の活動が評価される「AO推薦」でも有利ですしね!

また「生徒会役員でした」っていう肩書きは、社会的には「好印象」です。

「この子は優秀でマジメなんだろうな!」って相手が勝手に良く思ってくれますから笑

私は「生徒会」には全く興味がなかった!

生徒会には「1ミリ」も興味なかった!

正直言って、私は生徒会にはまったく興味がない人でした笑

みんなの前に出てなんかやるのは好きじゃないし、そもそもめんどくさいし。

でも、同じクラスの女子からやたらと「生徒会役員になってほしい」って誘われてたんです笑

しかもかなりしつこくて、本気で困っていました。

「だから俺はやらないってば!他の人に頼んでよ!」って感じでね。

生徒会選挙の立候補を勧められていた!

そんなやりとりをしばらく続けていて。

ついに生徒会選挙の「立候補の締切日」がきたんですね。

その日は朝から勧誘がヤバくて・・・

朝教室に入るなり「今日が締切だよ?分かってる?!」って感じで、すげー誘われるんです笑

スポンサーリンク

「あー。もうマジでウザいこいつ。いい加減にしろよ!」って思ってました。

立候補は、最後まで拒否し続けた

その日は絶対帰りがけに勧誘されるのが分かってたので。

めんどくさい事になる前に、友達と帰る作戦に出ました笑

まあ、ホームルームが終わったら学校から脱出するだけの話ですけど。

予定通り一瞬で学校から抜け出して、その女の子からの勧誘は受けずに帰れました!

スポンサーリンク

その日は「いやー、逃げ切れて良かった―」って感じで帰りましたよ。

翌朝学校に行ってみると・・・!

なぜか立候補者に自分の名前が?!

翌朝のホームルームで、担任から信じられないことが発表されました。

ホームルームが終わる頃になって、先生はこう言ったんです・・・

「昨日締切だった生徒会選挙ですけど、うちのクラスから○○君が立候補します!」ってね。

「ん?・・・今なんつった?」ってなりました。

完全に他人事だと思ってボーっとしてたのでね笑

周りのリアクションも聞こえないぐらい、冷静じゃない自分がいました笑

ホームルームが終わってそっこーで先生のところへ行って・・・!

「先生!俺は立候補してないですよ!」って言ったら。

「え?でも昨日△△さんが、○○君の立候補の紙を持ってきてくれたわよ」

って言われて、一瞬で状況が分かりました。

「あの女、勝手に代筆して渡しやがったな・・・!」ってね。

不本意ながら選挙に出ることに?!

すぐに先生には真実を伝えて「取り消してください!」って言ったんですけど。

その先生は困惑した感じで。

「今から取り下げって言うのは、ちょっとムリかも・・・」

っていう歯切れの悪い言い方をしてきました。

でも「選挙受けるつもりもないのに、やるのはおかしいでしょ?」って話をして。

担任に連れられて「教務主任」のところに行きました。

教務主任は顔見知りだったので、事実をそのまま伝える事ができたんですけど・・・!

「なるほど・・・せっかくの機会だから、このまま受けてみなさい!」

っていう最悪なパターンにもっていかれました笑

そして結局は受ける事になってしまったワケです!

私は最悪に、周りはハッピーに

ちなみに原因となったその女はめっちゃ喜んでました・・・

私はもう呆れ過ぎて「こいつとはマジでもう関りたくない」って気持ちで一杯でした笑

そして「担任や教務主任」も、私に生徒会をやらせたかったらしいです。

それにしても、理不尽過ぎるって言うか・・・

やり方が率直に「頭悪いな」って思います笑

まさかの生徒会選挙に「代筆が認可される」って言う事件がきっかけとなって。

わたしはその後に生徒会選挙に出て、対立候補とバトルする事になりましたよ!

いっくんのまとめ

今回は「高校の生徒会選挙」に不本意ながら立候補する事になった話でした!

自分が1ミリも望んでいない生徒会選挙に、まさか出るハメになるなんてね笑

今振り返ってもこの一連の流れは、不思議で仕方ありません。

この後に「対立候補」とバトルしますけど・・・

ホントに生徒会をやりたかった相手には失礼だったなって感じます。

まあ、よく分かんない出来事でした笑

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】