「男性不妊治療の専門クリニック」に初めて行った時の流れとは?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は以前、不妊治療のクリニックで勤めていました!

「男性不妊治療の専門クリニック」に初めて行く時は、かなり不安があると思います。

どんな流れで「検査や診察」をするのかも、全然分からないと思うのでね。

今回はその流れについて簡単に説明します!

スポンサーリンク

初めて行く時は不安だと思います!

ワケあって不妊治療のクリニックで診察してみる事になったとして。

初めて行く時って絶対に不安だと思います!

「精液検査」をやるのは分かっても・・・

それ以外にどんなことされるのか分からなくて、不安がよぎりますよね?

みなさんが「男性不妊治療のクリニック」に行く時の不安が軽減できるように・・・

クリニックに到着してからの流れを説明していきます。

「男性不妊治療クリニック」の流れとは?!

基本的には普通の病院と変わらない

「不妊治療のクリニック」に着いてからの流れを説明していきますね!

まず最初に伝えておきたいのが・・・

基本的な流れは「通常の病院」と大きくは変わらないですよ!

クリニックに到着して受付するなり、いきなり「じゃあ、採精室で精液採ってきて!」

って投げ出される事はないので安心してください笑

全体の流れはこんな感じ

「全体の流れ」はこんな感じになります・・・!

  1. 「初診受付」&「問診票の記載」
  2. 「問診」
  3. 「精液検査」
  4. 「診察」
  5. 「その他検査」
  6. 「会計」

流れに関して、ここまでしっかりやらないクリニックもあります。

今回説明する流れを頭に入れておけば、実際に行った時に動揺せずに済みますよ!

「初診受付」&「問診票の記載」:正直に書きましょう!

問診票はしっかり記入すべき

クリニックに着いたら最初に「初診受付」を済ませて、それから「問診票の記載」をします。

この流れは普通の病院と同じですよね。

「問診票」の内容には「男性不妊をチェックするための質問事項」が盛り込まれてます!

これが「検査や治療」をする上でかなり大事になってきます。

絶対にウソはつかずに正直に書きましょうね

「問診票の内容」は例えばこんな感じです・・・!

スポンサーリンク

過去の病歴(性病は1回でもかかった事があれば、正直に書いて下さい)

生殖器に関するケガ(スポーツやってた人は「睾丸の打撲」もしっかり)

手術歴(幼少期に「鼠径ヘルニア」などがあれば)

現病歴(「糖尿病」とか大事です)

幼少期の「病気や手術」は事前に調べておいて!

こうした情報は「男性不妊の原因」を探っていく上で、マジで重要になってきます!

過去の事は忘れがちですけど、分かる範囲でしっかりと思い出して書きましょうね。

特に「幼少期の手術」は、本人が把握してないケースが多いです笑!

物心つく前に手術がされる「鼠径ヘルニア」とかね。

「親から昔やったって聞いたような気もするけど。よく覚えてません」ってならないように笑

クリニックに行く前に「親に聞く」か「母子手帳」で確認するのをおすすめします!

「問診」:スタッフから質問される!

問診票の内容について、スタッフから質問される

問診票を踏まえての「医師もしくは看護師との問診」になります!

問診票に書いた内容について、色々と突っ込まれるので。

後はそれに答えていくだけです!

これまでに「不妊治療をしていた」場合には、その経過も説明してもらいますよ!

職員から質問された事に対しては、正直に答え下さいね。

精液検査の結果が悪かった場合には・・・

問診の情報を参考にして「今後の方針」が固まっていくので。

正しく伝えないと「的外れな治療」がスタートする可能性があるので、自分が困りますよ!

スポンサーリンク

過去の性病とか、恥ずかしがらずに伝えて

よくありがちなのが・・・患者さんはみんな「過去の性病」を隠したがるんです!

言いたくない気持ちは、分からなくもないですけど笑

「クラミジアの感染歴」とか超重要ですからね!

過去に感染したことがあると「精子の通り道」が詰まるケースがあるんですよ!

