子作りを考えてる男性は不妊検査の前にプライドを捨てましょう!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

私は「不妊治療のクリニック」で勤めていました。

 

男性不妊の検査をしに行く時って、けっこーなストレスだと思います!

普通に恥ずかしいし、男性ならではのプライドもあるしね。

 

でも出来れば早いうちに「恥やプライド」は捨て去るのをおすすめします!

 

スポンサーリンク

男性不妊の検査はストレスでしかない?!

検査はストレスでしかない!

初めて不妊治療のクリニックに行く時は、めちゃくちゃ不安だと思います!

 

精液検査を受けるのも抵抗感あるでしょうし、ストレス以外の何物でもないですよね笑

 

特に男性は性に対して敏感ですからね!

「サイズ」や「早漏か遅漏か」でさえめちゃくちゃ気にする生き物ですから笑

 

検査結果を知るのも恥ずかしいし怖いんだと思います!

 

私も検査は苦手だった!

私が不妊治療のクリニックに勤めていた時の話ですけど。

 

勤務初日に上司から「じゃあ、自分の精液とって精液検査の練習しようか!」って言われた時は・・・

もうめちゃくちゃ嫌で帰りたくなりましたから笑

 

私にとってはその時が初めての精液検査だったのでね。

いっくん
結果がどうなるのかもめちゃくちゃ不安でした!

そう考えると不妊治療のクリニックに行くハードルの高さはよく分かります!

 

スポンサーリンク

恥とプライドは捨てた方がいいです!

男性は不妊治療に非協力的?

ちなみに不妊治療の世界でよく言われる事があるんですけど・・・!

 

それは「男性は女性と違って、不妊治療の検査に否定的だ!」ってことです。

 

つまり「夫は非協力的だ!」って言われてるようなもんですよ。

ウザい話だとは思いますけど・・・笑

 

でも確かにそれだけの現状はあるのかなって思います。

 

男性はプライドが高い人が多い!

一昔前に比べれば、かなり変わってきたとは思いますけど・・・

それでもまだまだ、男性はプライドが高い人が多いのでね!

「何で俺が検査なんか受けなきゃいけないんだ!」

「俺じゃなくて妻に原因があるんじゃないの?」

これぐらい強い主張をする人もいますからね笑

性的なことって、男性の「アイデンティティー」に深く関わるし・・・

 

恥辱に感じる人が多いのも事実。

不妊治療のクリニックに行くハードルは、女性よりも高いみたいですね。

 

不妊治療のクリニックでは、カッコつけなくてOKです!

でもいいですかみなさん・・・!

どんなにカッコつけようと思っても、不妊治療の現場ではカッコつけられませんよ。

 

診察の時には、妻にも話せないようなことをスタッフには話す事になりますし。

自分の「性器や精液」といったところを、オープンにする環境なんですから笑

 

本人は恥と感じてるだけで、スタッフは何とも思ってません。

 

クリニックは男性不妊症なのかどうかを検査して、必要があれば治療するための場所なんだし。

検査を受けに行く時には恥やプライドは捨て去った方が良いですよ!

 

男性不妊治療について知りたい方へ!

ここからは元スタッフの立場で、男性不妊について書かれた本を紹介しますね。

これは男性不妊治療を考えてる人は必ず読んだ方がいいやつです!

著者の岡田先生は泌尿器科の医師で、男性不妊の権威です。

 

精子を作る機能や、精子の働きを向上させるために「しちゃダメなこと」「すべきこと」が書かれてます。

 

患者さんの中にはけっこー間違った情報を信じてる人も多いので・・・

これをしっかり読んで勉強すると良いですよ!

 

こちらは読みやすい新書タイプの本です。

 

男性不妊を取り巻く現状や、最新の治療まで満遍なく網羅してありますよ!

著者の石川先生は、関西で手広く活躍されてます。

 

いっくんのまとめ

今回は、男性不妊治療の検査を受ける時の「気の持ちよう」についてでした!

 

男性にとっては、不妊検査ってホントにイヤだと思います。

 

性的な事をあれこれ聞かれたり、自分の精液を調べられるのも不快ですしね。

でもみなさんは、検査を受けに行く時には何も気にしなくて大丈夫ですよ!

 

それでもプライドが邪魔して恥ずかしいって事であれば・・・

造精機能を高めるサプリメントに頼るのがおすすめですよ!

 

クリニックに行かずとも改善するように、しばらく試してみましょう。

それでも1年ぐらいしてダメだったら、その時は諦めてクリニックを受診しましょうね!

男性 妊活 サプリメント

男性不妊治療に必要な検査(精液検査など)について!【まとめ】

2017.04.30