「採血のどこが嫌い?」患者さんにリサーチしてみた!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師として、病院で毎日80人位の「採血」をしていました!

老若男女問わず、採血を全力で嫌がる患者さんはたくさんいます笑

気になったので採血のどこが嫌いなのかリサーチしてみました!

それぞれポイントをまとめていきますね!

スポンサーリンク

「採血のどこが嫌いか」患者さんにリサーチしてみた!

gahag-0046657933-1

「ホントに採血嫌い!絶対失敗しないでよあんた!」って敵意向き出しの患者さんに・・・

採血のどこが嫌いなのかリサーチしてみました笑

みなさんからは、こんな感じの意見が出てきましたよ!

・針を刺す時の「痛み」がムリ!

痛みが堂々のトップです!最も過ぎる理由ですね笑

よく聞くと「過去に採血した時にめちゃくちゃ痛かった」ことが原因で・・・

「トラウマ」になっちゃうケースがあるようです!

1度採血を失敗されて痛かった上に・・・

さらに2回目を「手の甲」から採られてめちゃくちゃ痛かったとかね!

また、子供の頃に「採血=激痛」ってトラウマができてる人は全力で怯えるのでね。

採血する側もけっこー大変です笑

・「緊張と不安」が耐えられない!

採血される時の「緊張と不安が耐えられない・・・!」っていう方も多いです!

確かに針を刺されるのなんて、考えただけでも怖いし気分よくないですよね。

「待合室で待っている時から不安感がハンパない」方もたくさんいます!

また、採血し始めてから「気分が悪くなったり」「意識を失う」場合もあります!

みなさん「貧血」と勘違いしますけど、全然違いますよ!

これは「迷走神経反射」という「緊張や痛み」が原因で起こるものです!

・「先端恐怖症」なんです!

また、採血に伴う不安感として「先端恐怖症」のケースもあります!

これは針の様に「尖ったもの全般を見るのがムリ!」っていう方ですね。

怖がり方が尋常じゃないケースが多いので、採血は困難を極めます・・・!

あまりにも不安感が強い場合は・・・

緊張する時だけ使うタイプの薬を心療内科で貰うのもありかもしれませんよ!

・過去に失敗されて「不信感」が凄い!

過去に失敗されて「不信感」がハンパない方もいます!

スポンサーリンク

患者さんによっては「1度に3回以上」針を刺し直された人もいるかと思います!

私自身、過去に3回ぐらい採血し直された事があるんで、気持ちはよく分かります。

私は自分の腕の血管がみえやすい事を知ってるのでね。

採血スタッフには、すげー不信感を抱きましたから笑!

スポンサーリンク

「俺の腕で失敗するなんて大丈夫かこの人?!」ってね!

私が受けたケースみたいに、明らかに採血する側が下手な場合は・・・

それは100%スタッフの問題なんですけど笑

でも、一概にスキルだけの問題じゃないので、ここは正直ビミョーなところなんです!

病院での「採血の失敗」は珍しくない?!

正直に言うと「採血の失敗」は病院では全然珍しくないんですよ!

これはどこの病院でも、日常的に起こってることです。

・「採血困難」な腕を持つ方も多い!

「採血困難」な腕を持つ患者さんもけっこー多いんです!

例えば「採血困難」な患者さんがいた場合・・・!

スタッフもあの手この手で、血管を見やすくするために工夫をします!

「腕を下ろしてもらう、温タオルで暖める、手をグーパーさせる、腕の表面をパチパチ叩く」

みたいなね!

そこまでやっても「血管が見えてこない!」ってケースが普通にあるんです・・・!

スタッフは可能な限り採れそうなところを探しますけどね。

ちなみに刺す前の時点で「ムリそうかも」って思った時は大体失敗します!

これはスタッフみんな口を揃えて言いますね・・・笑

・最終手段は「手の甲」から?

なんとか採血できるように試みても、失敗してしまう場合は必ずあります!

こういう失敗体験で、患者さんは採血が嫌いになっちゃうんですけどね。

ここで覚えておいて欲しいのが・・・

1回失敗した場合には、肘より採血し易い「手の甲の血管」から採血をする場合があります!

今試しに自分の手の甲を見てください!

見てもらえば分かる通り「手の甲」って血管が太いんですよね・・・!

特に採血困難な人の場合は、ここからの採血が推奨されます。

しかし「刺す時の痛みが強い」っていうデメリットがあるんですよね。

・患者に負荷は与えたくない!でも失敗する場合はあります!

採血に1度失敗した場合に・・・!

スタッフからしたら、また肘の血管に挑戦して2回連続で失敗するよりかは。

患者さんの痛みを差し引いても、確実に採りたいんですよね!

こんな感じで、採血が1発でとれずに「失敗」する事は十分あり得るんです。

患者さんからしたら、たまったもんじゃないでしょうけどね!

「痛い思い」をさせて、採血を嫌いにさせちゃうのはマジで申し訳ないですけど・・・!

スタッフも全力でやってるのでね、そこは許してください笑!


いっくんのまとめ
今回は、採血嫌いな患者さんに「採血のどこが嫌いか」をリサーチした内容についてでした!

ハッキリ言えることは、採血なんてみんな嫌いなんですよ笑

私だって患者さんの採血する分にはいいけど、自分が採られるのはマジで嫌いですからね笑!

採血が嫌いな原因で多い「痛み」は減らす方法もあります!

採血困難な人も、その方法で失敗されるリスクは減らせるのでね。

参考にしてみて下さい!

ではまた!

スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】