かなり重要な情報なので、恥ずかしがらずに言ってくださいね笑

「精液検査」:当日か後日の「2パターン」!

精液の採取には2通りのパターン

問診が終わったら、この後に「精液検査」に進むことになります!

ちなみに精液の採取方法には「2つのパターン」があります。

①クリニックの「採精室」で精液を採取する

②次回来院する時に「自宅で採取した精液を持ってきて!」

この2つのパターンは、自分でどちらか「自由に選択」出来る施設もありますし・・・

最初から「指定」されている施設もあります!

指定されている場合は「診察の体制」や「設備の兼ね合い」でそう決まっているのでね。

クリニックから言われた方法に従いましょう!

基本は院内での精液採取

基本的には「院内で採取するパターン」が推奨されているのでね。

問診が終わった後に「院内の採精室」で精液を採取する流れとなるはずです!

ちゃんとスタッフが「院内採精の仕方」は説明してくれるので安心してください。

「診察」:検査結果を教えてもらう!

精液検査の結果説明を受ける!

精液検査の結果が出たら診察に呼ばれるので、そこで結果の説明を受けます!

精液検査の結果に問題が無ければ、あっさり「診察終了」になりますよ。

あとは奥さんの「婦人科の検査」を進めていってもらう感じです。

もし精液検査に問題があったら、さらなる検査を受ける事になります。

ポイントとしては・・・

しょっぱなから結果が悪くても、いきなり治療はスタートしません!

もし異常があった場合、別の日に再検査

「最低2回は精液検査」をしてから、治療方針を定めていくのが「ルール」になってます。

例えば・・・

1回目の検査で、精液の中に「精子がまったくいなかった」としてね。

その時点で「無精子症」って診断されると思うでしょうけど、それが違うんですよ!

別の日に「再検査」をしてその時も精子がいなければ、そこで初めて「無精子症」って診断されるんです。

今回結果が悪かった人は、必ず次の「検査予約」を取ることになりますよ!

そうしないと診断も出来ないし、治療も進んでいかないのでね。

「その他検査」:血液検査などする場合も!

精液検査に異常があった時に、やる場合がある

精液検査の結果が悪かった場合・・・

「視診・触診」「血液検査」「エコー検査」をされる場合もあると思います!

まあ基本的には「再検査」をした時に、一緒にやるはずですけどね。

「視診や触診、血液検査」に関しては、どこの病院やクリニックでもやってくれるはずです。

男性不妊専門の施設じゃないと、できない検査もある?

エコー検査に関しては「やる施設とやらない施設」が明確に分かれます。

専門的な知識のある施設じゃないと・・・

医師が「男性不妊のエコー検査ができない」って考えてもらって間違いないです。

男性不妊に力を入れている、専門的な施設に通うのをおすすめします!

クリニックのHPを見れば、エコー検査をやってるかどうかも調べられますからね。

これはやってもらえるところを選んで行った方が絶対に良いですよ!

「会計」:次回の予約を確認!

最後に「会計」をします!

今回の検査で不妊治療は必要なさそうだって事が分かれば、これで終了になります。

もし、医師の方から「再検査」をした方が良いと勧められた場合には・・・

ここで次回の検査予約をしましょう!

【まとめ】元スタッフが教える「男性不妊の検査」!
どうも!いっくんです! 私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました! 今回は元スタッフの目線で「男性不妊治療の検査」に関する事をまとめました。 多くの男性不妊症の患者と出会って感じたことや、男性不妊のポイ...

いっくんのまとめ
今回は「男性不妊治療の専門クリニック」の一連の流れをお話ししました!

どんなことでも「初めて」って緊張するし不安ですよね笑

最初の「精液検査」で問題なければ良いですけど・・・

もし問題があれば、次回の予約をして「再検査」を受けましょうね。

この記事を読んで、不安感が取り除けたら嬉しいです!

また、興味があれば「男性不妊用の妊活サプリ」がありますよ。

「精子の質」が向上する成分が含まれてて、「避妊期間が1年未満」の方におすすめです!

男性妊活サプリメント

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】