採血が嫌いな人ほど「人間ドック」を受けるべき理由とは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

世の中には「採血が嫌いな人」ってたくさんいますよね笑

そういった人達は病院に行くのを避ける傾向にあります!

しかし、それだと病気になって逆に「病院通いになる」パターンなんですよ!

採血嫌いな人こそ「人間ドック」に行った方が良いんです!

スポンサーリンク

「採血が嫌いな人」を見て感じる事!

世の中には「採血が嫌いな人」は無数にいます!

子供から大人まで関係無く、採血を拒否しようとする患者さんは普通にいます

私は病院で毎日「80人ぐらい」の採血をしてましたけど・・・!

採血を全力で嫌がる人を見て、いつもこう感じてました。

「この人達が糖尿病とかになったらマジでヤバいだろうな」ってね。

何故かというと、糖尿病になったら採血を死ぬまで毎月する事になるからです。

こんなに採血を嫌ってる人が、もしそんな状況になったら・・・!

壮絶な事になるのは、容易に想像できちゃいますからね笑

病気になってから病院に行くのは遅い?!

臨床検査技師」として病院で働いてみてよく感じるんですけど・・・

「病気になってから病院通い出しても遅くない?」ってね笑

採血が嫌いな人って、病院に行くことを全力で避けようとします・・・笑

散々病院に行くのを避け続けて、その挙句に「病気になる」っていうね。

病気と言っても程度は様々だし、治療してすぐに治るパターンならいいんですよ。

でも「糖尿病」みたいに完治せずにコントロールし続ける病気の場合・・・

あれだけイヤだった病院に、毎月行かなきゃ行けなくなります!

一度発症しちゃったら「自覚症状」で苦しむのでね、イヤでも行かざるを得ない。

そこでずーっと治療を受け続けて・・・

その後の人生、莫大な「心身への負荷」と「時間と労力」が発生する事になります。

つまり私が言いたいのは・・・

「病気にかかる前になんとかしないといけないんです!」

一度病気になってから、慌てて病院に行ったんじゃ遅いんですよ!

「定期的に採血」をすれば病気を防げる?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誰だってある日いきなり病気になるワケじゃないんですよ。

少しずつ身体のどこかに負荷がかかっていって・・・!

それが「許容」を超えた時に「病気」になるって感じです。

これは「血液検査の結果」を見てても、ホントにそうなんですよね。

ある人の健康状態がだんだんと悪くなっていって・・・

そこから病気に至るまで、数値でしっかり見て取れますから。

身体のコンディションは「検査の数値」を見れば明らかなんです。

つまりは「定期的に採血」をしていれば・・・

身体のどこが「キャパオーバー」になりかけてるかが分かります!

血液検査の結果を見て、適切に対策をすれば「病気は防げる」んですよ!

採血が嫌いな人ほど「人間ドック」は受けるべき!

採血がイヤな人ほど「健康管理のため」に採血を受けた方が良いんです!

つまり、自分の気持ちとはまったく「逆」のことをした方が良いってことね笑

上で説明したみたいに、慢性的な病気になって大変な目に遭わないためは。

自分から検査を受けに行くっていうスタイルにした方が良いです!

頻繁に行く必要はないのでね、せめて「1年に1回」でも受ける感じで良いと思います。

まあでも、血液検査って一言で言っても「項目」はたくさんあります!

会社によっては「健康診断」で採血をやる事もありますけど、項目は最低限しかないのでね。

せめて「血球系、糖代謝、尿酸、脂質、肝機能&腎臓機能、感染症、腫瘍マーカー」

って感じで「生活習慣病」や「がん等」を一通り網羅したものが良いです!

私がおすすめしたいのは「血液検査」を含めた「人間ドック」です!

人間ドックは血液検査以外にも「画像検査など」も受けられるのでね。

健康状態を調べるのには、これが一番理にかなってますよ!

これでより確実に「身体の異変」に気付ければ「病気の予防」ができます!

採血嫌いな人にとっては、その方がめっちゃ合理的だと思いますよ!

「30歳」を過ぎたら「人間ドック」は毎年受けるべきです!

いっくんのまとめ

今回は、採血が苦手な方こそ「人間ドック」を受けるべきという話でした!

採血嫌いな人は病院を避け続けますけど・・・

その結果「厄介な慢性疾患」にかかったら最悪なパターンになりますからね!

「糖尿病」になって死ぬまで「毎月」採血することになったりとかね。

ただでさえ苦手な採血を、毎月やるなんて絶対イヤですよね?

それなら、年に1回でもしっかり検査を受けて、病気にならないようにした方が絶対に良い!

どう考えてもそうした方が合理的ですから。

参考になったら嬉しいです!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】