「電子書籍化サービス」を利用して分かった「デメリット」とは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

みなさん「電子書籍化サービス」って利用したことありますか?

私は「ブックスキャン」というサービスを「4年以上」使ってるんですけど。

実際に利用してみて色々なデメリットを感じているので笑

今回は、そこを詳しく説明していきますね!

スポンサーリンク

「電子書籍化の代行サービス」について!

私が使っているのは「ブックスキャン」っていう「電子書籍化サービス」です!

自分の部屋だけで「200冊以上の本」があったので、このままじゃヤバいと思って利用した感じです!

「電子書籍化の代行サービス」では、自分が持ってる本を会社に送れば・・・

そこで全て「PDFの電子データ」にしてくれるっていう仕組みです!

これを使うと「1冊100円程度」で、無数にある本をアイパッド1つに収納できることになる!

「持ち運びすさ」と「省スペース」は最大のメリットがあります!

私は「アイパッド」で好んで読書していて、初めは感動して満足していたんですけど。

でも、使ってるうちに段々とデメリットに感じる事も出てきました・・・笑

電子書籍で本を読むことの「デメリット」!

・情報が頭に入りにくい?!

読書で「知識を蓄える」という視点で考えると・・・

どう考えても電子データよりも「通常の本」の方が頭に入りやすいと思います!

ちなみに、これは使い始めてすぐに気付きましたね笑

スポンサーリンク

「あれ?なんかこれだと頭に残りにくい気がする」ってね。

最初の頃は慣れれば本と同じようになるかもって期待したんですけど・・・

結局そうはならなかったです笑

私と同じような意見を言っている人は沢山いるようなのでね!

「アナログ」の方が記憶に残りやすいという事なんでしょうかね。

「紙独特の匂い」や「紙の質感」「有機的な文字のリアルさ」が・・・

きっと記憶に役立っていたんだと思います!

言葉にすると大げさな表現ですけど笑

まあ単純に、PDFデータは味気なくて「印象に残らない」って話ですね!

・ページをまたぐ時が不便になる?!

私はいつも「アイパッド」で読んでいますけど・・・

本気でデメリットに感じているのは「見たいページを瞬時に開けなくなった」事です!

1ページずつ読み進めていく分には、別に問題は無いんです。

「操作性」もスムーズになるようにちゃんと工夫されてるのでね!

でも、何度もページを行ったり来たりしたい場合ってありますよね?

例えば「参考書」や「雑誌」をイメージして貰えば分かると思います!

これはもう壊滅的に操作性が悪いです笑!

時間がかかって仕方ないです。

普通の本であれば、ページのどこらへんに読みたいのがあるかって・・・

「本の厚み」とかでもすぐ分かるじゃないですか。

ページをめくるのだって「パララララ・・・!」って感じで一瞬ですしね。

スポンサーリンク

でも「電子書籍」の場合は・・・

ページを一気に飛ぶ事も出来るし、そこから1枚ずつめくっていく作業は一緒なんだけど。

それにかかるスピードやストレスは桁違いです!

まあ、やってみれば分かります笑

そういった操作性がすげー面倒だなっていつもストレスに感じてます笑!

・「速読」が出来なくなった!

ちなみに私は学生時代に、大量の本を読むために「速読」に挑戦した時期がありました!

全然マスター出来てないですけど・・・笑

それでも簡単な「新書」であれば、パラパラ読むだけで要点は掴めるようになったので。

そういった意味では、少しは速読が出来るといえるはずです。

しかし、電子書籍化してからは速読は出来なくなりました・・・笑

これも先ほどと同じで「操作性」と「頭への入り易さ」の違いが原因だと思います。

アイパッドで勢いよくページをめくっても、全然頭に残らないので笑

ちなみに、今でも本屋で立ち読みする時には速読できているのでね。

やっぱり「電子書籍」というもののデメリットなんだと感じてます。

・コスパも悪い場合がある?!

ちなみに私が利用している「ブックスキャン」では・・・

通常会員は「1冊100円」っていう感じのシステムになっています!

私は便宜的な兼ね合いで「通常会員」ではなくて・・・

月額3000円の「プレミアムライト会員」になっています!

私が「月額コース」に入ってる理由は・・・

簡単に言えば「うまくブックスキャンのやり口」にハマった感じです笑

やめようと思えばいつでもやめられるけど、やめると不利益が出る仕組みになってます。

結果として私がこれまでに利用してきた4年の間で・・・

単純計算で「総額15万以上」は電子書籍サービスにお金を払ってる事になります笑

今後も契約を続ければ、どんどんお金はかかる一方ですからね。

今振り返って思うのは・・・

最初から自炊(自分で電子書籍化する)してた方が良かったって事。

もし4年前に戻るのであれば、私なら絶対に「自炊」します!

自炊用の機器の「スキャナーと裁断機」は10万もあれば買えるのでね!

自分でやっていれば、その後に色々と加工もできたしね!

まあ、これは自分が読書に「こだわり」があるのがいけないんですが・・・

普通は「通常会員」のままで、普通に利用してる分には損にはなりません笑!


いっくんのまとめ
今回は「電子書籍化サービス」を使って感じた「デメリット」をお話ししました!

電子書籍化サービスには大きなメリットがある一方、デメリットも存在します・・・!

私は速読が出来なくなったのと、ページをまたぐのが不便なのが特にストレスです笑

「コスパ」で考えた場合には・・・

数十冊しか頼まないのであれば、電子書籍化サービスは使うべきだと思いますよ!

でも、もし数百冊単位の場合は、自分で「スキャナーと裁断機」を使った方が良いと思います!

もちろん手間はかかりますけどね笑

長い目で見たら、自炊の方が良い気がします!

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】