【臨床検査技師】専門学校を卒業後「大学への学士編入」は大変?!

【ぜひ!シェアをお願いします!】

どうも!いっくんです!

私は臨床検査技師です。

臨床検査技師の専門学校を卒業した後に、大学へ編入しようとする人がいます!

友人でも1人いるんですけど、編入後の学生生活はけっこー独特でしたね笑

今回は、学士編入後の大学生活がどんな状態になるのか説明していきますね。

スポンサーリンク

専門学校を卒業してから大学へ編入した場合!

学位を取るために編入!

臨床検査技師の専門学校卒の人で、大学に編入する人はごく少数います

将来を見越して、大学を出といた方がいいって判断したんですね。

流れとしては、専門学校の3年生の時に希望する大学の「編入試験」を受けるんです。

そして見事受かれば、大学3年生からスタートします!

つまり専門に3年間通った上で、今度は大学を2年間通うことになります。

トータル5年間も学校に通うって考えるとけっこー大変です!

しかも最大のポイントは、もう「国家資格も取得した状態」なワケですよ。

どんな学生生活を送るのか?

大学3年生に編入した学生がどんな学生生活を送るか気になりますよね?

編入生って、通常は「臨床検査技師の国家資格」は取得済みなのでね。

つまり臨床検査に関する科目は受ける必要が無いんですよ!

じゃあ大学で何を勉強するかというと・・・

あとは「学位」を取るために必要な科目を履修していくだけです!

つまりは「基礎教養科目」って感じの「法学」「社会学」「語学」みたいにね。

みんなが大学1年生の時に取得する感じの科目を受けていきます。

もちろん、それぞれの学校ならではの「必修科目」を受ける必要はありますね。

実はけっこーヒマです

でもぶっちゃけると、学位取得に必要な単位数って少ないです!

4年生になったら研究室に所属したり、就活が始まるからいいとして・・・

編入生は3年生の時には暇を持て余します笑

分かり易く言えば・・・

どうにかすれば1年間にまとめられそうな内容を、2年間に分けてやるイメージですね。

システムとしては仕方ないけど、ちょっと効率が悪い感じは否めませんね。

やっぱり気まずいらしい

そして編入生は、ほとんどの授業を1年生と一緒に受ける感じなので。

スポンサーリンク

圧倒的に若くて元気な1年生の中に・・・

既に専門学校を卒業して資格も持ってる状態で、一緒に授業を受けるワケです!

なので気まずさは感じるみたいですね笑

まあでも、そこまで気にしないタイプで人だからこそ編入してるんでしょうけどね。

「ガラスのハート」の持ち主には、完全アウェイな環境はキツいかもしれませんね笑

学費がめっちゃかかる!

編入するとトータルで5年間学校に通う事になるので、学費はめっちゃかかりますね。

スポンサーリンク

専門も大学も、私立だと学費は「年間で130~170万ぐらい」ですからね。

今振り返って考えても、これってクソみたいに高いです笑

経済的には大変だと思います。

まあ奨学金を借りるっていう方法もありますけどね。

かつては私も借りていましたけど、あまりおすすめ出来ません・・・!

「就職と学士編入」で迷った方へ、私の意見!

大学編入は正解です!

これから就職しようか、大学に編入しようか迷っている方がいたら・・・

私は間違いなく大学に行くのをオススメします!

ハッキリ言えば、私は「専門学校」にはメリットを感じてないのでね。

「就職や昇進」には影響するし、将来性は全然違いますからね。

もし将来病院での仕事に飽きたとしても、大卒なら企業就職も可能ですしね!

医療系以外にも就職できるようになる!

一般企業だと、専門卒の場合は採用試験の土俵にすら立てないのでね。

学士編入すれば、医療に限らず色んなチャンスが広げられるってことです!

私の友人でも大卒で技師の資格は持ってるけど・・・

一回も病院で働かずに一般企業で勤めてる人がいますから!

なんせ、その方が病院就職よりも稼ぎがいいのでね笑

いっくんのまとめ

今回は、専門学校を卒業後に大学に編入する事についてお話ししました!

編入によって感じる大変さは色々とあると思いますけど。

「学士編入」にはそれだけの価値はちゃんとあるのでね!

もし専門卒業してから編入しようか迷っている人がいたら・・・

チャレンジするのをおすすめしますよ。

可能性を広げるためには、大卒の方が良いと思ってるのでね!

【まとめ】現役の技師が教える!臨床検査技師について知っておくべき事!
どうも!いっくんです! 私は臨床検査技師です。 今回は「臨床検査技師」について、色んな角度からまとめてみました! 臨床検査技師に少しでも興味のある方は、ぜひ読んでみてください。 特に「学生」や...
スポンサーリンク

【ぜひ!シェアをお願いします!】

【フォローする】